アイマスシンデレラガールズ

デレステ コミュ感想 「つぼみ」紹介編

  
  

投稿日:2018年7月8日



 
 

“アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ”が、間もなく配信開始から三周年を迎える。

モバマスと同数のキャラクターの単体コミュはもちろん、イベントコミュも驚くほど増えてきた。
最近始めた、途中から始めたプレイヤーにとっては、「コミュアイテム“思い出の鍵を手に入れたけれど、何から見ればいいのかわからない」なんてこともあるのでは……と、思う。


そんなユーザーへの指針の一つになればということで、「個人的なオススメコミュを紹介していく」企画をやってみる。
ネタバレ控えめの紹介編・ネタバレありで見所を語る感想編、の2つに分けて紹介していく予定だ。

紹介編では、イベントの概要登場するアイドルシナリオの方向性このコミュのココが良いまとめ、の5つの観点でコミュの見所を並べたいと思っている。

今回のテーマは「つぼみ」イベントコミュについて。

 
 
 
 
 
 
 

イベントの概要


 
 


 
 


 
 

Mobage版アイドルマスターシンデレラガールズ(モバマス)にて開催された第四回シンデレラガールズ総選挙
その上位になったメンバー五人で構成されたユニットによる総選挙記念曲「つぼみ」を、フェスにてプロダクション代表として歌うことになった……というのが、本コミュの流れ。

イベント形式はいわゆる“アタポン”系だが、従来通りシステムはシナリオ自体に関わってはいない。
プレイヤーは延々と通常楽曲で専用アイテムを溜め込み、イベント楽曲をクリアして、ポイントに応じてストーリーの続きを見ていく……というスタイルだったと記憶している。


 
 
 
 

登場するアイドル

 
 



 
 

コミュに登場し、題材曲を歌うキャラクターは、「つぼみ」のオリジナルメンバーと同じ。
塩見周子・前川みく・高垣楓・相葉夕美・一ノ瀬志希、の五人だ。

ランキング報酬はSR一ノ瀬志希、達成報酬はSR相葉夕美だが、コミュ内で彼女たちが特別に目立っている……ということもない。
五人のアイドルそれぞれに“担当回”めいたものを用意されていて、バランスの良い内容といえると思う。



 
 
 
 

シナリオの方向性

 
 



 
 

「つぼみ」をテーマにしたイベントが開催されたのは、デレステ配信開始から半年ほど経った時期だ。
比較的初期だったこともあり、最近のイベントコミュの傾向とは少し異なっている。
良い意味でも悪い意味でも“定番”な流れであり、近年とは異なり“総選挙曲オリジナルメンバー”だというのもファンには嬉しい。

練習風景、ボーカルレッスン、本番前、フェス当日……といった流れは、一時期のコミュでは定番すぎて“少し飽き”があった感は否めないだろう。
そんな中でも、「つぼみ」イベントコミュは、流れもキャラ描写も丁寧に書かれていたのが好印象だった。
個人的な感想ではあるが、デレステコミュに「おっ」と光るものを感じたのは、つぼみコミュが最初だったようにも思う。

 
 
 
 

このコミュのココが良い

 
 


 
 

本心をなかなか掴ませない、器用なようでたまに不器用な周子。
キャラを大切にして、アイドルに対して一生懸命なみく。
落ち着いた外見や年齢の印象にうまく対応しつつも、内心少し複雑な楓。
当たり前のように優しくて、場を和ませてくれる夕美。
自由で天才で独特な感性だからこそ、己のズレを認識してしまう志希。

つぼみコミュにおける彼女たちは、全員が完璧超人ではない。
それぞれに長所もあれば、短所をも曝け出してしまっている。
だが、「そこ」がいい。

 
 
 
 


 
 

短所が露になっても、それだけで終わるのではなく、周りによるフォローがちゃんとある。
彼女たちの欠点は“人間らしさ”でもあり、全てがうまくいかないのは、彼女たちが生き生きと描かれているからこそだ。
そして欠点をも含めて、「少しだけ」成長する物語がつぼみコミュにはあった。

その、「少しだけ」のバランスが良い。
欠点ばかり、ギスギスしてばかり……ではなく、全7話で構成されたコミュひとつひとつが「短編」としてきれいに終わっている。

短期間で驚くほどの成長を成し遂げる、というのも難しいし不自然だ。
大きなトラブルが起きることもなく、淡々と練習と日常とが過ぎていく中で、それぞれがちょっとだけ一歩を踏み出す姿が、ナチュラルで彼女たちらしい。

初期コミュならではのアッサリ感、とも言い換えられるかもしれないが、アッサリ終わる中でも見所がある、良いコミュだと個人的には思っている。

 
 
 
 

まとめ

 
 


 
 

「つぼみ」コミュは、いいぞ。
登場するキャラクターが好きならば尚更良いし、彼女らの中に担当アイドルがいなくとも、「この五人のことが少し好きになる」コミュ、だと私は思う。
少なくとも私は、つぼみコミュをきっかけに、周子や志希のことがもっと好きになった。

次回、ネタバレ含めた感想を語る「つぼみ・感想編」につづく。
 
 
ネタバレ感想編>>「「つぼみ」感想編


 
 
  
  

-アイマスシンデレラガールズ
-, ,

  関連トピックス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP