FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント サーヴァント・サマー・フェスティバル! 延長戦01 たまご肌を巡る冒険

  
  

投稿日:2018年9月9日


 
 
サバフェスは終わった。
戦いは勝者を生むことなく、
異常は解明されることなく、
虚ろな楽園は、
今もこうして回っている――

 
 
 
 
 
 
 

 
 
(今一度運命の幕が上がる。それは約束の七日間)

 
延長戦の時間だーッッ!!

 
復刻イベントで感想ペースにも余裕ができたことだし、オマケ要素やサブエピソードについてもダラダラと語っていこう。
今後のFGOのイベント予定によっては、バサッと打ち切り最終回になるかもしれない。

そんな不定期・テキトー記事の第一回。
本日のテーマは、「たまご肌を巡る、追加おまけシナリオ」
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
イベント本編終了後、間を置いて2018年8月16日に追加開放されたおまけシナリオ。

時系列的には完全にサバフェスやフォーリナー問題を解決した後の内容になっている。
空港から帰ろうとする主人公たちが、改めて今回の思い出や“その後”についても語っていた。

話を聞くに、虚数空間にポイされた哀れなハワイ支部員や天文台の人々は、無事に救出されたらしい。
被害者がいなかった、というのは何よりだ。大丈夫だろうと楽観視しては居たけれど、不安が無いわけではなかったしな。

BBちゃんも、昔に比べれば本当に丸くなったといって良いだろう。
フォーリナーと悪魔合体を果たした状態でも、わりと昔の極悪時代とドッコイドッコイだと思うし。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
そもそも、今回の騒動の根本には、“第二部以降の主人公の状況”や地球漂白問題に対する、BBの思いやりが歪んだ形で表出してしまったような感じでもあった。
やり方は悪役丸出しではあるのだが、基本的には「守ってあげたい、助けてあげたい」みたいな好意的な感情が元になっている。BBはそういう女だ。

だからといって許されるものではない場合もあるだろうし、どっちにしても迷惑だし面倒くさいし悪い娘には違いない。
だが……そこが、良い……。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
そんなわけで、ここからはおまけモードの延長戦。
月のヒロイン(笑)BBをたまご肌に戻してあげるために、BBを殴るパーティータイムの始まりだ。

プリヤコラボでのレイドもどきに、システムとしては似ている。
羅生門での茨木童子やアポコラボとは異なり、“ユーザー全員”ではなく、それぞれ個人で倒しきらねばならない。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
与えたダメージ分、敵のTotalHPを減らすことができる……というのは、最近のレイドバトルシステムと同様だ。
昔のレイドシステム……初羅生門……つらい事件だったね……。だが、あの苦しみがあったからこそ、その後のシステム改善に繋がっているんだよなぁと前向きに捉えて生きていきたい。

初心者ユーザーにとっては、一度の戦闘で敵を削り切ることも難しいかもしれない。
だが、何度も挑戦すればTotalHPもジリジリ減っていくし、最終的にはたぶんなんとかなる。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
今回、最も手強かったのはムーンキャンサー・キアラかな?
「配布BB以外でムーンキャンサーが来るとしたら、キアラくらいだろう」というのは(俺の中での)定説だったが、まさかこんな形で実現するとは……。

上記画像ではうっかりルーラーメインでスタメンを組んでしまったが、キアラはデフォルトでルーラー特攻をクラススキルとして所持している
ムーンキャンサーに対してルーラーは有効だし、キアラへの与ダメージ自体は減ることはないが、味方側の被ダメージもかなり痛い。

そしてキアラの宝具には無敵貫通・防御無視効果もある……。
つまり、上記のようなジャンヌ+マシュというパーティーで戦うのは、普段ならばテッパン戦法だが対キアラではほぼ無意味。トホホ。
女性特攻や、素直にバフ盛り盛りアタッカーで即ぶっとばしたほうが良いと思われる。

マスター魔術礼装『月の海の記憶』メフィストスキルあたりで、“強化無効”を宝具前に付与させると戦いやすい。

 
 
 
 
 
 
 

 
 
そして一番戦いやすかったのはBBペレの変身後・ポリアフ幻身。
氷雪系繋がりで、代打を張ったと思われるアナスタシアに申し訳なるくらい、簡単に勝たせていただいた。
おおゴールデン……。やはりゴールデン轢き逃げは最強なり……。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
夜の殺生院問題にBBちゃんは無関係だったのに草。
シナリオに本人はほぼ登場しなかったのに、なんというインパクト……!
早く、早くアンデルセンになんとかさせなければ……!

そして殺生院問題には本気でちょい怖がっているBBが面白カワイイ。
CCCで世話になった身としては、やはり危機感も強いのだろう。
CCCコラボイベも、来年あたりに復刻すると良いな。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
妙なアクシデントもあったけれど、とりあえず予定通り、BBペレの力はほどよく減らされて、元の肌に戻ることができたようだ。
元に戻れてよかったね~おめでと~なんて、主人公とマシュが喜んであげると……。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
このデレである。
なんだよ、結局デレッデレじゃねーか!
もっと褒めてやろうか! 先輩とセンパイで挟み込んで、褒め殺しの刑にかけてやろうか!!

チョロかわ水着ヒロインっぽいBBも、これはこれでかわいい。
だが甘く見過ぎたらホラーでグロテスクな目に合うのだろうな。ガクブルドキドキ……。
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
この特大級夏イベントで、本当にきのこが伝えたかったこと……それは……
 
「ハワイたのしいよ」
 
だった……!

 
うーん、なんとなくわかっていたけれど、フワフワでユルユルだな!
だが実際にイベントは楽しかったし、ハワイにも行きたくなってしまった。
クソッ……我ながら、なんて影響を受けやすいプレイヤーなんだッ……!
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
それにしても聖杯をふたつ、更にたまご肌霊衣を2着もプレゼントしてくれるなんて……。
なんというヒロイ
グエーッッ!!  
(ピンポイントに貴重素材を喰おうとする悪魔力で瀕死)


 
 
次回>>「延長戦02 弟になった日


 
 

  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス


TOP