トトリのアトリエ

トトリのアトリエ プレイ日記15 各キャラのEDフラグ・後編

  
  

投稿日:2019年8月21日


 
 

ジーノ・メルヴィア・ロロナ・ステルクのフラグは完遂できた。
残るはあと二人。
そして個別エンドの回収が終われば、トゥルーエンドに一直線だ!

 
 
 
 

約束の遺跡へ行こう

古の巨大ロボット

 

 
 

 
 

次はマークのラストイベント。
実行した日付は6年目1月12日。いよいよ残り時間も少なくなってきた。

しかし朗報がひとつ!
この少し前に、無事にトトリのレベルが目標である50に到達していた!

あとはミミの経験値も少し稼げば、ミミのフラグも確定だ。
意図しないタイミングで確定してしまうのも困りものなので、ここはミミを一回パーティから外しておく。

 
 
 
 

 
 

 
 

プレイ日記08 致命的なフラグミス発生」の頃にマークから頼まれていた、『一緒に約束の遺跡へ行こう』という約束をついに果たす。
待たせたなマーク。どんだけ待ったんだ?

現れたのは古の巨大ロボット。鉄巨人だ!
もちろん戦闘にはなるが、オルトガラクセンを別宅として愛用しているトトリ様の敵ではなかった。

 
 
 
 

即勝利

 

 
 

 
 

戦闘で破壊してしまったが、内部ユニットを持ち帰る事には成功した。
マークもニッコニコで、珍しく素直にトトリにお礼を言う。
オタクっぽいし天邪鬼なところもある男だが、なんだかんだでトトリを信頼しているのは間違いないのだろう。
戦力的に必要だったという面もあるかもしれないが、一昔前のマークならば、鉄巨人相手でも一人で乗り込んでいたような気もするし。

 
 
 
 

マークイベント・後日談

 

 
 

鉄巨人戦イベントは、メルヴィアイベントと同様に実行しただけで自動的に13日経過してしまう。その点はちょっと注意したい。
そして更に15日後、後日談が発生。こっちは自動的に過ぎるわけではないのでダイジョーブ。
孤高の天才科学者、プロフェッサーMの語る『素敵な物』とは一体ッ……!?

 
 
 
 

 
 

ドド・ドーーンッッ!!!
ついに誕生、究極ロボット・マクヴェリオンだァーッ!!
 
 
男の子に大ウケだったのはもちろん、大人しい女の子にも「格好いい!」と大人気。
マークが求めていた、あらゆる子供が喜んでくれる発明品がついに完成だ。
巨大ロボットの完成はマークにとっての夢や理想でもあったのだろう。
すごいぞー! かっこいいぞー!!


これにてマークの最終フラグもクリア
最終日にマークの交友値が最も高ければ、彼の個別エンディングを見ることができる。

 
 
 
 

最後のひとり

最強の女たち

 

 
 

 
 

マークフラグも無事にキリが付いたので、最後の一人。
ミミと共にダンジョンへ潜り、彼女のレベルが50にアップした途端、その場でイベントは始まった。

『世界一の冒険者になろう』と話をしたのが「プレイ日記12 泡と消えた豊漁祭」の時。
あの時はミミは、トトリも一緒に世界一になることについては「考えておくわ」なんてツンデレていた。
しかし今や、彼女たちは二人そろって冒険者レベル50だ。
もはやこのような狭い土地に収まる器ではない……!

 
 
 
 

 
 

はしゃぐトトリに軽く釘を刺しながらも、ミミは笑顔だった。
昔に比べると、表情が本当に柔らかくなったな。
ツンツンしたがる癖が抜けきったわけではなさそうだが、以前よりもずっと自分の気持ちに素直になれているように見える。


長かったミミのエンディング条件も、これでようやくクリアとなった。
最終日にミミの交友値が最も高ければ、彼女の個別エンディングを見ることができる。

もちろんトゥルーの条件(所持金orちむのパイ)を完全に満たさないように立ち振る舞う必要があるので、その点は最後まで厳重注意で行こう。

 
 
 
 

求めるエンディングに向けて

個別エンドとトゥルーエンドを分けていく

 

 
 

さて、ここまで終わった時点でセーブデータを複数保存。
トゥルーエンドを目指す用のデータを残しつつ、『トゥルーエンドにならないように個別エンドを見ていく』データを、ここからは進めていこう。

私のプレイスタイルだと、ちむの作業は放置していたので、ちむによる調整は諦めている。
所持金を50万以下に抑えておくことで、トゥルー条件を未完了にさせる予定だ。

 
 
 
 

 
 

この時点で、最終日かつエンディング決定日……6年目6月1日までは、4ヵ月弱の日数が残っていた。
この日数、基本的にトトリは寝て過ごすことにする。

本作では一気に数ヵ月寝ることは出来ないため、強制的に一週間毎に寝直す作業が必要になるのだが、そうやって寝直すために目覚めた際に“仲間からのクエスト”は発生しやすい。
もちろん錬金作業で調節してもいいし、何にせよ「アトリエに籠る」ことで“仲間からのクエスト”を発生させて、『今回目指すキャラ個別エンディング』のために特定キャラクターの交友値を突出させる。

なお当然のことではあるが、アトリエによって“仲間からのクエスト”が発生するキャラクターは違う点には要注意。
アランヤ村のトトリのアトリエならばジーノ・メルヴィア。
アーランドのロロナのアトリエならばロロナ・ミミ・ステルク・マーク。
たとえばミミの交友値を上げたいならば、寝たり錬金作業するのはロロナのアトリエで行おう。

 
 
 
 

 
 

また、エンディングを見終わってからの『セーブ』も必須。
PSvitaの場合、トロフィーはセーブせずとも得られるのだが、だからといってセーブせずに終わらせると、エンディングリスト・CGがゲームそのものに登録されない。

こんな作業で面倒くさがって、うっかり登録しそびれる奴とかおらんやろ……と思いきや俺がまさにやらかした。


 
 
次回>>「プレイ日記16(完) 楽しかった錬金生活


 
 
  
  

-トトリのアトリエ
-

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP