ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記10 2週目開始! ヘルマンと自由都市優先で進めてみよう

  
  

投稿日:2018年3月4日





エンディング3種類を回収したので、そろそろ2周目を始めさせていただく!
もう我慢ならんのだ!!

予定通り、今回はヘルマンを優先させるプレイで進めていく。次点が自由都市だ。
ゼスの魔人2体討伐も目指すか悩んだが、さすがに2周目ではまだまだキツそうなのでやめておくつもり。
3周目で挑戦するつもりでいる。あとはシャングリラやホーネット救出も3周目の目標に……なんて考えてはいるけれど、欲張りすぎかな?


 
 
 
 
 
 
 




CP+3の使い道は、悩んだ末に上記の形で行くことにした。
次は経験値増加がほしいな。宝箱なんでもありは何周目から解禁しようかな。
こうやって色々悩みながらワクワクしている時間も楽しい。


しばらくプレイした感想としては、

「☆+5」×2ボーナスがあれば序盤~中盤は全く苦戦しないので楽。
「部隊ランク+1」「勲章ボーナス:全滅追撃」を序盤から付けることでキャラ集めが非常にはかどるのが便利。


といった感じで、どちらも序盤を楽に進めるために使いやすかった。
難易度の高いエンディングを目指す場合は「経験値増加」などのほうが後々に効いてくるだろうが、
CP・イベント回収を主目的とした周回では「☆+5」「部隊ランク+1」は攻略には便利だと思う。











1周目に通ったストーリーや共通部分は基本的にスルーしていく……つもりだったが、プロローグ最後のレア宝箱が予想外のラインナップで思わずスクショしてしまった。

リックってここから出る可能性あるのかよ……! いや、すごく嬉しい。2周目はリーザスにはあまり行かない予定だったので、めちゃくちゃラッキーだ!
テラ姫は1周目で散々世話になったが、今回はさすがにリックを選ばせていただく。















カラーの村での確定宝箱も、前回とは異なるメンバーを選んだ。
ビビッドではなくフル。イージスではなくパステル。
2人とも、なかなか使いやすい。ビビッドとイージスには1周目で滅茶苦茶世話になったな……って、こうして思い出しているとどのキャラも世話になった記憶だらけだな。











2ターン目からの作戦フェイズ、まずはヘルマン。ヘルマンだ!!
ルーベランが早くも仲間に加わってくれた。
こう……いいな。前は助けられなかった人を今度こそ、ってのはやはり燃えるよな。















シーラ&ペルエレのコンビがびっくりするほどかわいいな……。
主従の立場と態度がほぼ逆転している有様が、シーラの育ちの良さとペルエレの性格の悪さを引き立たせている。
「かったりぃなぁ」と言いたげなペルエレの立ち絵もGOODだ。















ここでのヌヌハラのコメントが面白かった。
そうか、ランスが信長を友達認定したのは死んだからだったのか。確かにそうだったのかもしれない。
「パットンとリックも一回死んでみてくれないかな」って、命の扱いが軽すぎる。あと、なんとなくだが、パットンとリックは死んでも友達認定してもらえないような気もする。















巨人たいほータマゴヤキ。
しかしこんな距離でも見えるなんて、いくらなんでもでかすぎるぞ魔人バボラ。
こっちもデカくなって対抗するぞ、なんてランスは言い出すけれど、フツーにそんな手段はないだろ……。
と思っていたら、ミラクルには何か心当たりがあるらしい。















レア宝箱から、また滅茶苦茶悩んでしまう選択肢……!
ヒューバートもすごく欲しいけれど、ここはスキルが使い易そうなロレックスを選ぶことにした。

加入台詞、スッゲー格好良くないか?
今まで色々なキャラの加入台詞を見てきたけど、1・2を争うほど格好いいと思った。











巨大化薬を作る材料を取りに、ツングース高地に向かう。
罠ダメージがかなり痛い……。ガルティアの腹の中を思い出すな。
戦闘中の雹ダメージは、魔王探索での霧デバフに比べたら余裕。

もっとも、2周目故の余裕かもしれない。CPボーナスで☆10を取っているだけあって、今のところ雑魚戦はもちろんボス戦でも一切苦戦はしていない。
なんといっても自動戦闘がほぼ気にならないのがでかいと感じている。1周目の自由都市カスタムルートなんて、それで死にそうな目にあったしな……。















今日もかなみは安い女だった。











な に あ れ 。











この俺に、ドエススキーより優先するオンナが出来るとはな……ヘッ!

結果的には丸々寄り道でしかなかったというか、特に何の役にも立たないクソみたいなイベントだった。(誉め言葉)
ああでも、最後にバボラをよじ登る時に「かなみで鍛えたスキル」みたいなこと言い張ってたな……。そうか、伏線だったのか……。アホだな……。















バボラ退治の前に、謙信を助けるイベントもこなした。
虎勝コンビは1周目でも使い倒したが、謙信は入手するのも初めてだ。キラキラ目もかわいいが、こっちのしょんぼり顔が最高にかわいいと私は思う。
謙信といえば腹ペコキャラだが、ガルティア戦での大食いで活躍してくれる可能性……?
しかし今回はゼス放置の予定なのだった。やや残念。















料理に紛れてバボラの顔に近付き、致命傷を与えようとするなかなか無茶な作戦。
とはいえ爪楊枝で目を刺されたりしたらフツーにヤバイしな。足場が不安定すぎるというか、高すぎるのは間違いなく危険だと思う。

バトル自体は、予想していたけどアッサリ余裕で終わってしまった。
本当に苦戦しない。CP様様だ。
序盤での足退治も、粘ったら行けたのかもしれない。

攻略ポイントは、支援解除係を多めに入れておくことくらいだろうか。
アールコートか、雷弱点を突きやすいマジックあたりが安定だと思われる。











ヒューバートは男だから仕方がない(仕方なくはない)。

その点サチコってスゲーよな。
女なのにランスから忘れられてんだもん。







<本日の感想まとめ>







ランス10は魔人退治がやっぱり楽しいな。
ともかくシナリオが楽しい。ヘルマンはゼスみたくシリアス寄りを予想していたのだが、結果的にはリーザス以上のギャグシナリオで終わった気がする。メチャクチャ面白かった。











かなみは美味しすぎる立ち位置を手に入れたな……。
シィルに次ぐヒロインの座は間違いない。かなみのものだ。

だがそんなかなみ、ブックレットのヒロイン勢揃いラフ(パッケージの人数増えたバージョン)にはいなかった。
そんなところもかなみクオリティ。











なにあれ。

で、本当に全てオチてしまう。
まともに感想を書く気すら失せてしまうインパクトだ……。







<本日のMVP>







ヘルマンの人斬り鬼は本物だった。


スキルはランスと似たタイプなので、プレイヤーにとってもわかりやすく使いやすいキャラ。
0APでコンボを稼ぐもよし、4APで爆発的な火力を出してもよし。後者はコスト的にやや使い辛いのが弱点といえば弱点だろうか。

また、今回はヘルマン補正でブーストがかかりまくるのも大きかった。
他のキャラで倒して宝箱ボーナス稼ぎたいのに、張り切っちゃったオッサンがしょっちゅう敵を蒸発させてしまうのが一番の問題だったな。

ロレックスといえばチルディとの師弟めいた関係も9ではあったけれど、あれはifルートだったかな?
食券イベントも見てみたいが、マルチナを使っていても得られる食券枚数がなかなか増えないのが厳しい……。全員の食券イベントを見ようと思ったら、何周する必要があるんだ……?



次回>>「プレイ日記11 ずっとヘルマンのターン! あと船ルート


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-,

  関連トピックス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP