ランス6感想 ランスシリーズ

ランス6 プレイ日記018 村を脅かすモンスター退治

  
  

投稿日:2018年8月24日





アリスソフトのコミケ関連商品の公式通販がはじまったぞ!
(2018年8月24日現在)→アリスソフトオフィシャルショップ

コミケ終了から早〇日、毎日アリスソフトを監視していた日々もようやく終わる。
やっと……安心して、眠ることができる……。


※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります


 
 
 
 
 
 
 







いつも通り、タマネギの部屋に女の子モンスターの様子を見に行ってみると、ちょっと違うイベントが発生。
タマネギの部屋にやってきたのは、夕食を呼びに来たシィル。今日のメニューはランスの好物“へんでろぱ”だ。

タマネギさんもよければどうぞ、と声をかけてくれるのが優しい。
こんな見るからに怪しい男も誘ってくれるなんて、シィルマジ天使……はさておき、タマネギは一目見ただけでシィルの素質に気が付いた。
ランスとの短いやりとりだけで、創作意欲を刺激されたらしい。
タマネギの申し出に、この場のランスは「考えておく」と応えた。














その後、改めてサブイベント“タマネギに預けてみる”が発生。
その道のプロにするべく、シィルをタマネギにあっさりと預けてしまった。
これで色々と便利になるだろう、とご機嫌なランス。しかし……。














(もっと早く気付けよ)と全国600万人のプレイヤーが思った。














結果的にはギリギリセーフ。
「何もしてないな? 命拾いしたな、タマネギ」という台詞の無茶苦茶さ。本当に無茶苦茶。
これで斬り殺されていたら理不尽ってレベルではないのだが、タマネギも器が大きく、ランスとシィルも引きずらないことから、わりと丸く収まった。
なんだったんだ、この一件……。














さて、次に受けたクエストは「街道村のモンスター退治」
メインクエストではないため、今進める必要はない。
難易度もそう高くはないので、サクサクと済ませてしまおう。

必要好感度は“4”
低めの設定だが、志津香あたりは一緒に行ってはくれない。

このクエストで向かう安眠街道村は、訪問できる機会がとても少ない。
マップ埋めは現時点ではコンプできないが、自由に出入りできる場所ではないので、今後も十分に注意したいところ。














地下墓地に入っていくと、すぐにアバター様の部下と出会う。
その後も度々通路を塞ぐようにして強制バトルが発生するものの、そこまで強い雑魚敵ではない。
真ん中のNEOぬぽぽは、やや硬い点には少しだけ注意。














この地下墓地は、主に2級市民が眠っている場所だという。
共同墓地としてはなかなか立派な感じだ。
イタリアの2級市民街にも墓地はあったけれど、こちらのほうが小綺麗な気もする。














……生き埋めにはしなかっただろうけれど、それまでもその後も、きっとずっと一緒だったのだろうな。
ウッ(ランス10の生傷が痛む)。














地下墓地には、リズナのFRイベントもあった。
墓地の奥で見つけたのは、昔のリズナの先生の名前。ということは、先生は2級市民だったのかな?

リズナの話に、最初は上記の反応だったランス。
しかし最後にはリズナの気持ちを察して、「俺は付き合わんが、墓参りしてこい」と促してくれる。
なんだかんだ、やはり自分の女には優しいところもある。ちょっと良い話。














そんなことをしつつ、最後には奥にいたボス・アバター様と戦闘になった。
アバター様は、たたみ返しを連れている。
たたみ返しは、しばしば仲間を勝手に庇ってくる、少し面倒くさい敵だ。
HPも多いし、後衛の魔法使いを速攻で倒したい時などは実に嫌らしい。

できるだけアバター様を優先して攻撃したいところだが、どうしてもたたみ返しにある程度は邪魔される。
だが、今回はアバター様自体もそこまで強くはないため、そこまで苦戦はしなかった。














一☆件☆落☆着ッッ!!!

攫われていた少女・ミチルの彼氏の名前がクルッポーだったのにちょっとドキッとする。
クルックーっぽい……。ぽいってだけで、何も関係はないだろうけれど。

あと、ミチルはさておきクルッポーが殺されずに済んだのは、なかなか運の良い話。
気絶で終わってよかったな。ああよかったよかった、ハッピーエンド。














良いことをして気分もノリノリなので、サーナキアをからかって遊ぶ。
前々から怒りが溜まっていたサーナキアは、ここにて無事に爆発。

手袋を投げつけて決闘を申し込んできたので、ランスは“条件”を交えて、その申し出を呑んだ。
“条件”は突っぱねればいいのに、挑発に乗ってしまうサーナキア……。かわいそうな子……。

だがそれはそれとして、「ふふん」って感じの表情はかわいいな。
わりとレアな気もする。














ひょっとして強いかも……と実は内心ドキドキしていたが、びっくりするほどアッサリと勝ってしまった。
お、おう……。ドンマイ、サーナキア……。

そして、ご褒美も無事にいただくことができた。
なんだか今回はCGたっぷりだな。











こんな感じで、今日もやられっぱなしで不憫なサーナキアだった。
そろそろ仲間になるかなとも思ったが、まだっぽいな。
うーん、いつ加入だったっけ?


次回>>「プレイ日記019 ブルー隊を救出せよ


 
 
  
  

-ランス6感想, ランスシリーズ
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP