FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント ぐだぐだ帝都聖杯奇譚 プレイ日記11 REVEGE of YODO

  
  

投稿日:2018年7月4日





帝都聖杯奇譚第二部の幕が上がる……!
……といってもコチラはボリューム控えめ。前後編くらいでサクッと感想も終わらせようと思う。


 
 
 
 
 
 
 




茶々宝具の設定、わりとフツーにメチャクチャ重いしエグいと思うヨ!

個人的にはサルのダブルヒロインだとネッネ派だったけれど、FGOで茶々と触れ合っていることでドンドン茶々に転んでいく感も無くはない。
ぐだぐだ版茶々、良いよね……。コメディロリキャラと見せかけて、重たい部分ガッツリ隠し持ってる母性キャラなのマジ魅力的。
大人版アベンジャー淀君もマジでアリだと思うし、正直期待もしているのでいつか叶うと嬉しいな。















カッツのバトルキャラ追加&実装までの道は長い。FGOが完結するまでに来るかどうかも怪しい。
茶々率いる「帝都七本槍」が引き連れたちびノブは、茶々曰く「伯母上の霊基からちぎり取ってきた」らしい。
強引に分けたから声変りを……? うーん、深い意味を特に感じない。

茶々の開幕宣言は、ちょっと風雲イリヤ城を思い出した。
PC版ではアイテムフルコンしたデータが吹っ飛んで泣いたっけ……。















カルデアに来てから、帝都時代の儚さはどこへやら、すっかり能天気なぐだぐだモードに浸かってしまった沖田オルタ。
うんうん、いいんじゃないかな。そのまま健やかに暮らせよ。できるだけ長くな。いっぱい思い出作ろうな。

そしてノッブはコーヒー牛乳でおなかを壊していた。
わかる。俺もわりとコーヒー牛乳やコーヒーでおなか壊しやすいタイプだから、スッゲーわかるよ……。とここで謎のノッブへの超共感。











炸裂弾でヒアウィゴーだ!
悪一文字背負って、煉獄ぶっ壊しに行こうぜ!!

改良版だから形も威力もちょっと違うんだぜ!
あれ数個で壊れるとか煉獄脆過ぎじゃない?
ショックです。十本刀やめます。















沖田オルタの太刀、「煉獄」の名は、ボイスで知ってはいた。
どんな意味や由来があるのかと、密かに気になってはいたのだが……えっ、マジでこれが理由なんです?

そりゃ沖田さんも全力でツッコミ入れるよ。
というかどこからその太刀は生じたんだよ。
もはや沖田さん関係ないじゃん!











そんなこんなで、アベンジャーと化した茶々を捕まえるために再び帝都でGOGO!
うっかりフルサイズでスクショするのを忘れていたのだけれど、茶々の陣の形って「瓢箪」型だったよな?
さすがプリンセストヨトミを名乗るだけはあるぜ。

そして「裏帝都」ってネーミングには俺屍の系譜を覚える。
同じ連想をした人間が日本に二百万人くらいいるはず。
マップがひっくり返ったりはしていなかった。















私が最初にミッションクリアして、挑戦した相手はランサー・李書文。
本編中に登場した時とは再臨状態も異なり、ノリもやや軽め。
書文はコメディ展開に登場しても大きくキャラは崩されず、いつでもどこでも渋格好良い。
経験値の愛を感じる。















うっかり毒茶を飲んでしまう、などという死因ギャグを挟みつつも、そう苦戦することなく無事勝利。
そもそも死因ギャグって重くない? FGOではよくあるけれども。

相手が書文だということはわかっていたので、今回もアタッカーには貫通礼装を持たせるなどして用意をしておいた。
書文はチャージも使ってこないため、回避対処さえしておけば戦いやすい相手。
たまに必中・無敵貫通してくるのには注意したい。















続いて挑戦したのはバーサーカー・えっちゃん。
帝都カフェの店主をしているえっちゃんに、代理店長として命を狙われる羽目になった。
よくわからないけれど、まぁそんなものだ。
ともかくバーサーカーボス相手だから注意をしよう、ということだ。











バーサーカー相手といえば、昨今の流行はフォーリナーだ。
事故防止にもなるし、一人いてくれるとありがたいのは間違いない。
しかし、我が家においては、対バーサーカーのメインアタッカーはBBが担うことが多い。
マシュ・BB・フレ孔明かマーリンあたりで組めば、あらゆるクラス相手に安定感のある戦い方ができる。
あと楽しい。NPグリグリで宝具回りまくりでハッスルできる。















今回のえっちゃんのHPならば、宝具を撃たせる前に倒しきることもできる。
そのため、初期ブースト重視でフレ孔明を採用した。特に問題なくフィニッシュ。
BBちゃんは今日もまっこと頼りになるイイ女やで。















三人目はライダー・メドゥーサ!
うんうん、やっぱりコハエースといえばちゃりん娘だよね。
エプロンスタイルの霊衣解放はそろそろあっても良いと思う。

ホロウで登場したメイド服でもいいな。
ホロウメイドは翡翠リスペクトの翡翠デザインだったっけ?
……もういっそ、翡翠と琥珀も実装したらいいんじゃないか?















「ヤマトの勇気が世界を救うと信じて……!」感を覚える。
負けてくれる気満々のように見えて、それなりに真面目に戦ってくれるメドゥーサ。
回復はありがたかったけれど、スキル封印はちょっと嫌だったよ……。











……などと裏帝都を進める最中、無事に龍馬コンビも最終再臨&レベルマ完了した。
ミッチー相手にレベル1で挑まされた過去はもう捨てような。
これからは特攻持ちアーツライダーとして、ガリガリモリモリ活躍していってもらおう。
ダブルピースもしまくるぜ!


次回>>「プレイ日記12(完) そしてぐだぐだな日常へ


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


TOP