ランス6感想 ランスシリーズ

ランス6 プレイ日記025 85点のオトコ

  
  

投稿日:2018年9月13日


 
 

カーマはランクエで登場し、その後アレでソレなことになった。
では、アルフラはどうなったのだろう?

成長した姿を見てみたかった。
もちろん、カーマ共々大人バージョンでもよかった。

うーん……ランス010に期待。

 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

恐怖の夜が明けて……

 

 
 

 
 

ロッキーの怖い話から一晩。
朝起きると、ロッキーの枕元に解毒剤が置かれていた。
丁寧に、ラベルに「ムシ使いの解毒剤」と書いてあるらしい。

他の誰でもない、ロッキーの枕元を狙ったのは、一番気付かれにくそうだったからかな?
それでもかなみくらいは夜の見張りに気を配って良そうなものだが、あえて見逃したのか。それともかなみだから気付けなかったのか……。

 
 
 
 

 
 

 
 

謎の訪問者はわからずとも、昨晩の一件で、なんとなく察してはいる様子のかなみ。
かなみひとりだけは、独り言のように“彼女”へのお礼の言葉を呟いてから、村を後にした。

ムシ使いの村跡の初訪問は、これで終わり。
えーと、また訪れるはずだが、それはもう少し後かな。
“彼女”が本格的に登場するのも、その頃か?

 
 
 
 

 
 

 
 

治療の甲斐あって、無事にカオルの体調も戻ったらしい。
回復早いな!
それも訓練の賜物か? 新陳代謝を早めることで云云かんぬん的な……?

ともかく、解毒に成功したのは何より。
疑っていたわけではないが、解毒剤も本物だったことが改めてわかった。
彼女には感謝してもし足りない。

治療後、すぐにカオルも戦線復帰した。
今回の離脱期間は短く終わった。中盤に長期間離脱する覚えがあるけれど、まだしばらくは先、かな?

 
 
 
 

治療後に発生した新イベント

 

 
 

カオルの治療を終えると、またドドッと拠点画面にイベントが増えた。
重要なメインイベントから、やはり重要なサブイベント。それにその他イロイロ……。
う~ん、猿玉がすぐには足りないな。
ひとつずつ、ボチボチ進めていくことにしよう。
極端に期限が短そうなイベントは、見たところ無い。と思う。

 
 
 
 

 
 

 
 

まずは無消費で見ることができた、シィルの体重計イベント。
シィルの身長と体重をはかり、イチャイチャした結果、SPが増える。
……なぜ増えたのか?
まー悪夢を見て増えるSPもあるし、そのあたりは雰囲気で受け止め、素直に喜ぶ。

SPが増えたぞー。
わーい、やったー。

 
 
 
 

 
 

 
 

同じく無消費で見られるウルザのイベントを見たり、子供たちと遊ぶロッキーを眺めたり。
以前のイベントで孤児院の雰囲気に親近感を覚えたロッキーは、その後はランス関係なしに頻繁に孤児院に遊びに行っているらしい。
やんちゃな男の子相手にも舐められているわけでもなく、ヒーロー扱いで好かれているようだ。少し意外だが、良い話。
どうもロッキーには兄弟がいたらしい。口ぶりからするに、弟が多かったのかな。

そしてウルザのほうは、いつも通りランスに命じられるまま……のようだけれど、ほんの少しずつだが、二人のやりとりにも変化が出てきたようにも思える。
ランスと会話したり疑問をぶつけられたりすることで、ウルザ自身が色々と考えることに繋がっているのかもしれない。

 
 
 
 

 
 

 
 

本日の審査員、カーマさんによる採点。
ランスの評価得点は……85点ッ!

うーん、高いのか惜しいのかよくわからない。
そして平然と人に点数を付けるとは、まるでランスのようなことをする。悪い娘だ。

だが、アイスフレーム内トップ(※カーマ評)のアベルトも、同じ85点なのか。
カーマの評価基準はどこにあるんだ?
顔だけでは無さそうだが、理想が相当高かったりするのだろうか。

 
 
 
 

 
 

玉も減ってきたので、少しストーリーも進めよう。
ペンタゴンに関する任務……の前に、現時点ではサブミッションに近い「ヘルマン皇子の保護」任務から進めよう。
文字だけでわかる!
アイツの話だ!

 
 
 
 

 
 

 
 

ヘルマン皇子がいるらしい……と噂されているのは、ランスとロッキーが物語序盤に捕まっていた“奴隷観察場”
にっくきぷぴぴー・ラドンの遊び場だ。あの場所でアベルトと出会ったことが、ランスたちの転機だった。

何度か行き来しているアベルトが行こう、という話の流れに、(美形でモテモテの響きだ……)と妙な勘繰りをするランス。
最終的にランスが立候補して、奴隷観察場に潜り込むことになった。

 
 
 
 

 
 

奴隷観察場に入ることができるのは、これが最後の機会

現時点でMAPが100%埋まっていない場合は、埋められる最後のタイミングでもある……が、今回の任務では隅々まで探索することはできない

“今回の目的地”より奥の場所が埋められていない場合は、残念ながら100%達成不可能になる
その場合は素直に諦めよう。まさにその罠に嵌った初プレイ当時の俺。

 
 
 
 

 
 

奴隷観察場は、男キャラしか入ることはできない
雑魚敵のレベルは序盤からそう変化はないようなので、スタメンが減ったことで苦戦するということは、まず無いと思われる。

しかしむさい。うーん、華が無い。
必要好感度が6、というのも意外と高いようにも思う。
ロッキー・バーナードはデフォルトで大丈夫だったと思うが、タマネギはタイミングが悪ければ足りないかもしれない。

 
 
 
 

 
 

 
 

懐かしの奴隷観察場。
ロッキーは暗い表情だったが、ランスは前向き。目標のためにノリノリだ。
さぁ、イケメン皇子を探そう!


 
 
次回>>「プレイ日記026 ヘルマンの皇子を見つけろ


 
 
  
  

-ランス6感想, ランスシリーズ
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP