FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント 見参!ラスベガス御前試合 プレイ日記11 クレイジーファミリー(偽)

  
  

投稿日:2019年9月5日


 
 

昨年の設定に更に磨きをかけてきた水着ジャンヌ。
そ……それでいいのか!? いやよくないだろ!?
『FGO主人公にとっての恋愛対象にはできないからこその“姉”』というバランス感覚が生み出した恐るべきモンスター。
ヒロイン力を失う代わりに、外付け姉設定がガンガンに暴走している。
誰か……誰か止めて!
このままじゃ『姉を名乗る不審者』として歴史に残っちゃう!
時既に遅い説もある。
 
 
 
 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

ぶっとびシスター

 

 
 

 
 

ミュージカルとサーカスを組み合わせた独特のショーで人気を博している、カジノ『シルク・ドゥ・ルカン』
四つ目のカジノであり、北斎にとっては六人目の対戦相手である水着剣豪・ジャンヌ(弓)が支配人を務めているという。

カジノというより、ほぼ完全にショーがメインになっている感じかな?
ラムダリリスの『水天宮』に雰囲気は少し近いのかもしれない。

また、支配人はジャンヌでも、サーカスの団長としてショーを引っ張っているのはメフィストフェレスらしい。
クセだらけの言動はそのまま、仕事に対しては意外と真面目に取り組んでいるのがシュールだけどなんとなく微笑ましい。
メフィストフェレスとジャンヌといえば、ジャンヌ自身の幕間でも少し絡んでいたりもしたっけ。

 
 
 
 

 
 

 
 

支配人の元へ案内してくれたのは、白いワンピース姿が眩しく美しい水着マリーだった。
詳しく言及は無かったと思うけど、副支配人的な立場なのかな? 単純に支配人の友人ってだけかもしれない。

相変わらず喧嘩っ早い北斎の挑戦にも優しく微笑み、すんなりとジャンヌの元へと通してくれる。
ジャンヌはジャンヌで、『果たし状』なしでも早くも会ってくれるっぽい。
フットワークが軽いというか懐が広いというか、今までの支配人達とは全然違うタイプだ。
これなら話も早く済む……。

 
 
 
 

 
 

 
 

相互理解など不可能。
此処に居るのは、空虚な瞳持つ海獣なり。

 
 
 
 

狂気に負けるな

 

 
 

 
 

一時撤退。
むしろ永遠に撤退し続けたい。

鮫がどうとか水着剣豪がどうとか以前に……なんというか……言葉や道理の通じない、純粋な恐怖と狂気しか感じないよ!!

ヤダヤダ!!!
もう行きたくない!!!
ヤダ~~~~~~!!!!
(玄関ホールで醜くギャン泣き)

 
 
 
 

 
 

 
 

鮫くらい平気だ、とナイムネを張るラムダに引きずられ、再び支配人(と鮫)の御前へ。
だがしかし……敵は鮫だけではない。
さすがのラムダも、鮫への対処は知っていても、姉への対処は知らなかった。

……ヤダヤダ!!!
もう行きたくない!!!
ヤダ~~~~~~!!!!
(二回目)

 
 
 
 

 
 

 
 

じ、地獄ッ……!
頭がおかしくなりそう!
いや既におかしくなっているんだけど!!

去年から気配はあったけど、今年になってより研ぎ澄まされているジャンヌの『姉力(?)』。
駄目だ……。これには敵わない。
この脅威をブチ抜くには、並大抵のサーヴァントでは無理だ。
放っといても鋼鉄メンタルな聖女なのに、それが更にブッ飛んでしまった今、そう簡単には止められない……!
えーと……シェイクスピアとか、連れてくる?

 
 
 
 

最恐の水着剣豪かもしれない

 

 
 

 
 

幸い、二度目の撤退にも成功した。
『果たし状』がどうこう、水着剣豪七色勝負がどうこう以前の、決定的な敗北を喫するに至った……。

ジャンヌは「再挑戦もいつでもウェルカム」スタイルなので、負けがほぼ負け換算されないのは気楽といえば気楽。
しかし現状、打つ手はない。
同カジノのショータイムに関わっている他のサーヴァント達からも、「気をつけろよ」と心配されてしまう始末。
……こうなったら!

 
 
 
 

 
 

 
 

姉には!!
母を!!!
ぶつけるんだ!!!

 
 
 
 

血縁皆無

 

 
 

 
 

姉ビームを返す母レーザー。
そこからの母ビーム・母ブレス・母スラッシュ・母スマッシュ・母トルネードという激しい母ラッシュ……!
さすがのジャンヌの姉力も、この人の母力にはそう簡単には敵わない。年季が違うぜ。

去年に引き続いて洗脳を受けているジャンヌオルタ&ジャンヌオルタサンタリリィも参戦してきたが、特攻礼装も揃ってきた今ならば、簡単に倒すことは可能だった。
弓ジャンヌのチャージの速さ的に、一発は宝具を喰らう可能性が高いので、その対策だけはしておいた方が良いかもしれない。

 
 
 
 

 
 

激しい戦いだった……。
色々なことがあったような気もするけど、目も眩むほどの姉力と母力のぶつかり合いを見た今では、全て忘れてしまった……。そういうことにしておこう。

何にせよ、これでまた一色勝利!
そしていよいよ最後のカジノ、水着獅子王の『キャメロット』に挑む権利も得た。
最終決戦は目前だ……!


 
 
次回>>「プレイ日記12 キャメロット攻略戦


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, , ,

  関連トピックス


 comment
  • 匿名 より: 2019/09/05(木) 9:25 PM
    このシナリオ読むのきつかったなあ。
    • SION より: 2019/09/05(木) 10:07 PM
      「ぶっとび」の方向がちょっと暴走している感じは否めませんでしたね……。
      ジャンヌはジャンヌ個人で十分魅力的なので、『ジャンヌといえば姉ネタ』みたいになってしまうと少し残念だとも思います。
      まぁ……コメディのバランスって難しいですよね! 夏って大変!

Message

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP