FGO攻略・情報 TYPE-MOON

星4配布用参考資料in2018秋 おまけ編

  
  

投稿日:2018年11月8日


 
 

前回の記事では、私の独断と偏見を出来るだけ抑えて、フラットな視点で冷静に『星4おすすめサーヴァント』を、1テーマにつき1クラス1人の縛りの元に紹介していった。

今回はその縛りは撤回する。
そして、私自身の経験や嗜好を加味した文章で進めていく。
とても長く、雑然としている! しかし、あくまでもこれは「おまけ」記事だ!


 
 
   
【目次】
 
<アタッカーとして優秀なサーヴァント2>
柳生但馬守宗矩
ラーマ
茨木童子

<周回で優秀なサーヴァント2>
パールヴァティー
エレナ
タマモキャット

<優秀な支援係>
エリザベート
マルタ
不夜城のアサシン
エルドラドのバーサーカー

<その他>
ネロ
ジークフリート
鈴鹿御前
デオン
エミヤ
トリスタン
新宿のアヴェンジャー

<更にその他>
文字だけで軽く語る


 
 
(以下前回紹介済リンク)

<アタッカーとして優秀なサーヴァント>
ランスロット(剣)
アルトリアオルタ(槍)
カーミラ(殺)
ヘラクレス(狂)

<周回で優秀なサーヴァント>
アタランテ(弓)
アストルフォ(騎)
ニトクリス(術)
ランスロット(狂)

 
 
 
 

※本記事ではサーヴァント性能の詳細なネタバレを含みます

 
 
 
 

アタッカーとして優秀なサーヴァント2

 

 
 


柳生但馬守宗矩/セイバー 
アーツ単体宝具スト限

 
攻撃力 ☆☆☆☆
防御力 ☆☆☆
育成難易度 普通~やや難
レア度 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
攻防バランスのいいアーツアタッカー。
敵への攻デバフで、パーティの防御にも貢献できる。

【弱点】 
CT長めの複合スキルが多く、活かしきるには知識や経験が必要。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
特徴を活かすためには、ある程度の慣れが必要ではある……が、雑に使ってもそんなに問題はない。
使いやすい前のめりアタッカーならばランスロット(剣)、安定感やバランスなら柳生、といった感じか? 柳生はスト限な点にも注意したい。
第三~最終再臨素材は初心者には厳しいかもしれない。

 
 
 
 

 
 


ラーマ/セイバー 
バスター単体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆~☆☆☆☆☆
防御力 ☆☆
育成難易度 やや易
マーリンとの相性 ☆☆☆☆☆
 
 
【強み】 
CTの短いスター集中&クリティカルスキルが強力。
カリスマでの味方支援や、ガッツでの粘りもでき、メイン・サブアタッカーとしてクセが少なく扱いやすい。

【弱点】 
スター支援が必要不可欠。
宝具の特攻を活かす機会が限られる。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
最大の強みを活かすには、礼装や味方によるスター生成支援が必要不可欠。
NP効率もそれなりで、イベント礼装との相性はあまり良くはない。

 
 
 
 

 
 


茨木童子/バーサーカー 
バスター単体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆☆
防御力 ☆☆☆
育成難易度 やや易
スタメン狂の素質 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
攻防バランス良く、使いやすい狂アタッカー。

【弱点】 
防御力があるとはいえ、落ちる時は落ちる。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
『仕切り直し』『変化』である程度粘ることができ、バーサーカーとは思えないほど場持ちし易い。
安定感のある使いやすいバーサーカーだが、集中攻撃にはもちろん弱いので過信は禁物。
NP効率も狂としては良く、イベント礼装装備でも宝具を撃てる機会は十分にあり得る。
スキル育成できればなお良いが、できなくても強いため、素材が易しめ。

 
 
 
 

周回で優秀なサーヴァント2

 

 
 


パールヴァティー/ランサー 
クイック全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆
防御力 ☆☆
育成難易度 やや易~普通
味方支援 ☆☆☆
 
 
【強み】 
NP効率が良好。宝具には、ささやかだがNPチャージ効果もあるのが嬉しい。
スカサハスカディとの相性も良く、巧くハマれば宝具を連発可能。
味方にNP付与&回復するスキルが希少で面白い。

【弱点】 
ATK値が低く、バフが切れると火力がガクンと下がる。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
高回転が狙える全体宝具と、味方への各種支援が強み。
イベント礼装との相性も悪くない。
基本の攻撃力が低いことから、“なんとなく採用”では長所を活かしきれない可能性もある。
再臨難易度はそれなりだが、スキル育成など長期的に見ると、易しい素材が多め。

 
 
 
 

 
 


エレナ/キャスター 
アーツ全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆
防御力 ☆
育成難易度 やや易
周回支援 ☆☆☆☆☆
 
 
【強み】 
『魔力同調』はスキルマで味方全体にNP20配布する強力かつ希少なスキル。
各カードバフスキルも相まって、味方への支援が得意。
種火からイベントまで、各周回に貢献してくれる貴重な存在。

【弱点】 
NP付与量を考えると『魔力同調』はスキルマしたいため、育成の手間と素材が必要になる。
それぞれのスキルのCTは長い。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
味方へのNP・カードバフ支援をしつつ、自身も全体宝具で雑魚を減らしたり防御力を下げてくれたりする優秀なサブアタッカー(バッファー)。
スキルでの全体NP20付与は、特に星4以下では未だに貴重。彼女がいるだけで周回速度や周回編成が大きく変化する。……かもしれない。

 
 
 
 

 
 


タマモキャット/バーサーカー 
クイック全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆
防御力 ☆☆
育成難易度 普通
周回能力 ☆☆☆
 
 
【強み】 
『変化』と宝具の回復効果である程度粘れる、全体宝具バーサーカー。
最終再臨後の強化クエストで『変化(ランチ)』になると、デメリットのスタンも消せるようになり、より使いやすくなる。

【弱点】 
強化クエストをクリアするまでは、宝具デメリットのスタンが悩ましい。
アーツも少なく、NPは貯め辛い。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
イベント周回よりは、普段の種火や宝物庫周回などで活躍してくれる全体宝具バーサーカー。
使い勝手を考えると、できれば強化クエストもクリアしておきたい。が、種火3WAVEを主に任せるならば、不可欠ではない。
粘れるとはいってもゼロからNPを貯めるのは厳しく、イベント礼装との相性はいまひとつ。

 
 
 
 

優秀な支援係

 

 
 


エリザベート/ランサー 
バスター全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆
防御力 ☆☆
育成難易度 やや易
味方支援 ☆☆☆~☆☆☆☆
 
 
【強み】 
強化クエスト後の『嗜虐のカリスマ』が独特かつ強力。
敵防デバフ効果も合わさって、味方女性の攻撃力を大きく上げる。

【弱点】 
本人に爆発的な攻撃力はない。
『嗜虐のカリスマ』の追加バフは本人および男性は対象外なため、相手を選ぶ。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
サブアタッカー~サポーターとしての活躍が狙える。
初期実装鯖であるため、スキル構成・NPスター効率などは良くも悪くもシンプル。

 
 
 
 

 
 


マルタ/ライダー 
バスター全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆
防御力 ☆☆
育成難易度 普通(再臨は易)
特殊支援 ☆☆☆☆☆
 
 
【強み】 
強化クエストをこなすことにより、スキルで「味方全体弱体解除」「敵単体強化解除」をこなせるようになる。
強敵から高難易度まで、様々な場面で役立つ。

【弱点】 
強みを活かすためには強化クエストクリアが必須。
本人の火力は低い。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
弱体解除・強化解除をスキルで即実行できるのは大きな特徴にして長所。
高難易度で敵味方の厄介バフデバフに対応する際に、まず挙がる候補のひとり。
その一方で、普段の周回などでは火力不足に悩むこともある。
ライダーとしては珍しく手持ちにアーツが多いため、宝具はわりと打ちやすい。

 
 
 
 

 
 


不夜城のアサシン/アサシン 
クイック単体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆
防御力 ☆☆
育成難易度 難
味方支援 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
味方全体の攻撃力と(自分以外の)Qカードを強化する『女帝のカリスマ』が独特かつ強力。
皇帝特権の効果はランダムだが、回復は確定なため安定感がある。

【弱点】 
『女帝のカリスマ』の追加Qバフは本人対象外。
スキル育成はもちろん、再臨素材もかなり厳しく、育成難易度は高い。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
Qカードの多い味方アサシン等の火力支援をしつつ、自分も戦うサブアタッカーとして優秀。
支援メインに見るならば、イベント礼装との相性は気にならない。
再臨二回目で“万死の毒針×15”を早くも要求するなど、初心者には育成素材が厳しいかも。

 
 
 
 

 
 


エルドラドのバーサーカー/バーサーカー 
バスター単体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆☆
防御力
育成難易度 普通
味方支援 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
「バスターで殴れば敵は死ぬ」を体現したような超攻撃型アタッカー。
バーサーカーとしては珍しく、味方支援スキル2種も持っている。

【弱点】 
防御力は皆無に等しい。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
超攻撃型でありつつ味方の支援も可能なのが特徴。
バフを撒いてバスターで殴るだけで十分強い。その場合、礼装にも縛られないのは利点のひとつ。
育てた『黄金律』でのNPチャージや仲間等のサポートを揃えていけば、イベント周回での活躍もあり得る。

 
 
 
 

その他

 

 
 


ネロ/セイバー 
アーツ全体宝具スト限

 
攻撃力 ☆☆☆
防御力 ☆☆☆☆
育成難易度 易
レア度 ☆☆☆
 
 
【強み】 
幕間クリアで追加されるスキル『三度、落陽を迎えても』が最大の特徴。
HP回復スキルと合わせて、かなりの粘り強さを発揮する。

【弱点】 
味方の支援はほぼ出来ず、自身の強化も不安定なので攻撃力は控えめに感じる。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
『三度、落陽を迎えても』による三回ガッツが彼女の特徴にして一番の強み。
殿単騎や特定高難易度などで真価を発揮する。
周回では活躍し辛いが、持久力が持ち味なので、イベント礼装で特別困ることも少ないか?
ただし、ガッツ付与礼装との相性は良くないため要注意。

 
 
 
 

 
 


ジークフリート/セイバー 
バスター全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆(竜特攻☆☆☆☆☆)
防御力 ☆☆
育成難易度 やや易
独自性 ☆☆☆☆☆(竜特攻)
 
 
【強み】 
スキルと宝具による竜特攻が非常に強力。

【弱点】 
ATK値が低く、竜属性の相手以外だと火力が物足りなく感じる。
強化クエストが多く、強みを発揮するまでに手間と時間が必要。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
ドラゴン系エネミーは言うまでもなく、竜属性の英霊もわりと多いため、周回でも活躍の機会はある。
ランサーアルトリアやエリザベートはドラゴンステーキになっちゃう。
特攻が効く機会以外では、ATKの低さが悩みどころ。

 
 
 
 

 
 


鈴鹿御前/セイバー 
バスター全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆☆
防御力 ☆
育成難易度 やや易
使いやすさ ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
クセの少ないパラメーター&スキルで、使いやすい剣全体宝具。
宝具で星出し→クリティカルの運用はエミヤに近いものがあるかもしれない。
NP獲得スキル&必中も嬉しい。

【弱点】 
スター集中率はそれなりなので、クリティカル運用を主にする場合はサポートがほしい。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
『才知の祝福』のおかげでNPも得やすく、シンプルに使いやすい全体セイバー。
ぶっ飛んだ特技は無いが、礼装や仲間のフォローによってクリティカルアタッカーから星出しサブアタッカーまでこなす。
再臨素材は比較的易しいが、スキル育成を求めるとグッと難易度が上がる。

 
 
 
 

 
 


デオン/セイバー 
アーツ(敵全体に確率デバフ)宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆
防御力 ☆☆☆☆
育成難易度 やや易
味方保護 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
『麗しの風貌』による自身へのターゲット集中が最大の持ち味。
『心眼』と合わせれば、宝具をも凌いで長時間味方を守り切る。

【弱点】 
強みである『麗しの風貌』取得には第三再臨必須。
確率魅了・デバフの宝具は、正直使い勝手は悪い。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
☆2の優秀な盾役ゲオルギウスに近い性能を持つ。
彼との違いは、クラス差のおかげでスター集中し過ぎない点・ATKもそれなりにあるので通常攻撃に参加できる点あたり。
状況に応じて使い分けたり、二人合わせて強力なフレアタッカーを守り続けたりと、戦略の幅が広がる。
盾役に特化しているため、アタッカーや周回担当には向かない。

 
 
 
 

 
 


エミヤ/アーチャー 
バスター全体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆~☆☆☆☆
防御力 ☆☆☆
育成難易度 普通
イベント特攻率 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
強化クエストで変化するスキル『鷹の瞳』の倍率が凄まじい。
『鷹の瞳』使用後に宝具で星出し→クリティカルという運用は鈴鹿御前に近いかもしれない。

【弱点】 
強みを活かすならば強化クエストクリアは必須。
アーツチェインを狙えない場合、NP効率はあまり良くない。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
本人にスター集中スキルはないが、アーチャークラス自体がスター集中率高めであることから、比較的容易にクリティカルアタッカーとして活躍可能。ただしオール弓パやライダーを混ぜた編成では、当然スターが散るので要注意。
イベント特攻枠になることが比較的多く、持っているor育っていると恩恵を受ける機会が多いかもしれない。

 
 
 
 

 
 


トリスタン/アーチャー 
クイック単体宝具スト限

 
攻撃力 ☆☆
防御力 ☆☆☆
育成難易度 やや難
特殊支援 ☆☆☆☆
 
 
【強み】 
『治癒の竪琴』による味方全体への回避1回付与や、『騎士王への諫言』での敵強化解除など、便利なスキルを保有したサブアタッカー(サポーター)。

【弱点】 
自身の強化スキルを持たず、クイック多めのカード構成もあって、火力が出辛い。
強力なNP増加(最大50)スキル持ちだが、自身に宝具封印付与のデメリットが悩みどころ。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
デメリットを解消すれば周回にも組み込めるが、ハードルはやや高い。
特徴的な支援スキルをメインに捉え、高難易度や強敵戦での活躍を主と考えてもいいか。
スト限枠であり、レア度はかなり高い。

 
 
 
 

 
 


新宿のアヴェンジャー/アヴェンジャー 
クイック単体宝具恒常

 
攻撃力 ☆☆☆
防御力 ☆☆
育成難易度 やや難
器用さ ☆☆☆
 
 
【強み】 
貴重な恒常アヴェンジャークラスの単体宝具。
敵の強化解除スキルも保有するなど、わりと器用。

【弱点】 
有利クラスであるルーラーが敵になる機会がそもそも少なめ。
弱点を突く機会&手持ちバスターカードの少なさから、火力が出辛く感じられる。

【追記(※個人的感覚で語る要素強め)】 
機会は少ないが、いざルーラーが敵に回った際に、フレと合わせて手持ちアヴェンジャーが居るとグッと安定感が増す。
強化解除やクイック供給役として、他クラスのサポートに徹するのもアリ。その場合、讐クラスのスター集中の低さなども強みになる。
ルーラー以外には有利を取れない点・火力の物足りなさはやはりネックになる。
素材的にも性能的にも中級者以降向けかもしれない。

 
 
 
 

更にその他

 
[アルトリアオルタ/全体/スト限
宝具火力トップクラス。
スキルやNP効率は少し惜しい。

[ガウェイン/全体/スト限
バスター三枚。幸運が高いせいか、わりとスターを吸う気がする。
NPは貯め辛い。聖者の数字に浪漫を感じてスキルマにした。

[ケイローン/単体]
優秀な支援係2。
バフを自身にかけても良いし味方にかけても良い。
ただしスキル育成は後半キツい。

[ヴラド三世/単体]
優秀なアタッカー3。
素のATKの低さは気になるが、悪属性特攻単体は使いやすい。

[李書文/単体/スト限
必中&無敵貫通をスキルで使い分けるのが便利。
アーツメインなので火力は控えめに感じやすい。
ピックアップの機会が少なく、かなりレア度が高い印象。

[アン&メアリー/単体]
ほぼ初期仕様のスキルは正直キツいが、クリティカル&HPに応じて威力が上がる宝具は魅力的。
スカディサポートで威力も伸びやすい環境になってきたか?

[マリー・アントワネット/全体]
スカスカシステムに適性ありとの話だが、宝具ランク低めでは威力が厳しい。
無敵は強力。ヴィヴ・ラ・フランス!

[ギルガメッシュ/全体]
スキルは全て強いけれどCTがキツい。スキル育成もキツい。
宝具もスキルもバランスが良い分、決定打には欠けがち。
夏に青シャツを着る。

[エジソン/全体/スト限
『概念改良』スキルの浪漫と可能性はスッゴいけど使い道は悩ましい。
自バフがないせいか、宝具威力が厳しい。

[ナーサリーライム/全体]
スター供給係と並べることで優秀なクリティカルアタッカーになる。
巧くハマればメッチャ楽しい。
その楽しさ目当てによく遊ぶ。

[ミドラーシュのキャスター/単体/スト限
浪漫砲のクリティカル威力アップスキルを使いこなすのは結構大変。
支援(+自バフ)もなかなか優秀だが、スキル育成難易度は高い。
アーツ単体宝具はかなり貴重。

[メディアリリィ/回復/スト限
FGO全体でもわりと珍しい回復超特化型。攻防支援はできない。
ピックアップの機会少なめ。幕間が楽しい。

[フランケンシュタイン/全体]
宝具火力トップクラス。
デメリットのスタン(+やけど)が厳しい。
種火3WAVE担当としてならば十分活躍できる。

 
 
 
 

最後に

 

「更にその他」ではいっそ全キャラ紹介しようかとも思ったけれど、さすがに冗長が過ぎるので控えた。

前回の前置きで語った通り、結局は好きなサーヴァントを選ぶのが一番良いと思う。
そのうえで、何らかの参考になればということで、私なりに資料を作ってみた。

あくまでも2018年秋時点での情報に基いているデータである点は、ご注意いただきたい。


 
 
  
  

-FGO攻略・情報, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP