FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント バトル・イン・ニューヨーク2018 プレイ日記01 乗っ取られた宴

  
  

投稿日:2018年9月21日


 
 

BOXガチャの用意はいいか!?  
 
去年末~今年始にかけては、やけに多かったように思えたBOXガチャ。
BOX系イベントとしては少し間が空いた形になった。
でも去年は無制限BOXガチャはネロ祭・クリスマスの二回だけだったような気がするし、やはり今年は多い印象。

ネロ祭は毎年恒例行事だったが、今回はまさかのギルによる乗っ取り事案。
とはいえ、やることはそう変わらない。
周回、周回、また周回だ。
普段はあまり齧らない林檎、久々にたっぷりと摂取するとしよう。

 
 
 
 

新たなる戦い

 

 
 

 
 

多くのサーヴァントで溢れかえる食堂。
その中で、最もご機嫌で最も輝いている我らがローマ・ネロ。

ネロ祭りも4回目か。
思えば長い付き合いだ。
FGOにおけるほぼ最古イベントといってもおかしくないものな。

……クラス別サーヴァント戦? 報酬が低レア?
ちょっと何の話かよくわかりませんね。
それにねぇ!
わりと弄られがちだし私も弄るけど、当時はフレポも低レア鯖も貴重だったから、わりとありがたいイベントでもあったんですからね!!(謎擁護)

オルレアンを進めるために小次郎が欲しいけどフレポガチャからなかなか出なくて、結局このイベントで入手したユーザーおるやろ?
ストーリーNPCジャンヌが選べない節の攻略、辛かったよな。

 
 
 
 

 
 

 
 

昔話はやめやめ!

現れたマシュの姿は第一部の時のギャラハッド入りっぽい鎧姿。
そしてロマンはおらず、ダヴィンチちゃん(大)は登場する。

今回も謎時空のようだが、まぁイベントで細けぇことは気にするな。
元気なダヴィンチちゃん(大)に会えるだけで嬉しいしな。

そして、優勝はさておき「十位以内」と具体的な目標を挙げていたマシュ。
ネロ祭って、順位とかあるのか。
ボックスガチャで過労死するだけの行事だと思ってたヨ。

 
 
 
 

 
 

 
 

和気あいあいと喋っていたネロたちの元にやってきたカリギュラ。
ネロと叫ぶ→穏やかな顔で黙る→詳しい話を叫ぶ、の流れがちょっと面白くてワロタ。なぜ間を挟んだ。
「いきなり落ち着くな!」のデスノコラを思い出す心境。

そしてカリギュラは、バーサーカーでありながら、正確な情報をもたらしてくれた。
どうもネロはローマ金庫をカルデア内(?)につくり、一年かけて資産を貯めていたらしい。
去年も一昨年も、ずっとそうしてくれていたのか……。
祭のために頑張ってくれていたんだな。来年もよろしくね。

しかし、金庫の中身がそっくり盗難に合うとは穏やかではない。
犯人は誰だ?
美男だ!? ウルクだ!?

 
 
 
 

 
 

 
 

【速報】もちろん、我だよ!!【知ってた】  
 
うーん今日もAUOは金色ぴかぴか。
テンションもアゲアゲでご機嫌だ。

ルルハワではキャスターギルでの登場だったのでやや落ち着きがあったものの、今回はバリバリのアーチャースタイルだ。
これは面倒くさいやつだ。

 
 
 
 

 
 

 
 

「男装のセイバー? えーと……アルトリア??」と一瞬マジで思った。
EXTRAの初期選択肢の頃から思っていたけど、ネロの服装を男装扱いは、頑張って贔屓目で見てもちょっと厳しい。
あんなおっぱいとケツで男装が出来るか!
しかしネロ本人が男装だと主張する以上、受け入れるしかないのだった。おわり。

そして謎(笑)だった内通者の正体もアッサリ露見した。
おっと、DEBUの久々の暗躍かい?
いいねぇ、懐かしいね。初期の定番だったもんな。
一周回って新しい。なのに実家のような安心感もある。

 
 
 
 

 
 

 
 

おっと、最後の文句も懐かしい。
PC版FATEのPVを思い出す。体験版の最後にあったやつ。

要するに、カエサルの内通で資産を強奪したギルガメッシュが、ニューヨークでお祭りをするから遊びにおいでという案内だった。

どうもルルハワでフラフラしていた頃から、このプランを練っていたらしい。
あの時のギルはキャスギルだったけれど、そのへんはどうなっているんだろう。
ま、なんでもいいか!

 
 
 
 

 
 

 
 

完全にイベントを乗っ取られてしまって、ネロもしょんぼりしているのでは……と思ったが、そんなことはなかった。
強い! えらい! かわいい! 器がローマ!

「喜んで貴様の挑戦に応じよう!」と笑い、周囲の英霊をも鼓舞する。
うーん本当に出来た子。

 
 
 
 

 
 

 
 

ネロがこう言ってくれるからこそ、ネロ祭だと思って準備していた面々も、心置きなくバトル・イン・ニューヨークに参加し直せるというものだ。
乗っ取られてしまってもポジティブに、『お祭り騒ぎ』に挑むネロはかわいいし格好良い。


今までと仕様が異なるからか、今年の対戦相手はまだ“予選”メンバーしか発表されてはいない。
冒頭で登場していた組み合わせ……アキレウス&イスカンダルや小太郎&段蔵なども、本選以降で戦うことになるのだろうか?

今回は一気にメンバー発表が無かったからか、オープニングも例年に比べると短めだ。
途中にシナリオが挟まったり、節目にシナリオクエストが発生する可能性もありそうだ。

カエサルの件といいギルの狙いといい、まだ完全に解明されきったとはいえないような要素も多い。
どんな話になるのか、楽しみだ。

さぁ……さぁ!
周回、しようか!!


 
 
次回>>「プレイ日記02 秋のおのれ祭り


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP