FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント 雀のお宿の活動日誌 プレイ日記07 美少年&美少女はいねぇが

  
  

投稿日:2019年1月16日


 
 

主人公たちの問題だけではなく、『閻魔亭の抱える問題、謎』についても少しずつ明かされ始めてきた。
そっち方面はすごくシリアスな話……のはずだけれど、今回出てくる敵の皆さんはツッコミ所満載。
シリアスな空気がブレていく……!
 
 
 
 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

招かれざる客

 

 
 

 
 

「なかなかのお客入りチュン!」と喜ぶ雀たちの真似をするフォウくんが相変わらずあざとい。しかしカワイイ。
この時点で、『修理』すべき客間は全て処置が終わったのだったかな?
ただ、まだこの時点では温泉が封鎖されたままだったりもするので、全てが万全の状態とまではいえない。

 
 
 
 

 
 

 
 

改築やお手伝いで表立って活動している主人公たち。一方で行動が見え辛い新所長はというと、プロパガンダを担当していたらしい。
このあたりは成人ならではの着目点なのかもしれない。フィンや玉藻の前は考えていたかもしれないが、主人公たち未成年では『宣伝・情報の重要性』みたいなものは見過ごしがちだろう。

ここの場面で「カルデアに通信したんですか?」と問われて慌てていたのは、まだ『通信機器を紛失したこと』を仲間には黙ったままでいるからこそ、かな。
後ろめたいせいか、そのあたりは内緒にしたままで誤魔化しっぱなしの新所長。

主人公達が怪しむこともなかったが、「善意が私を追い詰めていく……!」と渋い顔をする程度には、良心も傷んでいる様子だった。
“小悪党らしさ”をどんどん失っていく新所長……。マズいよ……このままだと、本当にただのマスコットキャラになってしまうよ……!

 
 
 
 

 
 

 
 

英霊到来による閻魔亭の繁盛っぷりに、驚いている居候組。
……って、蛇庄屋! 久しぶりじゃないか、蛇庄屋!
あの奉納殿での騒ぎ以来か? あれからどうしていたんだ? あの場から逃げ出して、その後どうなっていたんだ??

うーん、蛇庄屋の立ち位置がまだ今一つわからない。
てっきり『あの場からいつの間にか姿をくらました』のかと思っていたけれど、新所長が指摘する様子もないし……。
うーんうーん、わからないけれど、今は考えても意味がないのかもしれない。
さしあたり新所長やフィン達が蛇庄屋を危険視したり、注意を促していない限りは、あまり考えすぎるのも逆に視野が狭まってしまうのかもだ。

 
 
 
 

 
 

 
 

なんて騒いでいるうちに、招かれざる客までも閻魔亭にやってきてしまった。
一文無しで泊まりに来た“暴れん坊の竜種”か。危うい感じだ。しかし、いかにも昔話っぽくもあるシチュエーションだ。

美男も美女も好きな両刀疑惑の蛇庄屋だが、竜は苦手らしい。
『蛇』庄屋だし、蛇と竜は似たジャンルといえなくもない気がするけれども。同族嫌悪みたいなやつ?
そんな蛇庄屋曰く、「閻魔亭に泊まれば元の権勢を取り戻せる」と考えて強引に泊まろうとする悪霊はたまにいるとのこと。
果たしてどんな悪霊なのか……。

 
 
 
 

 
 

 
 

これは ひどい

 
 
 
 

閻魔亭の抱える問題

 

 
 

 
 

むなしい戦いだった……。
しかし、なかなか厄介な相手でもあった。

シナリオ前のクラス表記は『???』だったし、開幕チャージMAXで即宝具なうえ、ブレイク時もチャージMAXに無敵貫通付与という嫌がらせっぷり。
酷くないか? 戦略もクソもねぇよ!!

宝具が単体、というのは一応救い。
また、クラス相性で有利なサーヴァントならば、宝具一発くらいなら耐えられたりもする。私の場合はジャンヌが被弾し、生き残った。

フォーリナーに強いアルターエゴをパーティに加えていると尚良いだろうが、『???』相手では準備が整っている可能性も低い。
それでもまぁ、なんとかなった。

 
 
 
 

 
 

戦いを終えて、猿長者からチクリと嫌味を言われた。
態度こそ穏やかだし、のらりくらりとしているけれど……なんとなく、胡散臭い男だ。
わかりやすく怪しい蛇庄屋や、明らかに何かを隠している虎名主よりも、この男が一番気になるというか、底が知れない感じで不安を覚える。まぁ、現時点では当てずっぽうの難癖レベルだけれど。

 
 
 
 

 
 

 
 

信仰が薄れていく時代に取り残されていく閻魔亭。
それでも、細々とではあっても、経営としてはうまくいっているはずだった。

だというのに、閻魔亭が衰退していく謎……。
その問題について、猿長者は『500年前に起きた事件』について軽く触れた。

詳しくは語らぬまま、不安だけ煽って猿長者は去っていく。
しかし、言い方によっては、“アドバイスを送った”と見えなくもない……か?
うーん、やはり猿長者の立場や考え方はまだよくわからない。
果たして主人公達にとって敵なのか、味方なのか。

 
 
 
 

 
 

 
 

500年前の事件については誰もが口を閉ざすと猿長者は語っていた。
紅閻魔に至っては、あえて黙っていたようにも見受けられた。
それは後ろめたさや悪意に基いているわけではなく、単に「主人公達に無用な迷惑をかけないため」なのだとも思われる。

気にはなるけれど、無理に聞き出すのも良い流れとは思えない。
さり気なく情報収集しつつ、引き続き閻魔亭のために働いていこう、と方針を定め直した主人公達。
フィンは、どうもこうなることまでも見越していた様子だった。うーん出来る男……。フィオナ騎士団長……。輝けるフィン・マックール……。

 
 
 
 

温泉の悪鬼羅刹

 

 
 

 
 

ヒャー、またドババッとクエストが増えた!
眺めの良い客間に接待用客間に厨房に……ええい、何から手を付けていけばいいのか……!

とりあえず、ここは素直な欲求に従って、『温泉を修理』だッ!
ひとつ気になっていたのが、他の改築クエストとは異なって、『温泉を修理』だけでは満足度が追加されない点。
どうやら二段重ねの改築クエストになっていたらしく、更にAP消費&戦闘も必要になっていた。
温泉を焦らしおる……。

 
 
 
 

 
 

 
 

初期から一番の難題として挙がっていた“温泉封鎖問題”。
それにようやく挑むということになり、改めて雀から事情を説明された。

温泉に陣取った悪鬼羅刹の怨念。
酒と美少年と美少女を求めて、更に『自分より強いものと戦わないと満足して消えない』などと言い張り続けているとは……一体何武蔵ちゃんなんだ……。

 
 
 
 

 
 

 
 

馬鹿馬鹿しいことこの上ないけれど、暴れん坊竜種戦に引き続き、なかなか難易度の高い戦闘になっている。

敵は宝具こそ使ってはこないが、高体力のブレイクもち。更に周囲に取り巻き付。
ブレイク後のトドメは、サポートであるセイバー・ディルムッドがトドメを刺さない限り、永遠にガッツをし続けるという初見殺し仕様……!

下手にスタメンにサポート(=ディルムッド)を入れておくのは危険すぎると思われる。
普通にアーチャー中心にギリギリまで削り切って、「あと一撃」の状態にしてから、オーダーチェンジでディルムッドを呼び出してトドメを任せるのが定石だろう。

マスター礼装をカルデア戦闘服にすることだけは忘れないように、要注意。
オダチェンなしだと、タイミングを計るのがなかなか面倒くさくなる。事故の危険性も上がる。

 
 
 
 

悲しい戦いだったネ

 

 
 

 
 

わかっていたけれど、悲しい戦いだった……。
戦いってものは、勝ったとしても、いつだってむなしさしか残らないんだよな……。

 
 
 
 

 
 

何にせよ、無事に温泉が解放された。
これでフリークエストにも温泉(男湯&女湯)が追加されることになる。
性別縛りはやや面倒くさいが、ドロップ率が上がるだけでもありがたい。
カリュドーン狩スキルマのアタランテが火を噴くぜ!

 
 
 
 

 
 

 
 

そして、何やら仲良し(?)になっている蛇庄屋&ゴルドルフ。
新所長は「なぜだろう?」と言っているけれど、実際なぜなんだろう。

蛇庄屋の好み……といっても、ちょっと前は普通に美男美女にはしゃいでいたか。
まぁ、美男美女は目の保養であって、好きなタイプはゲテモノなのかもしれない。
温泉で新所長の貞操の危機ってか?
うーん、びっくりするほど興味が湧かないな!
もしもの時は、新所長は自力でなんとか頑張ってくれ!


 
 
次回>>「」


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP