ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 延長戦29 【ランス6縛り⑨】クルックーの護衛

  
  

投稿日:2019年8月16日


 
 

6要素を蒐集する以上、避けては通れぬ『クルックーの護衛』。
各国の支援状況にも不安はあるのだが、こればかりは仕方がない。
それぞれ自力で頑張ってほしい!

 
 
 
 
※延長戦記事では第二部の内容に触れることもあるためネタバレ要注意

 
 
 
 

【TURN4】ラスト

食券を男に使う

 

 
 

 
 

『魔王探索』クエストを終えて、三枚の食券が溜まっていた。
まず一枚はサイアスに使っておこう。
千鶴子と同じく、メインシナリオの設定的にはゼスに留まっているはずのサイアスが、ウルザを訪ねてランス城にやってきたエピソードになっている。

いつもの調子で「ボーヤ」と呼びかけようとして、総統閣下と言い直すこのシーン。
ランスに気を使った、というよりは、周囲に心配りして呼び方を変えたっぽい。

ランス6の頃はわざとボーヤ連呼をしていたりもしたけど、三年を経た今でもサイアスのランス扱いはあまり変わらない。
周囲や環境への気配りはあっても、ランス個人に対してはそこまで特別に気を使ってはいないイメージだ。
それでもランスにギリギリ殺されないあたり、サイアスの距離の取り方とバランス感覚も巧さがよくわかる。

 
 
 
 

 
 

かといって、仲良しこよしなわけでもない。少なくともランスの側はサイアスを「気に食わん」と思い続けている。
サイアスの地位と背景を聞いたサチコの感想がドストレート。
サチコはいつも良い事を言うな。本作の名言製造機。

 
 
 
 

昔馴染みの女性たち

 

 
 

 
 

リーダー採用ユニットが少ないので、早くも食券に被りが出てきた……。
ってことで、カスミ二枚目。そしてキムチさんにも一枚使う。
キムチさんに「甘えん坊」呼ばわりされているザンス。実際に赤ん坊なんだからどうしようもないんだが、まー普通にウケる。
第二部でオラついている兄貴達の赤子時代を眺めていると、なんともいえない優越感をちょっとだけ覚える俺。器が小さい。

 
 
 
 

 
 

 
 

キムチさん食券一枚目で好きなのが、この顔!
いつも穏やかな微笑みを浮かべているキムチさんが、ちょっと怒るとワクワクしてしまう。食券感想でも似たようなことを言ったな。

……そういえば、キムチさんが登場するのもランス6以来かぁ。
ウルザやロッキーとは違って、イラストとして描かれるのも6以来?
ランクエあたりのCGの背景で登場していたかな?

美しいよな~、ランス10のキムチさん。6の頃はカワイイ寄りだったけど、グッと大人の色香が増した。色気がありつつもカワイさも残り、それでいて母性と包容力もBINBINに感じる。
こんなちょい年上お姉さんに憧れない男子とか居るのだろうか、いや居ない。

 
 
 
 

ターン終了

 

 
 

 
 

さて、拠点フェイズ。
どれを選ぶか悩むところだが……ここは、完全に新しいユニットの入手を優先することにした。
『裏方コパンドン』にて、通常コパンドンカードをゲット!
ここまでに通常コパンドンを入手していた場合、別バージョンコパンドンを手に入れることも可能だった。
そっちも欲しいので、もう少し残しておくべきかと悩んだが……素直に通常入手だけで今回は手を打とう。

魔物と人間の大戦争が勃発していても、相変わらず商人として元気いっぱい、巧い具合に立ち回り続けるコパンドンが頼もしいイベントシナリオ。
そんな彼女が未来を信じて努力を続けられるのは、他ならぬランスへの信頼故だろう。
「うちの大吉君」という台詞と笑顔に、コパンドンの目いっぱいの愛情と信用を感じる。
やっぱり俺、コパンドンのこと、ダイスキ(※唐突な告白)。

 
 
 
 

 
 

これにて【TURN4】は終了。続いて【TURN5】が始まる。
【TURN4】にて得られた新しい戦力は……ナギとコパンドンくらい?
そろそろ面子が揃ってきたというのもあるけど、ちょっと寂しいな。
レベル違いのカードならば、他にもちょくちょく得られている。序盤で手に入れたカロリアの他、千鶴子・サイアスあたりを既にゲットしたはず。


戦況画面によると、今回の犠牲者数としては……。

魔人討伐ゼロ&戦果オールゼロのリーザスは5万6000人の被害。
魔人一人討伐&戦果ゼロの自由都市は2万7000人の被害。
魔人二人討伐&戦果ゼロのヘルマンは1万0000人の被害。
魔人討伐ゼロ&戦果2のゼスは1万6000人の被害。

……という結果だった。
リーザスの被害具合は変わらないが、他の地域は前ターンとはちょっとずつ数値が変わってきている。

っつーか、リーザスの被害具合が結構ヤバくなってきたな。
毎ターン5万以上って、エグくね? リーザス兵がいなくなっちゃう可能性。
現時点で、リーザスの残り総兵力は15万4000人だ。頑張れリーザス。たぶん次ターンも同じくらい減る。


どうでも良いけど、川中島戦力の「団長BS」のアイコンがBS(サチコ父)ではなくモブテンプルナイツになっている。
仕事中は兜を被るから? それともBSアイコンを用意するのが面倒くさかっただけかな。
うん、やっぱりどうでも良いか。

 
 
 
 

ゼスをフォローできないターン開始

シリーズ結末ですぐ感極まる癖が治らない

 

 
 

【TURN5】開始!
予定を組んだ通り、今回は準備フェイズで『クルックーの護衛』、作戦フェイズでは『自由都市で魔人討伐2』を行う。

今まで毎ターンせっせとゼスに戦果を付け続けていたが、今回は出来ない。その点に少し心配はあったが、いずれ通らずにはいられない道だ。
一回や二回くらいは乗り越えてくれるだろう、とゼスの底力を信じたい。
何度崩壊しても持ちこたえる、そのド根性を見せてくれ!

 
 
 
 

 
 

 
 

【TURN5】冒頭でのシィルの伏線イベント。
色々知った後に見ると、クルックーの言動が興味深い。
また、一連のトラブルにおけるランスの感情の変わりっぷりも面白い。
シィル食券三枚目や第二部終盤、時を遡ってランス9真エピローグやランス6ラストなど色々なものを思い出す。
そのあたりについてジックリ考え始めると、感動が感動を呼んで意識がとっ散らかってしまうので注意しよう。

なお、今回のランスの優しさはマリアから見れば「正直、ちょっと怖い」レベルだった様子。
かなみには「偽物のランスとか?」とまで言われた。草。

 
 
 
 

法王の護衛に行こう

 

 
 

 
 

さて、準備フェイズでは『クルックーの護衛』を行う。
クルックーもかわいいし内容的にも興味深いクエストではあるが、メインシナリオクリアだけを求める場合は不可欠とは言えないサブ的な任務。
単に効率だけを考えるなら、こんなクソ忙しいタイミングでこんなことをやっている暇はない。
5・6ターンのみってさぁ……いっちばん、困るんだよねえぇぇッッ!!(クソデカ大声)

しかし、某キャラクターを仲間に加えるためには行かないわけにはいかない。
ここは腹を決めて、イベントを楽しむとしよう。
道中、それなりにALICE教徒として真っ当なロッキー&サチコが仲良くしているのが、まずちょっと面白い。
二人ともセルさんやその他教徒のように真面目な信者ではないが、「神様は大事にしましょうねー」「そうだすねー」くらいのユルいノリが近い奴らだ。
ALICE教の裏を知っているプレイヤーとしても、それくらいならば感情移入しやすい。

一方、クルックーもクルックーで、ALICE教を信じる仲間や教団員に対して、それっぽい良い話をしつつ彼ら自身の命を優先して守れるように弁を振るってくれる。
慣れないだろうに、わりと頑張っているよな。気を遣うクルックー、優しいしかわいいしサイコーじゃない?
一昔前の彼女なら、きっとこんなことは出来なかっただろう。
ランスや友達の影響で、どんどん人柄が柔らかくなっていることが知れて、ともかくニヤニヤが止まらねぇよ。好き(※唐突な告白2)。

 
 
 
 

護衛をした理由その1

 

 
 

 
 

イベントを進めて、まず狙いのひとり。
「なんでもあり」じゃないとここでしか出てこない(※多分)、セルさんをゲット!

もちろんリーダー採用可能。
ランス6ではアンデッド対策&援護射撃との組み合わせで大活躍してくれたスキル「浄化」は、本作では等倍魔法攻撃スキルになっている。アンデッド以外でも等倍なのがありがたい。
アタッカーとしても十分に役立ってもらえるので、新たな自由都市所属リーダーとしての活躍が期待される。

自由都市には既にバーナードを始めとするユニットが複数所属しているけど、セルさんは光属性&魔法攻撃アタッカーという点が特徴的。
ガンガン頼らせてもらおう。

 
 
 
 

護衛をした理由その2

 

 
 

 
 

控えのメリムに鍵を開けてもらったりしつつ、辿り着いたのは運命の分岐路。
キャラクターとしての魅力は甲乙つけがたいが、今回の縛りプレイの方針を考えると実質一択。
……っつーか、お前を迎えに来るためにわざわざここまで来たといっても過言じゃないぞ!?
感謝して、キビキビ働いてくださいよ!!

 
 
 
 

 
 

 
 

哀れな使徒オーロラが仲間に加わった。
コイツは「なんでもあり」でさえ、このクエスト以外では手に入らないのが厄介(だったはず)。
なんでもありじゃないじゃん……! おじいさん、それは言わない約束でしょ。

クルックー&ランスから現実をぶつけられてもオーロラはへこたれない。
アベルトの名前をランスが口にする貴重な機会でもあるな。名前が出ること自体が6以外だと珍しいしな。
……実際、どうやってこの魔血魂からジーク様を復活させるんだ?
上書きをキャンセルすることって可能なんだっけ?

 
 
 
 

あとはシィルのヒーリングしかない

 

 
 

クルックーとイチャイチャして、これにてクエスト終了。
セルさんとオーロラを拾うためとはいえ、世界情勢を考えるとリスキーな寄り道だ。
でもクルックーがかわいいのでオールオーケ。


何気に使徒オーロラは、本縛りにおいて初登場の神魔枠だ。
そのうち他にも加入予定ではあるが、タイミングが何時になるかはまだわからない。
もうちょっと揃ってきたら、枠解放も検討しよう。

オーロラはレベル違いカードこそ無いけれど、三連撃に低確率行動阻止効果のついたスキル「パンチャー」は悪くない使い心地。
消費APは重めだが、十分活用可能だ。手裏剣すら乏しい我々には貴重な存在。

そして想像以上に嬉しかったのが、0コスト回復スキル「状態回復」持ちである点ッ……!!

実は今回の縛りプレイ!!!
「状態回復」持ちはオーロラしかいない!!!!

つまり!!
オーロラ様ってことだ!!!


 
 
次回>>「延長戦30 【ランス6縛り⑩】永久地下牢での死闘


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP