ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記29 4周目開始! ヘルマン2枚抜きからのシルキィ

  
  

投稿日:2018年3月25日





4周目、プレイ開始!

狙うは「空から」&「強行突破」
そして、今まで見たことのないイベントの回収も目的にしたプレイになっている。

4周目にして、初めて食券引き継ぎなんでもありでプレイ開始してみた結果の初宝箱が、上記の画像。

ケッセルリンクのメイドが序盤からジャンジャン出てくるのは地味に嬉しい。
使徒メイドの願いフラグ達成もしやすいし、何よりシャロンの「ごめんあそばせ」が凶悪に便利。


 
 
 
 
 
 
 




序盤のクエストで、初めてミカンもゲットした。
クリアA狙いではあまり活用しなかったが、ついでに狙う予定の「魔王を倒したが」エンド攻略の際には役立ちまくってくれることだろう。

「なんでもあり」は、おそらくだが今までのプレイ履歴でフラグ解放されたキャラに限って出てくる仕様なのだと思われる。
使徒メイドが出るのもケッセルリンク討伐をプレイ済だからだろうし、以前フラグ解放されていてもさすがにハウゼルやシルキィといった魔人は宝箱からは出てこない(と思う)。

2周目あたりで、まだ2~3しかない貴重なCPを「なんでもあり」に振るのは個人的にはお勧めしないな。
「なんでもあり」は面白いけれど、その結果難易度が劇的に変動することは無いと思う。
低周回のうちは部隊ランクや☆+5を優先するべきだろう。















ぶっ飛んで2ターン目ヘルマン!
あーん! バボラ様の足が死にかけ!
くすん……美脚薄命だ……。

上記面子の定番凍結コンボで、無事にクリアすることができた。
序盤の二枚抜きは難易度自体は低いが、部隊ランクも低いうちに挑まねばならないのが最大のネック。
その問題を、CPボーナスは解消してくれるのが本当にありがたい。

CP少なめで挑む際のポイントを上げるなら、最初のターンで凍結状態にすること。
ブーストイオの氷雪吹雪で狙う。失敗した場合はリロードしたほうがいいかもしれない。

その後は凍結状態が続いているうちにウスピラ・フルの氷魔法で一気に削る。
APと状況に応じて0AP攻撃やフルの3連突きを混ぜ込めば、そこまで苦労せずに倒し切れると思う。
ただし、低ターン低難易度での挑戦が重要。後に回すとHPがえげつない。















がはははー!
もっとだ! もっと褒めろ!!

戦力が足りない序盤の香姫+剣豪の組み合わせは非常に安定感がある。
「なんでもあり」故の面白さだ。
変な奴もザクザク仲間になっていくのが、単純に楽しい。











ヘルマン二枚抜きは初挑戦だったので、正直ビビっていたが……拍子抜けするくらい、余裕だった。
闇鷺もフレイアもきくさんも未入手、かつ0AP女性アタッカーのクルーチェ・紀伊も不在だったため、相当なリトライを覚悟していたのだが……。

基本戦法は「プレイ日記17 意味も無く夜ケッセルリンクにも挑む! あとポピンズ」と同一。
足りないユニットの代わりに男性アタッカーのロレックスを投入したものの、一度も落とされることなくクリアできた。

最初の数ターンの「男ダウン攻撃」をどれだけ防ぎきれるかが肝心。
私の場合は1ターン目は手裏剣で防げるまでリロード、2ターン目からは魔法バリアで防ぎつつ凌ぐ、といったやり方で切り抜けた。
闇鷺がここまでに加入していたなら、難易度は更に下がると思われる。

3周目の終盤で無理やり夜ケッセルリンクに挑んだ時の方が、何十倍も辛かったな。
難易度でのHP差が理由だろうか?
2ターン二枚抜きで臨むケッセルリンクのHPは100万だった。











次はリーザスにて、初のシルキィルートへ進む!
レキシントン通常討伐も見てみたいので、無理に二枚抜きはせず、順当に一人ずつ倒していく。

シルキィが小柄なのは知っていたけれど、ジュリアより低身長なのは予想以上だった。















初めてのルートなので、見たことのないシナリオが楽しい。
ハウゼルルートだとエクスやメナドが登場したけれど、こっちだとバレスの出番が多いのか。











と、「???」マスを踏んだら、突然リアとのイベントが始まった。
リーザスを進んでいるから、ではなく、完全にランダムだろうか?

なんと、リアとの運命の女イベントだった。電卓キューブ!
これも完全に初見のイベントだ。
リアが運命の女になった、というのは既にカードだか第二部だかで知ってはいたが、電卓キューブイベントまで用意されているとは思っていなかった。















えっ……すごく良かった……。
リアの扱いはなんだかんだで便利な女止まりを覚悟していたので、ここまできちんと描かれるとは思ってなかったからフツーにすごく嬉しかった……。

リアがランスのことをどれだけ理解しているのかが改めて描かれて、なおかつランスの好きなものの一部になれたことで夢が叶って「幸せぇ」と微笑むリアが本当にかわいかった。

またひとつのゴールに俺は辿り着いてしまったようだ……。
ここが俺にとってのランス10リアルートエンディングだ……。











スーとの正式な再会は、ここに当たるのかな。
肩に乗っている謎生物についてもようやく語られた。

シルキィルートはバレス一家やコルドバの出番が多い。
コルドバの生存フラグを立てるのは、結構難しいらしいが、いつかは狙いたいものだ。
全キャラの死亡フラグ折りまくり&クリアA狙いのプレイは一度やりたい。











秘書枠バレスかよ!!!!

リーザスでもマリスとかマリスとかスーとかアールコートとか他にもいるでしょうが!!
でもせっかくなのでバレスに設定してみた。飽きるまではバレスと一緒に進めていこう。

秘書枠の追加アップデートはぜひ欲しいな。
軍師三人娘は最低限欲しい。運命の女も欲しいけどさすがに人数が多すぎるか……。















おお! 第一部のアームズ初入手だ!
出番は前回の「地底大作戦」でもあったが、ユニットとして入手するのはこれが本当に初めてだ。
強力な「古代種殺し」スキル持ちとして、アミトスと共に頑張ってもらおう。

二枚抜きではないので、シルキィ初戦はさっくりと引き分ける。















戦闘としてはほぼ敗北に終わったが、死者は出ていない。
それも全てはシルキィの尽力故だった。
いや……良い子過ぎるだろう。心身共に、驚くほど強いし驚くほど善良な娘だ。

魔人になると歪んだり凶暴化することが多いという話だけれど、シルキィは一見するとほぼ影響がないように見える。
過去も現在も人類のことを想って戦い続けるシルキィは、真の意味で英雄だろう。















俺の秘書の貴重な触手サービスシーン。















シルキィの善良さを逆手に取った罠。
サテラにとってはトラウマめいた手段だが、それすらシルキィを完全に捕らえるには至らなかった。











ヘルマン二枚抜きをこなした以上、弱体化シルキィで苦戦することはまずない。
シャロンが便利すぎて、他の神魔枠の育成が進まないのが難点といえば難点。















無事、シルキィを仲間にすることができた。
外見の印象とは異なり、喋り方が大人っぽくてお姉さん染みているのがすごく良い。
こういうタイプにぼかぁ弱いんだよな。
ウルザとかベルゼアイとか、ランスよりお姉さんの立場な女子は最の高。


次回>>「プレイ日記30 自由都市解放! 翔竜山も登頂した


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-,

  関連トピックス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


TOP