ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記112 秘密兵器の最終進化

  
  

投稿日:2020年8月17日


 
 

キャラクリ不可能(加入不可能)なことが確定したお町さんだが、『目薬禁止』イベントを狙う以上、挑まざるをえない。
得るものも無く、リスクだけが高く、正直怖くて仕方が無かったが……結果的にはまさかのラッキーで、他のどの妖怪娘よりも簡単に事を済ませることができた。
勝因は『運』ですね。それしかないっす。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

織田家内のゴタゴタ

ノワール勧誘

 

 
 

新しい捕獲要員(足軽)も手に入ったし、妖怪娘三人の捕獲も無事に終えたし……。
そろそろこの方にもご退場いただこうと思う。

ぶっちゃけノワール分の枠が空いてないので!
今までクソお世話になりました!
また来世でお会いしましょう!!

 
 
 
 

 
 

そろそろ解雇できそうな人材も少なくなってきた。
誰かを新たに加入させるためには、そろそろ許可証要員だったモブ武将を首切りせねばならなくなってくる……。それはそれで悩ましい。

ともあれ、ノワール分は無事に確保できたので勧誘成功。
このタイミングでまたも新しい“武士”が増えてしまった……。武士多すぎだってば!

でもノワールは野菊同様に『険悪』スタートなので、できるだけ戦場に出して好感度を稼ぎたい。
ノワールは性格的に、いかにもな険悪勢。
こういう女の心を溶かすのが楽しいんすよ。

 
 
 
 

傾国の慢心?

 

 
 

ランスがまたまた傾国に騙されて一服盛られた直後……。
部屋を出ていった傾国と、通りがかりの五十六が偶然出会った。
必要もないのに、わざわざ『ランスとの関係』をアピールして煽ってくる傾国は嫌な奴だ。
純で真面目な五十六がわかりやすく反応するのが面白いのかもしれない。
その気持ちはちょっとわからないでもない。

 
 
 
 

 
 

 
 

先日は誤魔化され、結局何を言い返すこともできなかった五十六だが、今回は改めて傾国を問い質そうとする。
だが、織田とランスを想う五十六の気持ちが傾国の心を動かすはずもなく、それどころか「綺麗事ばかり」と嘲笑われてしまった。

このあたり、傾国はどこまで本気なんだろう。本気で五十六の『純粋な想い』を理解できていないのだろうか?
それとも『そういうものもある』と認めた上で、その美しさが気に食わないからこそ苛めているのか……。
傾国と五十六いびりってどこかドロドロとしているというか、変な生々しさがあるような気がする。
少女漫画みたい……というより、昼ドラっぽい? 見たことねぇけども。

 
 
 
 

 
 

 
 

今回もまた、五十六は傾国に言いたい放題言われるだけで、大した反撃はできなかった。
それを傾国は更に嘲笑っていたけど……後になって思えば、五十六のこういった『不器用さ』や『女の戦いに不慣れな真面目さ』が、彼女の立場を守ったような気もする。
傾国に一方的にいじめられるだけで、舐められていたからこそ大した障害と見なされていなかった……とか? 脅したり苛めたりするだけで、直接的な排除行為には最後まで及ばなかったあたりもそんなイメージ。

だが、傾国も五十六も気付いていない場所で、有能くのいちはニンニンと調査を進めていた。
格好いいぜ! 憧れるぜ! 俺も大人になったらくのいちになりたいぜ!

 
 
 
 

バイバイ、ミッチー

 

 
 

そんな最中……ついに「あの男」の花道が訪れた。
愛という名の呪いの力で、ジリジリとパラメータが上がり続けていた「あの男」!
戦術系の引継ぎがなされるのか不安だったのでそのあたりには結局手を付けなかったが、ともかく今回・記念すべき70ターン目!
ついに奴は進化を遂げる!

 
 
 
 

 
 

 
 

ガラシャッ!!
出撃ッッ!!!
 
 
我が家の最終兵器として蝶よ花よと育てられていた明智光秀
ランスからのイジメを経て、ついに彼はその座を娘のガラシャへと譲り渡した。
全パラMAX! 険悪スタート! 各種スキル未育成!
最強(になるはず)軍師、ここに誕生だ!!

セーブ&ロードで確認したところ、光秀→ガラシャ引継時は『育てたスキルもそのまま引き継ぎ』される仕様だったことがわかった。
やっぱりそうだったか。そうだろな~とは思っていたが、ちょっとだけ不安だったので今まで渋り続けていた。

憂いも断てたし、次周以降からは心おきなく最初からスキル育成も出来る……と言いたいところだが、もう最強光秀チャレンジをすることはないだろう。
もう やらない。

 
 
 
 

 
 

何が厄介かって、『最強』状態に育成するのがクソミソに面倒くせぇ!!
『ランスの愛』装備させても70ターン近くかかるんだぞ!?
3ターンに一度くらい光秀との会話に行動を割かれるし、時間もかかるし貴重なアイテム(ランスの愛)も離さないし、かかるコストがデカすぎる。
『すごく優秀な軍師が完成する』ってリターンはそりゃ嬉しいけど、コストに見合うとは到底言い難い……。

半モブに近い光秀を育て続けることに、変な面白さを感じたのは事実だけど、「もう一度やりたい!」と思えるようなものではなかったなという結論。
いつか織田家武将縛りプレイに挑戦する際には再育成するかもしれないが、とりあえず次周の光秀は解雇要員筆頭にまた戻ることだろう。

あと、ガラシャに変身しても『ランスの愛』は離してくれないんだな……。解除されるかなと密かに期待していたが、そんなに甘い話はなかった。
システム的には「離脱&加入」ではなく「変身」として処理されているんだろう。
あの~、できればソレ離していただいて、ノワールあたりに持たせたいんですけど……。

 
 
 
 

VSお町

動く前に即潰せ

 

 
 

ヒッ……!  
 
で、出た!
お町さんだ……!

ガラシャ加入も終わったことだし、その力を見てみるために軽~く“エゾ”に攻め込んでみたら……ついにこの女性が現れてしまった。
こ、これはさすがに、『ガラシャ試運転』とか遊んでる場合じゃないな。
ガチの面子を揃えて迎撃しなければ……!

 
 
 
 

 
 

用意したのはほぼいつもの一軍勢。
兵力にあまり自信はないが……軍師も用意したし、パラ的には我が家でもかなり良い面子だ。
ともかくお町が動く前に削れ! 多少の犠牲は覚悟して潰せ潰せーッ!

今回幸運なのが、お町が前衛配置な点と、彼女を守る足軽が同列に不在な点。
だからこそ挑戦を選んだ、とも言う。後衛とか足軽隣接だったらケツまくって逃げてたよ。
かなりのラッキー配置。一気に攻撃して削り切れば、可能性はある……!

 
 
 
 

 
 

 
 

ひぃっ、来るッ……!
……と竦みあがったが、なんとお町が開幕使ったのは『防御式神』
隣接する妖怪を守る『防御式神』を貼っただけで、お町は最初の行動を消費してしまった。

き……来た!
チャンスだ!!
責めろ責めろ潰せ潰せーーーーーッ!!!
この幸運を逃すなーーーーーーーーーッッッ!!!

 
 
 
 

お町さんは仲間想いだなぁ

 

 
 

 
 

お町は『大雷撃』の準備に入ったようだが……ここまで削れてしまえば、あとは間に合う!
結果的に足軽壊滅、前衛の兵力も全滅寸前まで追い詰められたり、敵後衛の式神を喰らったりと被害は少なくなかったが……お町の部隊を壊滅することに成功した。
やった……やったぞ……!

 
 
 
 

 
 

イベントが発生しなかったらどうしよう……と内心ビクビクしていたが、戦闘終了後に無事に『殺傷石』化。
傷付いたお町は石になったが、妖怪なのでそのうち再生する。「政宗様にお会いする機会があった時にお返ししよう」と3Gは語り、保管してくれることになった。

ああよかった……。何がよかったって、一発成功したことが超よかった。
もう二度と挑戦したくなかったもんよ……。どう考えても、今回は運が良すぎた。
お町と戦うくらいなら、目薬アリで政宗と戦った方がマシなんじゃないか?
心臓に悪すぎるって。


 
 
次回>>「プレイ日記113 風雲、妖怪城決戦!


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP