ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 延長戦27 【ランス6縛り⑦】久しぶりのカスタムルート

  
  

投稿日:2019年8月8日


 
 

ランス6キャラが主に活躍する『ゼスで魔人退治』は後半実行予定なので、しばらくは実質準備期間となっていく。
ここまでガチガチに用意を固めておいて、「目標全然達成できなかったよ、アハ」なんてことになったら目も当てられない。

……が、そのあたりは大丈夫だ。今回の日記は、実を言えば『成功を確認したからこそ』書き始めた面もある。
問題は、日が経つにつれてプレイの記憶も薄れていく点だろう。
持ってくれよ、俺の記憶ッ……!
 
 
 
 
※延長戦記事では第二部の内容に触れることもあるためネタバレ要注意

 
 
 
 

ぶらり自由都市の旅

悪魔ママ

 

 
 

引き続き自由都市を移動中。
通りがかった悪魔回廊にて、フェリスを呼び出して昔話に興じるなどする。

今では天使からも悪魔からも追われる身になっているフェリス。
悪魔の件はランス6にて、天使の方はランクエで描かれていた。
全ての元凶は他ならぬランスなのだが、『人間との間に子供を産む』罪の要因として、ランス6ではダークランス自身が己の存在を嫌悪する理由にもなっていた。
ランスに憎しみを向けながらも、「おいらのせいだ」と最後には呟くあたり、年齢には見合わぬほどの苦しみをダークランスは当時から抱いていたっけ。

 
 
 
 

 
 

軽い感じでダークランスの話を振ると、強い勢いで「冗談でもやめて!」とフェリスが反論する。
母子二人の場面が描かれることは少ないけど、母親としても息子としても、お互いをきちんと深く愛しているんだよな。その点だけでも、フェリスとダークランスは幸せだったと思う。

弱味があるからか、最近のフェリスに噛みつかれるとランスはひるみがち。
ちょっと気まずそうにするランスとフェリスのやりとりは、独特で面白い。元夫婦っぽい生々しい居心地の悪さが、プレイヤー目線では新鮮で楽しい。

……そういえば、フェリスの加入イベントはまだ発生していない。
今回もテキストには登場したが、明確にカードとして戦力に加わったわけではない。
???イベントで高確率で加入するので、まー焦らずともそのうち仲間になるだろう。フェリスも貴重なリーダー採用可能枠。

 
 
 
 

ハーフ息子

 

 
 

 
 

タッチの差でフェリスが帰ってしまったため、今回は会えずじまいの悪魔母子。
その代わりに、ダークランス&リセットの兄妹のホッコリシーンを楽しもう。
ランクエで知り合ってから、そこまで多くの時間を共に過ごしてきたわけでもないのに、すっかり『兄と妹』として関係が出来上がりつつあるこの二人。
誰にでも無邪気に絡むリセットはさておき、ダークランスの方もリセットに対して明らかに優しいところが興味深い。
かつてのダークランスにとって大事なものは母だけだったが、その輪が少しずつ広がっている感じだ。
第二部に繋がる、『家族を大事にする』性格が着々と形成され育っていっているのがよくわかる。

 
 
 
 

船か戦車か

今回は戦車

 

 
 

 
 

ズバーッとすっ飛ばして、カスタムorジフテリアの選択シーン。
普段のプレイでは、海ENDのためにジフテリアを選びがちなので、今回はカスタムルートを選んでみることにする。
こっちのルートだとミルが確定で仲間に加入してくれるのだが、残念ながら使用不可能枠だ。

逆ルートではリーダー採用可能な志津香を得られるのだが、内容的にはジフテリアよりはカスタムの方がランス6に繋がる部分があるような気もする。
ダークランス的な意味で。

 
 
 
 

意外な関係の構築

 

 
 

 
 

眼鏡ブス呼ばわり再び。
三年前から語彙の幅が変わってねぇ……のかと思ったが、「名前を知らない」のが理由だったらしい。
それにしても他に言い方があるだろ。

マリアとは何度か顔を合わせたことがあるけど、名前すら知らなかったのか。
っつーか、ランスやリセット以外の面子はほぼ名乗り合ってさえいないのかな?
付き合いは長いけど、ランスの仲間たちとの関係性は意外と浅かったんだな。
悪魔は名乗れないので、そのあたりも理由かもしれないが。

 
 
 
 

めがねっこ加入

 

 
 

カスタムルートをゴールまで踏破すると、確定マリア宝箱!
しかも選択肢三つの内、二つがマリアという大盤振る舞い。
あっ……このチューリップ3号、統合部隊にない!?
マジかよ、ゲットしたことなかったのか!?
どれだけジフテリアに行きまくってるんだよ……。海大好きか?

ほ、欲しい。
正直かなり欲しいが、ここではマリアを選ばずにはいられない。
また今度、改めて回収しに来ようとメモメモ。

 
 
 
 

 
 

予定通り、マリア加入!
言うまでもなくリーダー採用可能キャラ。
カスミと同じ累積攻撃「チューリップ」も嬉しいし、支援配置スキル「直属隊出動」も強い。
特に直属隊については、今回のプレイでメッチャクチャ活躍しまくってくれた。

レベル違いカードも活躍予定。
……というのも、今回のリーダー採用可能ユニットの中には、『支援解除』できるキャラがメッチャ少ない
必然、「陣地砲撃」に頼る機会が増えまくる。
本縛りにおけるマリア(&カスミ)、獅子奮迅の大活躍予定。

 
 
 
 

目的は魔人退治

魔想姉妹に幸あれ

 

 
 

 
 

裏では魔人退治が進行しているのだが、本筋には無関係(?)なのですっ飛ばしていこう。
もちろんゲーム上ではちゃんと戦っているしテキストも読んでいる。
パイアールとカオスがほぼ会ったことさえなかったり、レイがガイを「ペテン師」呼ばわりしたり、ノスのことを一応ランスが憶えていたり……魔人が関係してくるシナリオだと、色々と面白い発見や気付きもある。シンプルに楽しい。

……が、それよりも大事なのは魔想姉妹の近況だ! 
二人が仲良く楽しくキャッキャしている様の確認だ!!
 
 
カスタムルートを選んだ以上、今回の志津香&ナギの出番は少ない。
少ないが、それでも色々とわかることは多い。ナギがランスやその仲間にかなり懐いている点だったり、ランスがマリアに手を出しそうと思いつつも「邪魔するんじゃないわよ……」くらいで志津香のコメントが終わったり、そもそも同じ部屋で読書したり一緒に過ごしたりするくらいランス・志津香間の関係性が穏やかになっていたり。

うーん、三年前と色々と変わり過ぎている。
何かあったに違いない(棒読み)。

 
 
 
 

 
 

 
 

今回は二枚抜きを狙ってはいない。
普通にシナリオを進め、普通にレイに不意打ちをし、普通に裏切りを阻止し、普通に最後には仲間全員でボッコボコにする。
そのため、ある意味では気楽な道中でもあった。

『カチューシャorセシル』の分岐では、今回はセシルをチョイス。
???イベントや拠点フェイズでの勇者の女シリーズをチェックしたい、というのがその理由。

 
 
 
 

ボス戦終了

 

 
 

 
 

何も恐れるものはない……と思っていたが、無敵結界の破壊可能なランスが近接タイプしか用意できなかった点はちょっと失敗だった。
捕獲ランスを用意してから来ればよかった……。それさえ用意しておけば、タイマン勝利も出来た気もする。

想像していたよりちょっと苦労もしてしまったが、結果的には無事に勝利。
ヘルマンに続き、ウスピラの活躍が目立つ戦いだった。

ま、ともかくこれにて魔人レイも討伐完了!
自由都市がちょっとだけ平和になった。


 
 
次回>>「延長戦28 【ランス6縛り⑧】魔王はさっさと回収しておくに限る


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP