ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記41 「魔物界大侵攻」クリア! CP全回収達成だ!

  
  

投稿日:2018年4月9日





「クリアA 魔物界大侵攻」達成!

酷い目にあったりもしたが、無事に余裕を持ってクリアすることができた。
大変だったけれど、頑張ってよかったぜ……。

結局ストーリー的には「海から」がメインだったような気がするけれど、「魔物界大侵攻」は様々なキャラが登場するオールスター逆転劇といった雰囲気で気持ちの良い終わり方ができた。
沢山の仲間と共に、人類軍を率いて敵と戦う爽快感。
散々苦労したからこそ、より晴れやかな気分になれたのだろう。


 
 
 
 
 
 
 




14ターン!
人類軍も目標数値100万に無事達することができた。
魔軍討伐の文字と青色で埋め尽くされている画面を見るのは、気分がいいぜ!















ついに大進軍作戦、開始だ。
ヘルマン番裏の砦に集結するのはヘルマン軍とリーザス軍。
ギスギスしそうな大国同士だが、今回ばかりはランスの元で協力して戦うことになる。
簡単に割り切れるものではないし、内心は穏やかでない人間もたくさんいるのだろうけれど、それでもこういう形で共闘することができたのは、とても素晴らしいなとプレイヤー目線では思ってしまう。

これを機に平和な関係を築いていってほしい……なんて、そんなうまく行くわけがないのは十分にわかってはいるけれど、それでも一時的にでも共にあれたというのは、輝かしい記録として歴史に残ると思うのだ。
そうしていつかは、再び手を取り合えたなら、と願う。















ゼスと自由都市はマジノラインに集結。
このあたりは、国からの距離や人数の多さ故の振り分け方なのだろう。

ランスたちはそのどちらなのかと思いきや、中間点に近いカラーの村跡地からの進軍だった。
パステルがブチ切れててクソワロタ。
そりゃ切れるわな。
跡地になった原因はほぼほぼランスの放火だしな。















ホーネットがはっきりとランスを認めて、サテラを褒めたのは、ひょっとしてこれが初めてだったのだろうか。
ランスが何かやらかしてはフォローに回ったり、「良いところもあるんです!」「すみません、こいつバカなんです!」みたいな目にあいまくっていたサテラが、嬉しそうに誇らしげに満面の笑みを浮かべているのが……無茶苦茶嬉しい。

さぁ……準備は整った!
突入開始だ!
ぶちかませ!
やったれオラオラァー!!















ケッセルリンクなら俺の隣で吸血鬼飛ばしてるよ。















大進軍クエストにおける、重要な条件分岐。
14ターン以内かつ100万以上の兵力を揃えていない場合は、おそらく強制リタイアに終わる。

再度やり直しはおそらく許されない、バッドエンドまっしぐらなルートになると思われるので、しっかり準備を整えておこう。
ああでも、クリアCくらいには辿り着けるのかな?
試す予定は特にない。















ヒューバートの貴重な活躍シーンだ!
中ボス以上クラスの敵を相手に、タイマンで勝つのは普通に考えたら凄すぎるだろ。
派手な見せ場こそ10では全体的に少なかったが、戦果と功績は十分以上だ!

ヒューバートが得た重要情報を、補強したのはホーネット。
正しくは、メガラスだった。

10本編では早くに亡くなり、その姿を見ることはできなかったメガラスだが、彼の残した様々なものが今に繋がり、彼の仲間たちを生かしてくれている。
悲しむより、感謝するべきだろう。それでも、生きているルートもひとつくらいは見たかったなというのが本音だ。
テラの食券イベントでも、彼について触れていた。他にもあるだろうか。また探していこう。















大進軍イベントの良いところは、やっぱり活躍キャラの多さだ!
その分メインの掘り下げは少なくなってしまうが、そのあたりは海や空に任せればいい。
今まで強敵だった奴らも全員が結託して、最強最悪の大ボス相手に戦うというこの熱さ!
少年ジャンプ連載漫画終盤の世界編みたいな、そういう感じのオールスター感と豪華さが見どころだ!!

個人的には連載終盤あるあるのオールスター世界編は雑に思えて正直好みではない。
しかしランスに関しては許す!
全部許すぞ!
贔屓だ!!















ラストのケイブリスは、さすがになかなかの強敵。
ダウン攻撃やヒーリングまで使い、更にターンによってパターン変化するなど、面倒くさい仕様がたっぷりだ。
ここまで難易度を上げに上げていたので、攻撃力もHPもともかく高い。
そう思うと毒や呪いを使った方がよかったかな。しかし異常回復もわりと使ってくるしな……。

悩みつつ、手裏剣メインでダラダラやって勝利した。
オススメ戦法、ではないと思う。
ダラダラやっているのでターンが無駄に嵩むわりに、事故の可能性もまぁまぁ高いので失敗するとかなり落ち込む。
あと、今回は結局最後まで闇鷺がゲットできなかったので、変わり身係が不在だったのもわりと辛かった。















それでも、押し切った!
倒した!
ケイブリスを真正面から倒し、美樹も救出することができた!!











ケイブリスの描写や戦いの〆方は、「海から」「空から」ルートの方が良かったのは間違いない。
だが、こういう爽快感のある王道的な終わり方もいいものだ。
完全勝利、という感じで気持ちがいい。
やったぜ! ヤッター!!!















……そして、久しぶりにゆっくり見るエピローグ。
どうしても最近は飛ばしがちにしていたが、今回はちゃんと見よう。

悲しい事もあるけれど、どれもこれも名シーンばかりだ。
おうちに帰りたい、というシィルの言葉を覚えていたランス。
驚きのあまり少し混乱したランスを一喝し、ちゃんと見るように言ってくれるパットンの存在。
安いお茶っ葉のほうが好きだとわかっていたシィル。
後悔したくないからと、覚悟を決める健太郎。















無事、「クリアA 魔物界大侵攻」を達成することができた。
これにてエンディングコンプ、CPは全部回収完了だ!
いやー、長かったようで短かった。
もう未見のエンディングがないなんて……まだあまり考えたくないな。
まだもう少し、ランス10を楽しみたい。

……だから、まだまだ俺の戦いは終わらないぜ!
次は、実績&食券回収のための6周目を開始する!!


次回>>「プレイ日記42 第三回食券感想まとめ


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-,

  関連トピックス


TOP