ドラクエビルダーズ2

ドラゴンクエストビルダーズ2 プレイ日記056 大灯台とローラの門

  
  

投稿日:2019年9月2日


 
 

オッカムルで拠点範囲が広がった時にも驚いたけど、ムーンブルクは更に凄い速度で敷地が広がっていく。
出城があったり、ミナデイン砲のような巨大建築物が複数個必要だったりと、どうしても広いスペースが必要になってくるからなんだろう。

メインとなるムーンブルク城(と周囲施設)も、もうちょっとゆとりを考えて広めに作っていけばよかったかな。
未だにモンゾーラのトラウマが心に残っていて、大胆な建築に不安と躊躇いを覚えてしまう。

 
 
 
 

ムーンブルク最後の大建築

勇者の末裔

 

 
 

 
 

アトラス(の部下)の力に怯える仲間たち。
そもそもアトラスはサイズからして明らかに規格外でもある。

どうやって勝てばいいのかと悩む兵士たちに、喝を入れたのは他でもないムーンブルク王だった。
まさか……まさかここにきて、王様の秘められし力が解放される展開?
言われて今更思い出したけど、確かに王様はムーンブルクの一族である以上、勇者の血を引いているのは当然だ。
正史で活躍したのは彼の娘だったが、その父親である彼も直系の一族のひとりであることに変わりない。

……しかし、「それっぽいナニカ」って何さ?
言いたいことはわかるけど、雑ッッ!!!
結局……ほぼ、丸投げッッ!!!!!

 
 
 
 

アトラスを迎え撃て!

 

 
 

だがそんな無茶ブリでもこなしちゃうのが俺たちビルダーなんすわ(イキり)。
アトラスを倒すための新魔法兵器、『ミナデイン砲』を作ろう!

どうやら設計図は3つに分かれているらしい。
恒例の「最後の大建築」がコレってことかな?
いよいよラストが見えてきた。
……にしては何も解決してないというか、むしろ島に到着したころより悪化しているものもある気もするが……。

 
 
 
 

シドーの不在

 

 
 

 
 

主人公が無茶ぶりに答えたのも、シドーを解放してもらうきっかけにしたかったのかもしれない。
だが、直接頼んでも、王は首を縦には振ってくれなかった。
ぐぐぐ……。王が悪いわけではない(たぶん)けど、苛立ちがつのるのは否めない。
その奇妙な“進言”をした家臣って誰だよ? ハッキリ言え!

 
 
 
 

 
 

 
 

今までの城壁や出城作りとは異なり、今回は材料を仲間が集めてくれるスタイルだった。
や……やっと大理石掘りの日々から解放されるのか!?
ありがてぇ、ありがてぇ……!
もうそろそろ、マジで大理石を掘り尽くしそうで気が気じゃなかったんだよ!

設計図の塔作りは皆に任せて、いつも通り主人公はキーアイテムを探しに冒険に行く。
そして普段なら、そんな主人公に付き合ってくれるシドーだけど……今回は、主人公とアネッサとリックの三人だけでの探索となった。

 
 
 
 

 
 

こっちが疑っているせいで、そう見えるのかもしれないけど……。
なんだか、どんどん胡散臭さが増しているような気がする。
ちょっと前まで、ここまであからさまではなかったよな?
相手側も焦っているのか、それとも“詰め”の段階が近付いて油断しているのか……。

 
 
 
 

オーブを探せ

フライトゥザシー

 

 
 

 
 

キーアイテムを求めて、『女神像の視線の先にある大灯台』とやらを探そう。
件の女神像は、昔に小麦の種を手に入れた宝箱の傍にあったアレだ。
以前は小麦の種に夢中で気付かなかったけど、確かに海の方角を向いている。
見渡す限り、薄暗い空と海しか広がっていないようだけど……恐怖を押し殺して、飛んでみるしかない!

海上の移動の際は、竜巻が突然現れて、避けるミニゲームみたいな仕様になっていた。
い……いらねぇ~~~~!
鬱陶しい! 大した弊害でもないけど面倒くさい!!
原作ドラクエ2から存在したトラップなんだろうか?

 
 
 
 

不思議な大灯台

 

 
 

妙な魔物の姿が現れては消えたり、妙な雰囲気の大灯台。
そもそも出入口がどこなのかわからねぇ……!
正解ルートがチンプンカンプン。何か見逃したのだろうかと不安を覚えてきた。

扉っぽいものを見つけたと思いきや、バネの力でボイーンと吹っ飛ばされてしまう。
何か意味があるのか?
それとも単なる嫌がらせ?
……わからん!!!

 
 
 
 

 
 

 
 

破 壊  
 
わからねぇものは全て破壊する。
邪魔なものを全て破壊していけば、やがて何かに辿り着くだろう。
ワイが……ワイこそが、破壊神や!

 
 
 
 

強引に進む

 

 
 

 
 

とりあえず押し入ってみたはいいけど、正規ルートではなかったせいか、やっぱりよくわからない。
それでもハチャメチャに移動して行った結果、運よくゴールっぽい場所に辿り着くことができた。
ラッキーラッキー。俺は“持ってる”。

 
 
 
 

 
 

 
 

無事、キーアイテムである『ちからのオーブ』をゲットだ!
道に迷った以外、大して苦労はしなかったな。
だが明らかに変なルートを通ってしまったので、大灯台を隅々まで調べられたとは言い難い。
そのうちまた来よう。できればシドーと一緒にな。

帰還する直前、アネッサが大灯台について呟いていた言葉が少し気になった。
「まぼろしでも見ているような」、か……。

 
 
 
 

二つ目のオーブ

みんなのデイン

 

 
 

パワーをメテオに!!  
 
皆の力が塔に集まり、緑色のバリバリしたエネルギーに変化した。
これで一本目の塔が完成だ!

作業がひと段落してはシドーについて相談し、あしらわれを繰り返し(怒)、次の塔の設計図を描く。
今度は『まりょくのオーブ』が必要らしい。
ハイハイ、取ってきますよ! 取ってくりゃいいんだろ!
帰ったらシドーと話をさせてくれよ!! なおさせてはくれない模様。

 
 
 
 

わしにも話せぬことはある

 

 
 

 
 

次の行先はローラの門。
アネッサが大灯台でも抱いた疑問を口に出すと、王様が変な反応を示す。
何を隠しているのだろう?
前にも王様は「知ってしまったし、思い出した……(意味深)」と言っていたけど、結局その話も続きを教えてくれないままだ。
ここに来て王様が裏切者だったオチはないとも思うけど、どうも変な感じ。

 
 
 
 

水中では戦い辛い

 

 
 

 
 

海に沈んでしまったというローラの門。
理由は気になるが、今はまりょくのオーブを見つけることが最優先だ。

水中で呼吸を続ける方法として、『貝がふきだす空気を捕まえる』やり方をマリンスライムに教えてもらう。
へ~、そういうのがあるのか。前作ではあったっけ?

 
 
 
 

 
 

水中ではSTゲージがじりじりと減っていく。
貝からプワッと出てきた泡(空気)に触れると、STゲージは満タンに回復する。

やり方さえわかれば、溺れる心配はそこまでない。
ただ、水中では動きがかなり遅くなるので、イメージ通りに動いたり武器を振るったりできないのは厄介だ。
戦闘の際は、いっそ貝の上に立って、近付いてくる敵を斬る……みたいな戦い方をしているとSTゲージの心配はないのでアリ。ただし時間はちょっとかかる。

 
 
 
 

 
 

水中では何がなんだかよくわからなかったが、宝箱からはまりょくのオーブを無事にゲット!
これで二つ目の塔も間もなく完成する。
いよいよ終わりも近い……!


 
 
次回>>「プレイ日記057 地獄へと続く道


 
 
  
  

-ドラクエビルダーズ2
-

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP