イブニクル

イブニクル プレイ日記29 息を吸うくらい自然に嫁を増やす

  
  

投稿日:2020年7月17日


 
 

五章クライマックス!
黒幕の内訳もチラホラ明らかになってきた。物語全体のクライマックスが近付いているのはまず間違いないだろう。
「どの子がお嫁さんになるのかな~ワクワク」って楽しんでいられる時間もあと少しだけか……。そもそも枠も残り少ないしな。ちょっと残念。

 
 
 
 
※アリスソフト作品のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

奇跡の力

復活の聖女

 

 
 

 
 

姉妹の愛の力(意味深)で無事に復活を成し遂げたクロア姫。
魂化していた影響で習得した『大浄化』が、バイオでハザードな危機を防ぐ。
CGが神々しいッ……!
見るからに力が入っている一枚絵。
CGの枚数といい“聖女”という立ち位置といい、サブヒロインにしておくには惜しすぎる逸材だよな。
ポジションや設定だけならメイン中のメインヒロインでもおかしくなくなくない?
この立派なパイ乙も近々人のものになるのか……。ロレンソさんといい、惜しいな……。

 
 
 
 

オフィーリアの最期

 

 
 

 
 

『大浄化』でも浄化しきれなかったオフィーリアには我々が直接手を下す。
最後には今までの蛇紋幹部と同様に異形の姿となり、愛の不足と寒さを訴えながら消えていった。
他の幹部連中とは違い、オフィーリアに関しては他者に狂わされた被害者に近かったので、なんだか最期までかわいそうな印象だったな……。
父への歪んだ想いを隠したがっていたのに、無理やり引き出して蛮行を強いるとかヒデー話だよ。
でも最終形態の分裂攻撃ラッシュは地味に痛かったしビックリしたよ。
意外と強ェじゃん……ヘヘッ……。

 
 
 
 

昇進即結婚

 

 
 

 
 

ゾンビ事件の解決などの多くの功績を認められ、なんと今回はイブ正教から直々に『聖騎士』の位を貰ってしまう。
サンキューノーシン! 見た目と名前はモブっぽいけど、ちゃんと仕事は出来るようだな(謎目線)。

しかも聖典イブニクルを使っての認定ってことで、なかなか大がかり。
すっかり立派になっちまったな、俺……。
嫁も九人娶れる地位だぜ。
ヒャッホー! あっとふったりっ!

 
 
 
 

 
 

 
 

……と思ったら、早々に一枠埋まってしまった。
まぁこれはしゃーねぇな……。そもそも“しお”入手の時点で、(お嫁さんにしようかなぁ)的な選択肢も出ていたし、その可能性は高いだろうとは思っていた。
しかし父親にバレてたのは恥ずかしすぎるな。トワにとっては致死性だろう。つまり彼女の命と名誉を守るために、今回の婚姻は必要不可欠ってことっすよ。

 
 
 
 

 
 

これで8枠目も埋まった……のみならず、9枠目までもッ!?
物語後半に至って、娶りペースが加速している。このまま行くとエンディングまでには15人くらい嫁が出来てそう。(※無理)
この速度には双子姉妹も「息を吸うくらい自然に嫁を増やす」と大興奮で大喜び。そこに痺れて憧れるのか。

いや~結構意外な展開。まさか九人目がエリモとは!
フラグや可能性が無いわけではなかったけど、四章でそういう関係に至れなかった以上、やっぱり無かったのかな~と納得しかけていた。ティオショック再びって感じだ。

 
 
 
 

 
 

でもエリモが家族に加わること自体は大賛成。そもそも前から期待はしていた!
四章ラスト、飲み友達の多くが家族の元に戻った中、「俺は一人に慣れてるから」と笑っていたエリモの姿は正直寂しかったし……そんな彼女にとっての帰る場所、出迎える家族になれたってのはとても嬉しい。
グリグラといいエリモといい、“孤独”や“寂しさ”をチラつかせる嫁が多くて困るぜ。
だからそういうのには弱いっつってんだろ!
プレイヤーの弱味を狙って突きまくる、酷いゲームだよコレは。

……ハッ。
カラーと違ってポピンズが『聖母の加護』対象内だったのは、エリモを嫁として娶るためだったのか……!?
今になって気付く壮大な伏線。こりゃ一本取られちまったな。

 
 
 
 

五章エピローグ

 

 
 

 
 

前章といい今章といい、最近複数嫁との××が多いな……。
嫁が多いとこういうことが起きやすいのかもしれない。勉強になるなァ(?)。

空いた枠も一気に埋まり、早くも嫁枠の余裕が皆無になってしまった。
残る出世はあと一回、零騎士になった頃に嫁10人だったっけ?
あと一人だと思うと辛いなぁ。まだまだ嫁にしたい子は居るんだけどな。
零騎士を超える騎士、空騎士とかそういうのは無いか? 嫁∞人の解禁希望。

 
 
 
 

 
 

これで五章も完結。色々あったし被害も少なくはなかったけど、一応はハッピーエンドといっていい。
だが最後に出てきたこの人物の言動は……。

えっ、転移魔法ってマジで眷属専用のアレだったの?
てっきり似たようなシステムの魔法とか魔方陣とか、そういうのでなんとかしているのかと思っていた。
だとすると……えっ、マジで? そっちはそっちで、予想以上の大物が絡んでるってことか?
謎がひとつ解けたはずなのに、『?』はより増えてしまった。
本作のストーリーは良い意味でも悪い意味でもわかりやすい展開が特徴だと思うのだけど、たまにマジで躱されることもあるのがニクい。
読めない時は本当に読めないんだよな……。まぁ私が推理力ゼロな読者ってのは否定できない。

 
 
 
 

新章開幕

初回ボーナスの皿が毎度の楽しみ

 

 
 

そしてついに六章スタート。
物語を進めるよりまず先に嫁ッ! 嫁イベントを見るのが、章初めの楽しみとして定番になりつつある。
今回はちょっと前に嫁が二人増えたこともあって、量が更に多い。
ラミアスの分を消化しきってしまったのを惜しく思っていたけど、ここまで人数も増えてくると少しずつ卒業してもらわないことには読み切れないのかもしれないな。

枠の数を見るに、エリモとトワもティオたちと同じく三回分のイベントが用意されている模様。
やっぱりキノウ&キョウだけコンビで一枠なのはちょっと残念だ……。

 
 
 
 

 
 

 
 

まずは『トワの皿』をゲット。その後、ちょこちょこ世界をウロついている間にゲージが貯まったので『エリモの皿』も手に入れた。
ダメージ軽減&BPランダム回復か……。どっちも良いなぁ。便利だな~。
でも攻撃力アップに繋がる『ティオの皿』と交換するかとなると悩ましい。
アスタのアクセサリー枠も増えてほしい……。二つと言わず、三つか四つくらいアクセ枠が欲しい。
主人公なら、騎士なら、嫁を多く持つ身なら、それくらいやってみせんかい。


 
 
次回>>「プレイ日記30 嫁入りの儀式


 
 
  
  

-イブニクル
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP