ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記30 自由都市解放! 翔竜山も登頂した

  
  

投稿日:2018年3月27日





プレイ済の部分はザクザクぶっ飛ばしていく。
早くも今回の感想で9ターン目まで終了した。

「強行突破」狙いだと、ターン数が少なくて寄り道する暇がほぼ無かったのは軽い誤算。
やりたかったことリストが全然埋まってないぞ!
でも次ターンにはもう最終決戦だ!


 
 
 
 
 
 
 




4周目は、未回収だったイベントを見て回るのも目標のひとつだ。
初プレイの時から気になっていた、「クルックーの護衛」クエストに挑む。
準備フェイズに支援ができないのは痛いが、まぁなんとかなるだろ!
あとで辻褄が合わなくなって\(^o^)/オワタなんてことになる可能性もあるが、とりあえずガンガン進めていこう。















護衛クエストという響きから、敵地潜入の難易度の高いものかと予想していたが……意外と、のんびりとした道のりだ。
今更だが、もっと早いうちの周回で試してみてもよかったかな。
貴重なユニットも入手できるし、クルックーのかわいい姿もたくさん見られるしで、良いクエストだ。















二択では、悩んだがアムルートを選んでみた。
第二部をクリアしたこともあって、アム関連のイベントが気になっていたというのが最大の理由。
マグナムラスボスとして、緊張感のあるやりとりを予想していたが、意外とすんなり仲間入りしてしまった。

まぁ、この「すんなり感」こそがアムの恐ろしいところかもしれない。
アホの子サチコはさておき、キャロリさえ巧く言いくるめてしまう話術は危険すぎる。
この後の食券や裸イベントも、なかなかすごい内容ばかりだった……。















第二部をクリアした今、このイベントを見ると……なんともいえない気持ちになる。
クルックーは本当に救われたのか、幸せになれたのか、女神ALICEはあれでいいのか……とモヤモヤ考えてしまうけれど、最後のクルックーの表情を想えば、きっとあれでよかったんだろうと納得せざるを得ない。
それでも個人的にはまだ悔しい気持ちが強いな。
くそー、いつかマグナムでALICEを倒してやるからな(まだできてない)(できるかはわからない)。

孕んだ云々発言がどこまで本気なのかはわからないが、意外と本当に、この時に「彼(彼女)」ができちゃったのかもしれない。











5ターン準備フェイズは護衛クエスト、作戦フェイズはシャングリラ攻略を進める。
シャングリラは出現したらすぐにクリアしたくなる私だ。
そして6ターン作戦フェイズでは魔王探索、7ターンホーネット……なんて流れが定番になってきている。
城浮遊ならばホーネットは8ターンでも間に合うらしいのだが、ギリギリはなんとなく怖い。











ズコーッ!!!

どどど、どの面下げて宝箱から出てきとんねん!!
どつき回すぞボケナス!!!


などと騒ぎつつも、とりあえず確保はしておいた。
と、統合部隊にカード登録しておきたいだけなんだから!
勘違いしないでよね!!











俺氏、勇気を出してケイブニャン拷問に挑む。

大変ルートだと終盤にシャリエラ入手不可になるらしいので、当然今までは避けていた。
だが……そろそろ行けるんじゃないかなと思うわけだ!
レッツ大変!!















アムを入手済だと、ちょっとした会話が追加されていた。
ヤベー奴とも会話を成立させてしまうアムはやはりヤベー奴だ。
なお説得は失敗していた。















泥姫バイランローズ戦は、定番の氷属性パを組んでみた。
凍結状態にさせると行動パターンが鈍化するため、簡単にクリアができる。

シャングリラケイブリスも、周回を重ねてくるとまず苦戦はしない相手。
ヒューバートはなぜいるのだろう……。ダウンしたロレックスあたりと交代で出てきたのだろうか。

フォローするわけではないが、ヒューバートは立ってるだけ防御バフがわりと便利で良い奴だ。
カフェも立っているだけ攻撃力バフが非常に強力なので、ターン制限バトルなどでありがたい存在だ。
ヒューバート・カフェ・サチコあたりは、低レベルでも使いやすいユニットなので愛用しがち。











今回は「強行突破」狙いなので、ここはどうしても見逃すしかなかった。
しかし、悔しい。
強行突破狙い以外では絶対にやらないからな……。
ヘルマンとゼス絶対二枚抜きしたいマンとは俺のことだ。















「なんでもあり」でハニーキングを拾ったら、拠点フェイズでこんなものが出た。
一応改造はしてもらったが、結局あまりジュリアを活用しないままクリアしてしまったぜ……。
強行突破狙いはターン数に余裕が無くてな……。
あと、食券引き継ぎの影響で、既に食券使いまくっていたスタメンリーザス勢(リックリアアールコートetc)を育てるのに忙しくてだな。















初めてシルキィと一緒にホーネット奪還に挑む。
まぁ、普通に余裕にクリアできた。
初挑戦で盛大に挫折して以降、全然苦戦しないホーネット奪還クエスト……。
もはや最大の敵はターン制限ではなく「8ターンまでにリーザス魔人一体倒して挑むこと」かもしれない。
ほぼホーネットとコルドバが二者択一なんだぞ。

難易度を更に積極的に上げて進めていたら、もっと大変なのだろう。
今回の二枚抜きはヘルマンのみなので、現時点では難易度は低め進行だ。















CITY決戦はサーナキアやパステルにちょっかいを出さず、ずっとシィルとだらだらするパターンを初めて選んだ。
ランスが弱音や本音のようなものを内心で浮かべているシーンはよくあったが、はっきり口に出すのは珍しいように思う。
どうしたってスタッフロールラストを思い出してしまう……。















ユニット加入で増える会話あれこれ。
そういえば以前のパイエール退治ではレイはタイマン討伐してたから、連れてくるのは初めてだったか……。
マイペースな魔人同士のやりとりは、なんだか新鮮で面白い。

自由都市魔人は二枚抜きしてしまってもよかったのだが、レイ&パイアールの食券イベントを回収したかったため、ひとりずつ倒して仲間に加えた。
そのせいでターン数がギリギリになったのは否めないな……。
だが大侵攻狙いだと単体討伐する余裕はない気がするし、こればかりは仕方ない。















ついでに山登りでは頂上まで行ってみた。
パイアール討伐に戻れなかったらどうしようとハラハラしたが、ちゃんとルート合流してくれたのでホッと安心。

道中はいつも通り、キムチさん&アミトスアームズの古代種殺しコンビが大活躍してくれた。
休憩ポイントが無いのは辛いが、きちんと相手に合わせた戦法を取っていけるだけの戦力があればそう難しくはない。
ただし、難易度アップマスがあるのは要注意。今後に響かないといいが……。











8ターンも終了……と思ったら、初見のイベント。
ワーグがヘルマン領に出現した!
第二部では既に会っているけれど、まともに敵として相見えるのは初めてだ。

うわーそうか、ヘルマンか。最初に二枚抜きした国だからだろうか。
こいつは困ったな……。ワンチャン自動解放を狙っていたけれど、こいつは予想外だ。
ワーグ退治は全くやったことがないし、難易度も高そうだし……。
そもそもターンも残り少ないし、ちょっとキツそうだな……。











悩む……悩むが、残りターン数を考えると、ワーグの相手をする余力も時間もない。
とりあえず初志貫徹、まずは自由都市を解放させる!
自由都市解放は、「マリアの可能性」実績達成のために逃すわけにはいかない。















道中で、ケイブリスからの手紙を全力で読むハニ子を見かける。
馬鹿馬鹿しくてちょっと面白かった。
これは「???」マスのランダムイベントかな?
ますぞえ討伐済だったら見られないイベントなのかもしれない。

亜人ポピンズはそのうちまた行かないとな。
実績は達成したけれど、クエルプラン関連のイベントがまだあったらしいので、そのあたりを回収したい。
だが大侵攻や強行突破では暇が無さそうだ。
またそのうち海でも目指すか……。















大将軍への罠のために向かった悪魔回廊にて、懐かしい名前を耳にする。
第二部で出てきたネプラカス! おまえ、ここにもいたのか!
というか、こっちが先か。
フェリスの反応的に、6のフェリスイベントでも出てきたのだろうか……。
さすがにちょっと憶えていないな……。















親子の再会が、ここでやっと実現した……!
あー、よかった。本当によかった。
ランクエあたりからずっとムズムズソワソワしていたから、やっと安心できたぜ……!

とてもとても嬉しそうなダークランスとフェリスの姿を見ていると、本当に嬉しい。
できればダークランスとフェリスのカードを並べてやりたい……。けれど、ダークランス(小)のカードはあるのだろうか?
シナリオ的に、第一部でのダークランスは仲間にならないのかもしれないな。だとしたら少し残念だ。
「なんでもあり」にワンチャン期待。















散々脅かされたので、滅茶苦茶チキンな戦法を取ってしまったが……。
特に全然、苦戦はしなかった……。
くそっ、真面目に戦えばよかった。
スリープ毒強化呪いを揃えてチキってる、こっちが恥ずかしいじゃないか!

勝てたらいい。勝てたらいいのだ。
大したリターンは無いものの、フェリスとのちょっとした追加イベントが発生する。
うん、これはいい。戦った甲斐のあるものが見られた。















ダークランスのレア顔。
リセットや乱義といい、ランスの子供はレア顔が多いな……。

こんな良い笑顔を見せてくれた息子に、今から酷い事をする。











酷い事をした。

二人ともかわいそうなのは間違いないが、ダークランスが「どわあああ!?」みたいに叫んでいるのはちょっと面白かった。
女を意識しているダークランスの姿も、ある意味ではレアだ。
しかし実年齢はまだ4歳くらいだったっけ?
うーん、親父が鬼畜。











滑り込みで、なんとか自由都市解放完了!
今回はまず「強行突破」狙いで進めるので、次の10ターン目は早くも決戦だ。
忙しい! 忙しいぜ!!


次回>>「プレイ日記31 「強行突破」達成! 4周目はもう少し続く


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-,

  関連トピックス


TOP