FGO感想 TYPE-MOON

FGO幕間プレイ日記 パッションリップ幕間「サクラ迷宮/M」001

  
  

投稿日:2018年7月14日





各サーヴァントの幕間については、短いシナリオのものも多いし、感想を書き辛いかなーと思っていたので基本的にはスルーしていくつもりだった。
しかしリップは……というか、CCC勢はいかんよ。ズルいよ。どうしても触れたくなってしまったよ。

ということで、ゲリラ開催的な感じで、リップの幕間感想を書いてみる。
「幕間感想シリーズ」として続くかはわからないけれど、とりあえず書きたいものは書いていこう。


※幕間シナリオのネタバレ要注意


 
 
 
 
 
 
 








リップの幕間を開始したと思ったら、気付けば俺はラスボス系後輩の掌の内だった……。
BB、一時期のカエサルやパラケルスス並みに“便利なキャラ”としてこき使われてない? 大丈夫? おっぱい揉む?
まぁ、リップやメルトの話になると、BBが出張らないわけにもいかないので、今回は仕方がない。

BBやサクラファイブについては、原作CCC未プレイ者だったりCCCコラボイベ未経験だったりするプレイヤーにとっては、よくわからない存在なのだろう。
その「よくわからない……けど、鯖ってことは味方なんだろ」的な新人ユーザーの純粋な好意を逆手に取る、巧妙な手口ッ……!
奴はこの隙に“BBちゃんマジ天使”認識を植え付けようとしている! 汚い、さすが元ラスボスは汚い。

そんなメタくて姑息で小悪党なBBは今日も今日とてギガントキュートではあるが、今回のメインサーヴァントはリップのはず。
なぜこんな状況になっているのか、親切(笑)なBBは丁寧に経緯を教えてくれた。
ほわんほわん☆BBBB~。















マイルームにて、ちょっと悩んでいる様子のパッションリップ。
胸だったり体重だったりに関する女の子っぽい悩みもありつつ、「サーヴァントとして役立てているか」についても、彼女はひとりで密かに悩んでいたようだった。

最近元気がないことに気付いていた主人公が声をかけるも、気にしないでほしい、と健気に笑うリップ。
謙虚さは美徳だし、彼女の優しさなのだろうが、リップはひとりで溜め込みがちな部分もあるので、少し心配でもある。
と、思っていたら……。















は じ ま っ た な

リップの特徴、リップの欠点、リップのかわいくて黒い部分が一気に表出だ!
人によってはドン引きかもしれない。そんな娘だったなんて……と驚いた純情新人プレイヤーも、中には居ただろう。
そして私は大興奮。脳内でキターのAAを表示するレベル。











CCCを経てFGOに至ったリップは、驚くほど成長していた。メチャクチャ頑張っている姿に、正直俺泣いた。
CCCコラボ記念のニコ生とか超良かったよな。あのタイムシフト、なぜかスゲー長く残ってたからチョー嬉しかったのに、いつの間にか視聴不可になってて俺はまた泣いた。


ともかく、リップは確かに成長もしている……けれど、変わらない部分や、変われないものもある。
こればかりは「それありき」で作られた設定だったり、存在の根幹だったりもするので、どうしようもないのかもしれない。

頑張っても変えられない、というのは、少し酷な話でもある。今回はその部分に、BBが助言を与えるようなシナリオでもあった。















こんな状況ですら、「心底イヤだけど!」って本音がダダ漏れるリップが最高にかわいいぜ。
心底嫌われているBBもかわいいし、それでも結局助けちゃうあたりもかわいい。要するに全員かわいい。

話の入りこそホノボノしていて、ラブコメディな雰囲気でもあったけれど、実際は状況は深刻だ。
リップの胸の中に吸い込まれた、ということは、ブレスト・バレーに落ちたというわけで……。
超圧縮、バッドエンド? あ、でも超圧縮はトラッシュ&クラッシュの効果か。











回想終了。
BBちゃんがまたメチャクチャなことを言っているけれど放っておこう。
この娘、表向きはこんな感じでメタくて自己中なノリでキャピキャピしてるけど、根はわりと暗いからな。
後で自己嫌悪で小さくなっている……のはCCCのみの設定かな? マテリアル見た限りだと、相変わらずなのかな。
まぁともかく、そんな痛々しいBBは今日もサイコーだよなってことだ。















ブレスト・バレーからの脱出は、契約したマスターならば可能だという。
ならば、最優先は脱出……といいたいところだが、ついでに「もっと深い心まで潜ろう」などと言い出すBB。
あくまでも目指すのは脱出だけれど、その途中でSGについても理解を深めていこう、みたいなことなのだろうか。
BBにはSGが無いのかーへーふーんソリッドブック。


「無垢心理領域には早すぎる」という、気になる言葉もあった。
無垢心理領域といえば、CCCでのジナコ戦以降の犬空間からのアレだ。おなかが吹っ飛んでも軽くなったから歩きやすい、でお馴染みのアレだ。
CCCでは相棒サーヴァントとの再会と強化に繋がるイベントだったが、それに類似したものがリップたちにも存在するということなのだろう。
よくわからないけれどなんとなくわかった。ともかく、今後を楽しみにしていよう。















……と、ついに敵と接触だ!
えーとこの幕間ってタイミング的にはいつ頃起きたんだ?
マイルームってことは1.5部っぽいけどサリエリが居るってことはえーと……。
……まぁ、いいか! 細けぇことはいいんだよ!















アベンジャーアイコンを見てBBちゃんを連れてきたら、「???サポート」だったBBちゃんと含めてWラスボス系後輩状態になってしまった……。
サリエリには悪いことをした……。

BBとBBが組み合わさると、もはや宝具大回転でワケのわからないことになってしまう。
ところでフレンドBBちゃん、自己改造を持ってこないなんてやる気なくない? 手ぇ抜いてない?
油断も隙もならない女だよ。


次回>>「パッションリップ幕間「サクラ迷宮/M」002


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス


TOP