FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント サーヴァント・サマーキャンプ! プレイ日記15 今を生きるモノたち

  
  

投稿日:2020年9月13日


 
 

男性霊衣の眼鏡率の異常な高さに、「これは……何かあるに違いない……!」と思っていたのに、全然何もなかった。
……振り返ってみると、一昨年から恒例になった『夏の男性霊衣』で、女性陣同様に水着を着ているほうが少ないんだな?
通年使うことを考えると、ガチャ産女子とは異なってバリエーションを増やせない男性霊衣は『夏を楽しむ私服』くらいが丁度良いのかもしれない。そうなってくると、“いつもとちょっと違う部分”として眼鏡が推されやすいのかも……?
 
 
 
 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

徐福、その愛

二千二百年の重み

 

 
 

 
 

虞美人自身に否定されても、もはや徐福は簡単には止まらない。予想以上の念の強さを前に全員で撤退を図った結果、殿という名の囮を申し出た蘭陵王だけが徐福に捕まる形になってしまった。
よりによって蘭陵王が捕まってしまうとは……。
虞美人への想いを拗らせている徐福からすれば、蘭陵王は何よりも気に食わない存在だろう。
「死ぬより過酷な目に」とか言っていたし、心配だな。連想したのはHFでセイバーに剣を下ろせなかったルートの遠坂の顛末。姉さん×女だったんですね……。ヒエーッ

 
 
 
 

徐福の甘さ

 

 
 

 
 

そんな愛情拗らせ系女子・徐福だが、蘭陵王に言われるままにマシュを解放したのは予想外。
どうやら【主人公】としてマシュと過ごした時間は、彼女にとっても思っていた以上に楽しいひとときだったようだ。うっかり永遠を欲しちゃうくらい。

……このあたり、やっぱり徐福は心の底からまで腐っているわけではなさそうだなぁとも思う。
巧く噛み合わず戦闘不可避な空気になってしまったけど、徐福を冷静にする舞台さえ整えることができたなら、十分会話は可能な相手に思える。
本当に歪み狂ってしまった人物なら、最後までマシュは虞美人を釣るためのエサにし続けていただろう。
しかも嫌っている蘭陵王に頼まれて解放なんて、普通ならば有り得ない。

 
 
 
 

 
 

 
 

マシュにうっかり友情を感じかけてしまったり、頼まれたことはちゃんとやろうとしたり、根の良い子っぽさが隠しきれない。
非道な実験のようでいて、材料は人形や仮面に限って人間には手を出さなかったあたりも、『消費量が多すぎて露見の危険性がある』という理由もあるけど、そもそもの徐福の趣味嗜好のような気もするし……。

ホラーだのスリラーだの、この特異点は恐怖と死で形作られていたけど、きっかけとなった人物は“愛が重めで努力家な少女”でしかなかったのかもしれないな。
虞美人が徐福を強く叱りつけないあたりも、彼女の想いと不器用さに気付いているからこそかもなのかも。先輩はたぶん、純粋に慕ってくる相手にはなんだかんだでちょっと甘い。

 
 
 
 

僕たち私たちの素敵な先輩

作戦会議、再挑戦

 

 
 

 
 

一度退いたことで、改めて作戦を練り直す時間を持てた。
徐福の造り上げた『不死殺しの仮面』はサーヴァントをも殺しかねない想像以上に危険な代物だったが、ネタさえわかってしまえばある程度の対処はできるはず。
それにしても難易度とリスクは高いが……虞美人が自ら決着をつけると買って出た。先輩が頑張ると言うのなら、我々は最後まで全力でサポートするのみ!
改めて、いざ決戦だ。

 
 
 
 

従者の本音でまさかの被弾

 

 
 

 
 

今頃蘭陵王はR18(G)な目にあっているのかな……と思いきや、洗脳されて敵側として早くも再登場。
闇に堕ち暗黒に失墜した男。暗闇を疾走するワイルド&スラッシュ。
ぐっ様を追いつめる恐怖……その名もダーク・ランだ!!

このあたりのセンス、徐福由来?
なんともコメントしづらい感覚を隠し持っているんだなぁ。
ジャンヌオルタと嗜好だけなら気が合いそう。性格は合わなそう。

 
 
 
 

 
 

 
 

敵対した結果虞美人に対する“遠慮”がなくなり、愚痴りまくりからの褒め殺しに華麗に移行しっていたのはワロタ。
その後の逆切れ虞美人の超バフっぷりには更にワロタ。
クラス相性さえも吹き飛ばすエグさ。パイセンキレすぎ。

 
 
 
 

爆 散 融 合

 

 
 

 
 

更にお互い、最後の手段。
パイセンが散々死にながら、爆散したいと言いつつも実際に爆死はしていなかったのは……この時のため!
伏線回収!
やっぱりパイセンといえば爆破よね!
爆発オチなんてサイテー!!

 
 
 
 

 
 

 
 

徐福の選んだ手段が大きく間違っていたわけではない。
ただ彼女は、虞美人を敬い憧れすぎるがゆえに、虞美人の駄目な部分にまで完全に気を配ることができなかった。
虞美人が想像以上にオモシロ女だということに気付いていなかった!
それが貴様の敗因だ……!!


……ここまでくると、ちょっと徐福に同情もするよ!
こんなオチ、虞美人じゃなかったら許されないんだからね!

 
 
 
 

天真爛漫で奔放で、綺麗で儚くて

 

 
 

 
 

決着の仕方はトンチキだったが、全て終えた後の徐福の問いかけとそれに応える虞美人のやりとりは、『死ねない存在』についての一つの決着点としてとても綺麗なものだった。
いつかは呪うかもしれないし、後悔する日が来ないなんて言えない。きっとそんな風に感じる時は来るのだろう。
それを受け入れた上で、『現在の私』として選び取り、そんな選択に自信をもって笑顔で語る虞美人はとても美しくて格好良かった。

そんな姿を見せられたら、徐福だって受け入れざるを得ないだろう。
結局望みは叶わず、薄ら寂しい消滅だけが待っていても、徐福は満足そうに見えた。
虞美人が最期に言ってくれた「おいき、徐福」の一言は、彼女にとって一番の救いで幸せだったんだろうな。

 
 
 
 

 
 

不老不死&不死殺しというどうあっても重たいテーマを扱いながら、こんなに爽やかな結末に至れるとは……。
第二部第三章で虞美人の正体を知った時には、こんな日が来るとは想像もしていなかったな。
シナリオも虞美人自身の考え方も、想像を大きく上回った。虞美人は面白可愛い先輩だけど、それ以上に格好良くて美しくて頼りになる素敵な人なんだなぁと再確認できるイベントだったと改めて噛み締める。
次回、サーヴァント・サマーキャンプ感想、最終回!


 
 
次回>>「プレイ日記16(完) 不死なる蝶の一時の休息


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP