FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント バトル・イン・ニューヨーク2019 プレイ日記02 金星からの物体X

  
  

投稿日:2019年9月26日


 
 

昨年、ネロ祭を乗っ取る際には「同じ場所を三度も使いまわすとか、我的には無いわー」みたいなことを言っていたギルガメッシュ。
そのわりには今年度の会場の様子は昨年ギル祭とほぼ同じだよな~と内心思ってはいた。
予算の都合か我の気まぐれか……と色々な想像はしていたし、明らかに『何か』起きそうな雰囲気ではあったけど、まさかこんな展開になるとはなぁ。
 
 
 
 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

動き出す影

 

 
 

本戦終了時刻、22日18時。
フツーに決戦周回が新しく始まるのかと思いきや、突然現れたのは新しいクエスト『インヴェイダー・オータム』だった。

インヴェイダー……。
しかも、ストーリーNPC枠には前触れもなく「謎のヒロインXX」……。
……まさか、“そっち”なのか?
てっきりイシュ〇ルかB×あたりが関わってくるのかと思っていたけど、本当にユニヴァースな事案だったのか……!?

 
 
 
 

 
 

 
 

そんな不安を煽るように、『???』が動き出す。
この台詞はやっぱりイシュ〇ルっぽいよなぁ……と現時点ではボンヤリ思う私。
B×が関係している線はほぼ消えたか? 水着B×はワンチャンあるかもしれない。


そして『アナウンス』も自我っぽいものを見せるようになってきた。
ギルガメッシュのことを「うちの社長」と親し気に呼んだり、ハートマークで賭け事を奨励したり、個人情報が漏れ出てる。

金にガメつい……もとい守銭奴……もとい……なんかお金に執着を見せつつキャピッてる雰囲気は、それこそ「出資から降りた」と言われていたドルセントかな?
運営側ではなく、賑やかして賭博で貪る側に立ったのだろうか。
アラフィフがよくやるムーブ。汝は混沌悪?(※中立善)

 
 
 
 

早くも決勝戦

 

 
 

 
 

そして舞台は地上に移る。
昨年と似た場所、似た面子……はさておき、「フィナーレ」?
えっ、もう? 早くね??

大会のボスであるギルガメッシュとはイベント終盤に戦うのが“お約束”だろうに、この展開はさすがに奇妙だ。
ペースが速すぎて、『この後に何かが起きる』匂いがプンプンする。

そもそもギルガメッシュという人物が、大ボスの風格を持ちつつも“前座”“オチの前振り”が似合いすぎるのもある。
言うこと成すこと、全部フラグにしか見えなくなってくるよネ。

 
 
 
 

 
 

去年は選択肢で「術ギル」or「弓ギル」を選べる決戦だったが、今年は難易度を選べる特別仕様。
なんだよ、優しさか!?
良い人みたいな真似してんじゃねーよ!!

新人プレイヤーは素直に修復中の小僧を名乗ろう。
バトルが面倒くさいプレイヤーも詐称すればいいんじゃないかな。

 
 
 
 

 
 

事前の宣言通り、ゲージをマックスの5本まで盛ってきたAUO。
修復済みを名乗ると、最初のHPは21万超えだった。
うっかり周回槍面子とかで行くと面倒くさいHP。うっかり行くな。

マジで本気AUOと言い張ってはいたが、宝具は撃ってこずにチャージ攻撃だし、結局2本ブレイクで終了してしまうし、なんとなく残念な感じで終わってしまった。
ブレイク時のダメージカット率は結構高かったのが鬱陶しかったくらいかな。
まだ見える……。『慢心』が見える……!


なお、修復中を名乗ると最初のHPは6万ちょいまで減らしてくれる。
AUOの半分は優しさで出来ているんだなぁ(嘘)。

 
 
 
 

 
 

 
 

年季の入ったリアクション芸。
AUOにはこれからも頑張ってほしい。

 
 
 
 

衝撃の第二部開始

 

 
 

 
 

ギルガメッシュを襲った謎の爆撃。
その正体は……ま、まさにインヴェイダー!?
インディペンデンスなんです!?

巨大宇宙船の持ち主はまさかのイシュタル。
あーやっぱりそうだったか。
知ってた知ってた……と思いきや、彼女はただのイシュタルではなく、「スペース・イシュタル」を名乗る。

確かにイシュタルは元から金星の女神ではあったけど、様子がちょっとおかしい。
外見は我々のよく知るアーチャー・イシュタルとほぼ同じ感じだが、カルデアの仲間である彼女とはノットイコールの存在?
「マスター」についても変な勘違いをしているようだし、別人っぽいなぁ。依代はそのままだけど。

 
 
 
 

 
 

 
 

主人公を庇ったネロが宝石にされたうえ、奪われてしまった……!
まさか特攻礼装の絵柄がこの展開の伏線とは。想像できるか!

要するに地球やネロや主人公の身柄を賭けて、SイシュタルVS地球の武闘大会が開催されるって話だ。
うーんジャ〇プっぽいノリだな。
地域や国ごとだった武術大会が宇宙レベルにどんどんスケールがデカくなっていくやつ。ちびっ子大喜び。

イベントとしては、やること(=周回)に大きな変化はない。
大会主催者がギルガメッシュからイシュタルに変わり、最終的なシナリオボスも彼女に変更された……というだけだ。
おそらく終盤にエルキドゥの参戦もあるのだろうな。
人類の脅威特攻が唸るぜ。きっと今頃笑顔でシャドウボクシング中だ。

 
 
 
 

乗っ取られた街

 

 
 

カルデア食堂にて、改めて状況整理。
この背景とギルガメッシュの組み合わせ、似合わな過ぎてウケるな。
普段もココでメシとか食ってんの? 定食とか注文してんの?

金ピカ弄りはさておき、どうやらニューヨークは、あの宇宙悪魔に完全に乗っ取られてしまったらしい。
ネロのみならず、ニューヨークの住民さえ金目の物質に変換されて奪われたレベル。
うーん、人類悪。普通に色々とヤバすぎワロタ。
大会の横取りだけならまだしも、住民の皆さんに手を出すのはAUOでもそうそうやらないYO。
っつーか住民の皆さんって何なんだ? 世界観&時空イズ・ワット??

 
 
 
 

 
 

 
 

先程の戦闘でなぜ参戦したのか不明だったXXが、ここでようやく登場。
世界観をぶち壊す雰囲気のXXに、ギルガメッシュが素でやや引いてる感じでワロタ。

やはりSイシュタルはユニヴァース案件だったようで、XXとも知り合いだったらしい。
話を聞く限り、やはりカルデアイシュタルとは完全な別個体かな。
刑事として以前に捕まえたようだが、「改心したかと思って見逃してあげた」ようだ。
な、なんてことを……! あの悪魔が改心とかヘソで茶がプップクプーですよ。

カルデアイシュタルは行方不明なっているようだけど、今後登場するのだろうか。
カルデアイシュタルとSイシュタルがぶつかりあって地球がヤバい……?
依代のお陰でかなりマイルド仕様になっているはずなのに、それでもこんな具合になるのだから、女神イシュタルってマジでヤベーよな。
そりゃギルガメッシュも嫌がるわ。Fakeの続きも超楽しみ。

 
 
 
 

ウルクの良心

 

 
 

 
 

付き合ってられるか、我はマカオに行くぞ!
……とキレていたギルガメッシュを留めたのは『交換所の女性』の言葉。
かなり重度の不貞腐れモードに見えたが、その空気を変えるとはスゴい。
さすがはシドゥリさん。笑顔もチョーかわいい。

 
 
 
 

 
 

めでたくギルガメッシュも参加者側として参戦決定。
ネロとニューヨークを取り戻すため。そしてあの宇宙悪魔をギャフンと言わせるために、最古の英雄が仲間に加わった……!

「もう心っっっ底飽き飽き」という台詞に感情が籠りすぎててワロタと同時にさすがに同情もした。
我が友ー! 早く来てくれーっ!!


 
 
次回>>「プレイ日記03 あのS・Iが最後の一匹だとは思えない


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP