イブニクル

イブニクル プレイ日記23 明かされる出生の秘密

  
  

投稿日:2020年7月2日


 
 

『松たけこ』って、ランスクエストのCITY漫遊にも登場しなかったっけ?
なんかバーナードと取りに行ったような……違っただろうか。そのうち確かめようと一応メモ。
今すぐ確かめるほどの重要事項でもないしな……。記憶が正しかったとしてもバーナードだし……。
 
 
 
 
※アリスソフト作品のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

ジャバの策略

大物の盾

 

 
 

 
 

ハンプティの騎士団に手を出すわけにも行かず、万事休す……なその時、助けてくれたのはバーロ!
「なんとなく察して言ってみた」フォローだったらしいが、超ナイスタイミング。タイミングが良すぎて、何か企んでいるのでは……と疑心暗鬼さえ抱きたくなってしまう。半分は冗談だけどネ。
そしてついでにフェルトン皇子も容疑者を名乗り出る。アスタもミレーも驚くトンデモ行動だが、これで更に騎士団は強硬な手を打ち辛くなった。相手が一般人(※百騎士)ならともかく、エデン王国の零騎士&セントラル帝国の皇子ともなると、取り調べも無しに即処刑ってワケにはいかないだろう。

ジャバはアスタも逮捕したがっていたが、バーロ&フェルトンというビッグ2のインパクトに加え、ハッターさんが口を挟んでくれたことでこの場は有耶無耶にできた。
さしあたり拘束はされず、逃れることに成功したが……状況はただただ悪化している。

 
 
 
 

料理は愛

 

 
 

 
 

とりあえず休憩&相談のため、ハッター&エリモと共に食事する。
責任を感じたキャスリンは飲んで泣いてを繰り返していた。飲む前から凹んでたけど……泣き上戸無関係に、キャスリンは素で躁鬱が激しいきらいがあるよな。情緒不安定なツンデレ嫁、という新鮮なジャンル。

ああだこうだ話していた中で、エリモが「あのお手製の料理」について触れた。
かつてウフフオホホの毒に当たったクインベル王妃を救うため、ハッター国王が用意した『松たけこの汁物』……。話の流れからして、ハッターが体調を崩して国王の座を辞したのは、松たけこの調理が原因だったのかな? ハッター・クインベル夫婦にとって、色々な意味で思い出深い品なのは間違いない。
なるほど……暴君と化した妻を正気に戻すのは、愛の力!
思い出のあの品は、どんな御馳走や美食にも勝る! 愛は最高の調味料! そういうことだな!?

 
 
 
 

『松たけこ』を求めて

謎めいた双子姉妹

 

 
 

 
 

『松たけこ』入手のために向かったのは……なんと、アスタの故郷“魚鮮島”!!
ってことは、双子姉妹との再会! お嫁さんたちにとっては初対面! プレイヤー目線でもほぼ初対面!
アスタにとって原始の目標でありつつ、オープニング以来手紙くらいでしか登場しなかったキノウ&キョウが、ついに本編に正式登場か。こりゃ感慨深いや。

 
 
 
 

 
 

嫁枠を他の女の子に与えまくっているせいで、迎えに来るのが遅れていることを怒られるのでは……とちょっとだけ心配もしていたけど、そんな感じでもない。とりあえずホッ。
今までのお嫁さんたち同様に、他の嫁のこともおおらかに受け入れて仲良くしてくれそうだ。うんうん、嫁同士が仲良しなのはサイコーだね。

もっとも彼女たちを娶れるのは最低でももう一段階昇進した後になるだろう。
てっきり双子は『最後の嫁』枠として、九人目・十人目あたりを担うのかと思っていたけど……この雰囲気だと、今章末には結婚だろうか?

 
 
 
 

突然明らかになる記憶喪失設定

 

 
 

 
 

松たけこを調理している間に、「ある物」を取ってきてほしい……と頼まれ、魚鮮島にある聖母の遺跡へ向かう。
双子とアスタの過去について聞く中で、サラッとアスタの記憶喪失が発覚。初耳だったお嫁さんたちは当然驚く。そしてアスタの素性についての謎も更に深まっていく。
五年前より昔の記憶がない……。五年前といえば例の“アーサーの悲劇”が起きた時期でもある。
アスタがやけに無知なのは、五年前の記憶喪失に原因があるのだろうか? この世界にとっての一般常識であるアーサー関連や聖母イブ関連の知識がほぼゼロだったのは、田舎出身だとしてもちょっと異常ではあったもんな。双子が情報規制していた、という線も考えてはいたが……。

 
 
 
 

 
 

 
 

結納品と言われてドキドキワクワクしていたが……宝箱から出てきたのは、見覚えのあるシンプルな通信機。
え~。派手な見た目の装飾品とか伝説の武具とか期待していた身としてはちょっとガッカリ。グリグラ・ロシュフォール騒動でも見たことあるヤツだし、量産品っぽくて萎えるな。

でもまぁ、きっと何かしら意味のあるモノではあるはず。
気を取り直して姉妹の元に戻ると、結納品ではなく父親の遺品だったことが明かされた。
えー……。そんなシリアスな品だったのかよ。ガッカリしたとか萎えたとか言っちゃったの、申し訳なくなるじゃん……。

 
 
 
 

主人公と姉妹の正体

 

 
 

そしてここからが情報の嵐。
今までずっとずっと、「何かあるのでは」と思い続けていた。ぶっちゃけ人間ではないのだろうな~と思っていたアスタの正体だったが……個人的には、予想外。素直に驚いちゃった。マジかよ!?
正体を隠すために記憶を封印する必要があったのかと思いきや、オカンが殴ったせいでぶっ飛んだだけだったというオチはさすがに読めねぇ。

 
 
 
 

 
 

更に更に、姉ちゃんコンビの正体も……!
こっちはこっちで人間ではないだろうな~とは思っていたけど、そこまでの超大物とは思ってなかったぞ!?

あくまでも『ハンプティ編』としてのイチエピソード、双子の再登場&今後の布石程度のやりとりだろうと思っていたのに、重要情報や設定が出るわ出るわ。
もうジャバとかどうでもよくない……!?
世界の根幹に関わる重要事項まみれで、それどころじゃねぇよ!


 
 
次回>>「プレイ日記24 女王陛下の料理番


 
 
  
  

-イブニクル
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP