FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント ぐだぐだ帝都聖杯奇譚 プレイ日記08 織田さんちのヤベー奴ら

  
  

投稿日:2018年6月28日





復刻版は基本自然回復での周回メインで、個人的にはシナリオはスキップしがちなんじゃが、久しぶりに読み直すとやっぱり面白い。
読み物としての面白さはモチロンだけれど、「その後の展開」への伏線になっていたりするのもちょっと楽しい。

サマーレースノッブ周りは帝都絡みの話題が多く、なんだかとってもベストタイミング。
ぐだぐだナウい。


 
 
 
 
 
 
 




主人公たちは、ついに聖杯の元に辿り着いた。
ほぼ全員がキャスターとはここで初対面だ。
キャスターからすれば、信勝以外は「誰かさえ知らないし、興味もない」程度の認識かもしれない。











主人公が誰だろうと、他のメンバーが誰だろうと、おそらくキャスターにとってはどうでもいい。
彼が見ているのは、自分の願いと目的だけなのだろう。

呪いのような言葉をブツブツと吐き出し続けるキャスター……。
「あ奴」が誰なのかは、名前を出されなくても十分にわかった。
キャスターが信長に向ける気持ちは、愛だの恋だのといった単純なものではない。
いわゆる“ヤンデレ”のすごく重いバージョン……って言ってしまうのは浅すぎて避けたいのだが、まぁベクトル的にはそんな感じだ。















「この瞬間」、キャスターの名前の表記が変化する。
地味な演出ながら、ゾクッとした。シンプルイズベスト。こういうの良いよ。

彼は織田信長を異常なほど敬愛して、もはや神格化していた。
その時点で危険な状態ではあったが、更に「サルへの憎しみ」が加わったことで、憧れと幻滅が混ざり合ってグチャグチャになってしまったのかな……という風に見える。

そのまま最期まで走り続けて、敬愛するノッブを手にかけて、それでも止まらず更に今まで走り続けていたのが、FGOにおける“天海”であり、“明智光秀”だった。















そんな、「ヤバさの極み」的なミッチーを前にして……ノッブは冷静に、ただ呆れていた。
こういう場面で、表向きのエグさではなく、本質に対する感想を淡々と口にできるノッブはスゲーと思う。器が違うというかノッブ自身もまぁまぁヤベーというか、ともかくクールで格好良い。
普通の人間だったら、ドン引きする場面だと思う。やっぱり尾張の大うつけは格が違うぜ。











ノッブにしてみれば、“悪事”は別にどうでもいいし、“光秀の歪み”も結局はどうでもいいのだろう。
そんなノッブの大らかさ、善悪問わない危うさと懐の広さ、彼女自身が「高み」しか見ていないからこそ他のことに気を取られることのない強さと美しさと気高さに、サルやミッチーは惹かれたのかもしれない。

ノッブはたぶん、今でも光秀のことを嫌ってはいないだろうし、本能寺の件も大して恨んではいないように見える。
本能寺を経て、自分を乗り越えて光秀がデカい夢や目的を成し遂げようとしたならば、それはそれで褒めてくれそうな気すらする。
だからこそ、本能寺を経たのにまだ織田信長やサルへの私情に囚われて、明るい未来を見ているわけではない現状のミッチーに対して、彼女は呆れているようでもあった。















そして、ここに来てゴリゴリと「自分」出してくる信勝の面の皮の厚さェ……。

ノッブの周りにはヤベー奴しかいない、というか身内が一番ヤベー奴だったから感覚がマヒしただけというオチの可能性。
やっぱりいつ何時、“ぼくのあねうえ”を脳内に飼い始めても不思議じゃない。
ベクトルは違えど、ヤバさだけならミッチーとカッツは良い勝負。











光秀も薄々ノッブ(入り信勝)の存在に気付いたようだが、弱味を指摘されて苛立ったからか、「もういい! やっておしまい!」と英霊兵投入。
英霊兵の立ち絵はずんぐりむっくりしたゴーレムのようなもの。
イメージからバーサーカー属性かと思いきや、キャスター光秀に使役されているからか、キャスター属性だった。
ライダー金時&ライダーイシュタルのダブルバイクで轢き倒してやるぜ!
実は小生、配布鯖大好きマン。
配布鯖は宝具5確定だから強いし、コストも☆4だから高過ぎず便利だし、愛用しまくっちゃう。















一方その頃……龍馬達は、全滅の危機に瀕していた。
以蔵の身体もボロボロで、お竜さんは変身する余力すら無い。
英霊兵やモブ士官に取り囲まれて、絶体絶命の大ピンチ……。

ここで私はまた覚悟をした。
龍馬と以蔵もある程度仲直りもできたし、ここで退場だろうか……と受け入れかけていた。
だが実際は、私の覚悟は再び裏切られる形になった。

今回「駄目かと思ったら大丈夫だった」パターン多くない?
いや嬉しいけどね?















「間に合った」、相手。
現れたその人影……その人物の名を、俺たちは知っているッ!

鬼の副長、京都で一番の伊達男、“薩摩か長州か問いかけ妖怪”の異名を持ち、HPが少ないほど威力が上がる宝具が強いけれどガッツは絆礼装待ち、最高の浪漫砲であり単純にシンプルに格好良いあの男が……ついに、この決戦の地に現れたッッ!!











KAKKEEEEEEEEE!!


いや可能性は感じていたし、ワンチャン楽しみにもしていたけれど、「ここ」で「この」登場はズルいだろう。
格好良すぎるだろう!!

主人公たちのピンチに颯爽と現れるキャラってのは、もう駄目だよ。
そこだけで評価10億万点くらい加点せざるを得ないもん。















沖田オルタを、「沖田」として言い切って、命令してくれる姿がまた格好良いぜ……。
実際は複雑な事情があるのだろうと、土方さんも気付いてはいるだろう。
それでも触れず、沖田オルタに考えさせる余地もなく、「ごちゃごちゃ考えてる暇があれば斬れ! 進め!」って言いきってくれる副長の頼りがいと男らしさが限界突破。
バーサーカーだから、狂ってるからの無茶苦茶さも加味されているのかもしれないが、ともあれそんな土方さんだから、沖田も沖田オルタも苦しみ過ぎずに戦えるのだと思う。ええ人や。















生きていたバーサーカーにライダーに、と理解が追い付いていない光秀の隙をつく、以蔵の一刺し。
ズルいぜ。汚いぜ。渋いぜ。格好良いぜ。

いやー、帝都イベント終盤は男性鯖の活躍と格好良さがえげつないな。
女性成分が沖田オルタとノッブ(本体)くらいしか無いのが原因か。潤いは足りないが、これはこれで熱くてイイ。















そんな中でも一人だけいつも通りというか、わりとフツーに気持ちの悪い信勝だ!
輝いてる、最高に輝いているぜ、信勝!
もうなんでもいいや。お前がナンバーワンハッピーエンドだ!


次回>>「プレイ日記09 終盤に舐めプはやめよう


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP