ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記139 久しぶりの仲直り

  
  

投稿日:2020年11月14日


 
 

従属国が意外と増えてきた今周。
……そもそも従属国のメリット・デメリットって何なんだっけ?
『敵が攻めてこないので防波堤になる』くらいはわかっているけど、難易度や敵兵力上昇にどれくらい関わってくるのかetc、おそらく把握しきれていない。

ぶっちゃけ国力もカウント外かと思ってたら増えてたから驚いたof浅井朝倉家降伏時。
そんなレベルの無知プレイヤーでも楽しく遊べちゃうんだからオールオーケ。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

本能寺後日談

タクガを片っ端から勧誘

 

 
 

 
 

43ターン目の行動を強制本能寺で丸潰れにされた我々……。
何もさせてもらえないのはガッカリだが、捕虜を勧誘する程度の時間ならば残されている。
全員未行動で終わったのを良いことに、ここぞとばかりに『捕虜勧誘』に人員を投じまくってしまうことにしよう。
狙いはもちろん、旧タクガ勢!

 
 
 
 

 
 

 
 

タクガ勢勧誘には龍馬加入が必須なため、一人目の勧誘対象はまず龍馬。
続いて優秀な足軽であるゴンも勧誘した。

敵対時のタクガ兵力はガッチガチに重かったので、勧誘時の初期兵力にも多少イロを付けてくれないかな~ゲヘヘなんて期待していたが……龍馬の初期兵力は392。先日捕獲した徳川たぬき忍者より少ねぇ。
そしてゴンに至っては初期兵力385だった。
その数値で足軽は無理でしょ。ふざけんな!

 
 
 
 

 
 

 
 

勧誘要員にまだ余裕があったので、更に川之江姉弟まで誘いきってしまう。
蘭RTの際に龍馬・ゴン・譲までは部下に加えたけど、うっかりミスで美禰だけは呼び損ねていたので、これでようやく念願の旧タクガ勢揃いを実現させることができた。

一気に四人追加で、えーと……これで武将人数は28人くらい?
解雇候補者のモブも数人所属してるので、まだ限界に達したってほどではないが、そろそろ『今周回の面子』は固まってきた感じだ。

 
 
 
 

合戦得点

 

 
 

 
 

ターンは終了し、敵フェイズ。
適当な防衛戦に謙信を加えて勝利したら、合戦終了後に帝レース得点に関するミニイベントが発生した。
合戦勝利は1点か。
うーん、ハナクソのような追加得点。でも塵も積もれば山となる、か。

合戦敗北でも点数は貰えるとも聞くが、タイミングが悩ましい。不死身稲荷を戦姫から借りた方が良いだろうし。
そのうち良い機会でもあれば、挑戦してみようかな。

 
 
 
 

天志教と仲直り

 

 
 

 
 

正史や蘭RTとは異なり、出番が一ミリも存在しないまま本能寺が終わってしまった天志教。
ダッセ~! ギャハハ!!

『信長は魔人に乗っ取られている』ことが判明した今、無理に天志教と争いを続ける理由もない。
3Gに促されて和議するか否かの選択肢が出るものの、もちろんここで拒否することもまだ可能だった。

……が、今回は『和議をする』をチョイス!
鬱陶しい天志教を今まで見逃していたのも、和議ルートに進むため。
最近は開戦後即制圧みたいなパターンが続いていたので、この選択肢自体が超久々だな……。
振り返ってみたところ、「プレイ日記022 本能寺の変」以来の和議だった。
プレイ日記100回分以上和議してない。仲悪すぎ~。

 
 
 
 

 
 

思い返せば、性眼や言裏を仲間に加えたのも正史ルートだけだった。しかもあの時はキャラクリできなかった覚えがある。
今回こそは二人加入&あわよくばキャラクリまで狙ってみよう。

……けど、彼らって何時頃加入するんだっけ? 和議ってしばらく放っておけばいいのか?
イベント選択ではなく、冒頭枠発生だったような気もする……が、あまり自信はない。
とりあえず武将枠だけは空けて、しばらく待っておくか。

 
 
 
 

さーて、今周の魔王様は?

 

 
 

そういえば天志教に所属していた今回の魔王コンビ。
……って、滅びてねぇよ!!
天志教、健在だっつーの!!!!

和議ったせいで会話が微妙に噛み合っておらず、勝手に「滅びた」扱いされてて大草原。
無自覚な毒が効くぜ効くぜ。
もはや美樹ちゃん本人さえ巻き込まれ事故。

 
 
 
 

 
 

こんな感じで去っていったってことは……魔王カップルの出番、これにて終了?
謙信ルートでは健太郎くんの加入も無ければ、メインシナリオに彼らが大きく関わってくることもないのか?

織田家にも魔人にも全く関わることなく終わったな~。毎回なんだかんだでちょっとは出番があるかと思っていたけど、そうでもないんだな。
本能寺でワチャワチャしていた蘭RTの方が、まだ出番の総量としては多かったような気もする。
……さすがにもう、再登場の機会は無い、よなぁ?

 
 
 
 

本格的にルート開始

信長についての懸念

 

 
 

 
 

ターン開けて、冒頭から織田家シナリオ。行方不明になった当主信長に代わり、香姫がトップに立つ流れ自体はお馴染みのものだ。
だが、ここで香姫はあくまでも、「兄が戻ってくるまで…頑張ります」と宣言した。
覚悟の決まっている他ルートとはちょっと違う雰囲気に見える。

……本能寺の変では凌×の悲劇には至らず、兄が自分を守り切ってくれたのを目の当たりにしたのが、香姫目線では大きいのかもしれない。
希望を持つのが悪いとは言えないけど、ランスもカオスもあまり楽観視はできないまま、かといって大声でツッコめるわけでもなく、ヒソヒソと話していた。
揃って香姫を気遣ってんじゃん。ウケる。

 
 
 
 

 
 

香姫が退室したあと、謙信や愛も交えて再び相談。
香姫の前ではハッキリと口にはしなかったが、ここではカオスも「無理かなぁ」と語り、ランスと揃ってやや諦めモード……というより受け入れモードだった。
魔人に乗っ取られた後に元の人格に戻るパターンなんて、ほぼ無いもんなぁ。
少なくとも戦国ランスの時点だと前例皆無?

魔人から人間に戻るという点では、将来的には健太郎くんとか第二部以降のリズナとか居るけど、あっちはあっちで超特殊環境なのであまり参考にはならない気がする。
……ってか彼らは他人格に乗っ取られたわけでもないし、そもそも別件扱いか。
えーと、人格上書き系で元に戻るパターンって……あったっけ?
『ニミッツ→レキシントン』ワンチャンとか、あとは『アベルト→ジーク』の可能性があるかもとか……あのあたりもそれぞれ特殊過ぎるか?

 
 
 
 

龍馬に相談

 

 
 

 
 

ともかく44ターン目開始。
既にシナリオは謙信ルートに突入し、帝レースは始まっている。

やりたいことは色々あるけど……とりあえず、『龍馬に元就の事を聞いてみる』ことにしよう。
元就の呪いを解いてしまえば、さしあたり対毛利の戦いが少しは楽になるはずだ。
いつまでも毛利相手に防衛しているのもキツいし、呪いを解いてそろそろ最終決戦に挑んでみるのも悪くない。

……そういえば、大決戦の招待状イベントは無視しっぱなしだったな。
まぁいいか!
呪い解くのに必須じゃないっぽいし!


 
 
次回>>「プレイ日記140 漢勝家、夢叶いし時


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP