イブニクル2

イブニクル2 プレイ日記07 アレクさんちの嫁ドラゴン

  
  

投稿日:2020年9月10日


 
 

嫁の人数について、前作ではハッキリ『10人』という限度が明言されていたけど、今作では今のところ限界の数は提示されていない……よなぁ?
戦闘に参加する面子は大体わかっているけど、非戦闘参加な嫁は何人までオッケーなんだろう。
さすがに20人30人も居ても扱いが難しいような気もするし、嫁イベントを作るのだって大変そうだ。
 
 
 
 
※イブニクル(1)とランスシリーズのネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

カラーの森へ

謎の少女プラチナ

 

 
 

 
 

ヤナたちに狙われていた少女の一時保護に成功。
見るからに野性的な雰囲気な上、出会ってすぐには喋れなかったので、初期スーやキバ子のような娘を想像していたが……原因は【無口病】にあったらしく、治療さえすればわりと普通に会話ができるタイプだった。
それでも若干たどたどしいあたり、やはり彼女たち同様に『喋る』機会が少なかったのかな?

そういえば、ユラギやカノが一瞬見かけた際にもフツーっぽい喋り方をしていたっけ。
あの時といい今回といい、不思議なパワーや設定を背負っていそうに見えるけど、現時点ではすべてが明らかになるってほどではなかった。

 
 
 
 

 
 

謎多き少女プラチナは主人公たちに感謝を捧げ、あっという間に森へと戻っていってしまった。
引き続きヤナたちに狙われているだろうし、そのまま放っていくわけにはいかない。
イシュタムの情報を捜すという目的もあるし、次の目的地は予定通り“カラーの森”だ!
前作みたくサービスシーン満載だったりしないかな。ワクワク。

 
 
 
 

チャラ男との出会い

 

 
 

森に入るための許可を得ようと思っていたはずが、なんやかんやで妙な『チャラ男』と知り合い、一時行動を共にすることになった。
プラチナに続いての金髪キャラだ。ああ、ヤナも一応金髪か?

髪の色はさておき、この男は服装の露出がやけに多い。
男の露出が無駄に多くても正直嬉しくはないのだが……外見年齢も主人公と同年代っぽいし、見た目だけならそれこそ新作主人公と言われても不思議ではない『正統派少年』っぽい雰囲気がある。
正体不明な点は明らかに怪しいが、趣味も合うようだし、なんとなく悪い奴じゃなさそうな気がするなぁ。

 
 
 
 

 
 

な~んて思っていたら、予想外の正体が早々に発覚。
噂の無能な国王かよ……!?
金髪は高貴さの証だったってことか!
確かに金髪碧眼ってのは王族っぽい要素だ。ただしそれ以外に王族要素は感じられなかったが。

初見では女好きのチャラ男という印象しかなかったが、実は出来るヤツ……なんてわけでもなく、「クズ」だの「ゴミ」だの散々言われている脳無しらしい。
さすがに扱いが酷すぎない? 腐っても国のトップでしょ?

そういえばこの世界では、『国家』はひとつしかないのかな。
前作ではエデンやセントラルなど世界には複数の国が存在したけど、本作では今のところ公爵とその領地が語られるだけで『他国』についての言及はなかったような……あったかもしれないけど憶えてないだけのような。適当。

 
 
 
 

国王周辺はなんとなく怪しい

 

 
 

ともかくチャラ男ことジョンは、間違いなくこの国の王。
伝説の人物の血筋というだけで本人の能力はさほどでもないようだが、ボロクソ言われつつも王は王なので確かな地位にあるらしい。

ついでにジョンは、先祖である『聖騎士』についてなども少しだけ教えてくれた。
聖騎士というと前作では零騎士のひとつ前の位という設定だったけど、本作では全くの別者らしい。特定の伝説中の人物を指しているようだ。

それにしても……「世界の理を変えよう」か。聖騎士と大聖女とやらが成そうとした事は、ベクトルは違えど前作のフェルトンとも重なる。
この世界は既に、聖母の儀式で「世界の法則が変えられた後」なのだろうか?

 
 
 
 

 
 

その後、国王の警護を務めていた国王軍将軍ピュロスも紹介された。
なかなか怪しい雰囲気の人物だ……。タイトル画面にいた性別不詳の鎧人物は、この男だな。
厳つい外見は悪役っぽいが、さすがにまだ断言するのは早いか。

そういえば肝心のジョン本人はタイトル画面には描かれていなかったような気がする。
国王というだけで、ストーリー的にはそこまで重要人物ではないのだろうか?
キャラデザインの担当者とか方向性とかは、いかにもメイン枠っぽいのだが……。

 
 
 
 

森の探索

VSヒートでヒーヒー言う

 

 
 

 
 

ジョンたちと別れた後も、男の新キャラは更に続く。
ヤナの護衛をしていた無口な男……と思いきや意外とよく喋る謎の男ヒートと戦闘開始。
コイツ、結構つえぇ!
設定的にも強いらしいが、戦闘的にもわりと歯ごたえがある。

というか……ゲーム開始から今まで、中ボス以上相手だと毎回それなりに苦労している気がする。
苦労してない方が珍しい。
レベルが足りていないのかな……。

 
 
 
 

 
 

森は意外と広く、一度では探索しきれない。
イベントを進めつつ街と森とを行ったり来たりしていたら、主人公のレベルが15に到達。
マキナの初サービスが解放された。やったぜ!
“カラーの森”では期待していたようなドキドキイベントの気配がまるでなく、どんどん出てくる新野郎相手にヒーヒー言いつつ戦ってばかりで心が荒んでいたけど、ちょっとだけ癒やされた。潤う~。

 
 
 
 

病気になったボニー

 

 
 

 
 

ヒートともなんとなく和解できたしプラチナも保護できた。
その一方で、前から話題になっていた【カラーも患う緑化病】にボニーが感染発覚したりと、新たな問題も増えてしまった。

ただ、チョロチョロと鬱陶しかったヤナが捕まったっぽいのは安心かな。
最後にもうひと暴れしそうなフラグは立ててたけども。

 
 
 
 

頼りになるお嫁さん

 

 
 

ここでプラチナも仲間入り&嫁入り決定。
そして着替えも完了だ!
タイトル画面やオープニングでよく見ていた服装だぞ!
雪国の少女みたいな雰囲気で超可愛いじゃん!
気候的には暑そうだが。

野生児状態のプラチナは少年に見間違えそうな中性的な雰囲気があったけど、こんな格好をすると一気に女の子らしくなる。
髪も結構短い様子だったが、無理やり気味にツインテールにしたんだな。長さが足りずツンツンしちゃってるあたりも可愛らしい。

 
 
 
 

 
 

更に彼女の素性も改めて判明。やはりドラゴン関係者だったか。
しかもドラゴンハーフって、前作主人公レベルじゃん! スゲェ!

壮大な主人公属性っぽいものを、何番目かのヒロインが所持しているってのも新鮮な感覚だ。
アレクが前衛ではなく後衛な点なあたりとか、前作とはあえて職種や加入の順番を変えて捻っている感じが興味深い。勇者じゃないタイプの主人公もたまには良いよね。

次作あたりでは最初の嫁なメインヒロインがドラゴン属性ってのもあるかもしれないなぁ。
ひょんなことから出会った少女が実は伝説の存在とかベタに熱いやつ。
……定番すぎて、逆に無いか?

 
 
 
 

 
 

 
 

何より嬉しいのは……ドラゴン眷属ってことは、『転移魔法』を使えるって点だ!
全員プラチナ様を崇めよ!!

更にロナが水着姿ではなく通常立ち絵で初登場。
CGの時より更にちびっこいロリに見える。だが好きだ。
プラチナに続いて、嫁に来てくれてもいいんだぞ!


 
 
次回>>「プレイ日記08 念願の帰郷


 
 
  
  

-イブニクル2
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP