ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記012 たぬき王国を蹂躙開始

  
  

投稿日:2019年12月8日


 
 

名取はランス10で登場こそしなかったけれど、その名は度々言及されていた。
第一部でも乳久里が話していたし、第二部でも乱義や深根が名前を出している。詳しい様子はわからないが、それなりに元気に生きてくれていることがわかっただけでも嬉しかった。

『本人の姿が見たい、登場してほしい』という気持ちはもちろんあるけど、作り手の作業量を考えれば限界があるのはわかっている。あれもこれもと望んでいけばキリがない。
そういう意味で、『名前だけの登場』は個人的には好きな要素。ファンサービスとして、かなり好意的に受け止めている。
存在だけでも感じ取れれば、十分以上に嬉しい。むしろメチャクチャ嬉しい。設定資料に名前がチラつくだけでも全然オーケ。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

次の獲物はどれだ

煮ましょう

 

 
 

次はどこを攻めようかな~と考えつつ、ちょっとダラダラとした時間を過ごしてしまっている今日この頃。
二国と敵対状態になると一気に忙しくなってしまって、仲間のイベントを進める暇が無くなってしまうから、つい……。
一国しか敵がいない(天志教)状態って超楽っすね。天国?

この隙に、前から取得したかった『Aカッター』をリズナに覚えさせた。
【人望の杖】でメキメキと地力を伸ばしてきたリズナの一撃はなかなか重い。
今後も前線で活躍しまくってくれることだろう。

悩むのは、リズナのキャラクリを狙うか否かだな~。
確か迷宮で専用アイテムを取得する必要があるんだよな。
余裕や暇があれば、挑戦してみようか。なんたってリズナだし。好きなキャラは、どうせならキャラクリしたいし。

 
 
 
 

悩める香姫

 

 
 

そうしているうちにも、香姫の心労はどんどん溜まっていく。
こればかりは何度見ても胸が痛いな……。
でも香姫の周囲にいる人々の優しさや人柄を再確認することにも繋がる、良いシーンばかりだ。
乱丸とのイベントでは、クールな彼女の隠された母性みたいなものが見え隠れする。尊い……。
きっと乱丸は良い母親になるんだろうなぁ。チラッ。

悪夢を見る香姫と、おまじないをかけてあげる鈴女のイベントも良かった。
鈴女も優しいなぁ。っつーか香姫も良い子なんだよなぁ。
なんかもう……全員幸せになれよな……。(※涙腺極弱)

 
 
 
 

たぬき狩り開始

 

 
 

いつまでもセンチメンタルな気分に浸ってばかりではいられない。
次の狙いは……徳川家! 君に決めたッ!!

たぬーまみれのモフモフ天国な地域だが、この世は戦国時代。心を鬼にして、モフモフ共のパラダイスを蹂躙するのじゃ。
……何匹か捕獲できたらいいな~。
たぬーシリーズはかわいい。発言は結構ヤベーんだけど、外見のかわいさで惑わされてしまう。

確か家康を仲間にしたい場合、鼻ちょうちんを出している足軽たぬーを事前に捕獲する必要があったはず。
たぬー蹂躙好きなのでちゃんと覚えているぞ!
チャンスがあったら狙いたいけど、家康は戦姫と排他関係だ。どっちを選ぶか悩むところ……。

……その後、『一周目は家康を仲間にできない』ことに気付いた。
悩み損&捕獲挑戦し損。

 
 
 
 

 
 

早速三河を襲ってみたが、現れる武将は人間ばかり。
たぬきが解禁されるのは後半だったか?
たぬーシリーズは意外と手強い相手なので、居ないうちに出来るだけ進めてしまおう。
捕獲も出来れば狙いたくはあるけど、落ち武者狩り丹羽さんが最近あまり仕事をしてくれないからな……。期待薄。

 
 
 
 

たぬきとハニワ

 

 
 

 
 

徳川と敵対した影響か、今川家も活動を開始した。
ハニーキング(?)こと今川義元が率いる、ハニーだらけの国だ。
武将もハニーまみれなので、魔法攻撃が効かないのが難点。
現時点での戦力で影響を受けるのはリズナくらいだけど、せっかくメキメキ強くなってきたリズナが出せなくなるのはちょっと困る。

何にせよ、まだしばらくは交戦関係にはならないだろう。
まずは目の前の徳川を叩くべし。

 
 
 
 

味方武将のイベントあれこれ

気のいい□リコン

 

 
 

 
 

筆頭足軽として大活躍中の勝家とは、戦闘を通じて着々と好感度を稼いできた。
その甲斐あって、ついに『信頼』へとパワーアップ!
ずっと欲しかった『強化初期ガード』を、ようやく覚えたぞー! わーい!

××人数稼ぎのためにランスは出ずっぱりなので、確実に守りを固めてくれる勝家とは切っても切り離せない関係。ズッ友。
……つーか、勝家以外の足軽要員が足りなさ過ぎているんだよな。
傾いてない前田とハチスカ棟梁くらいしか他にはいないので、必然勝家に頼る羽目になってしまう。

良い足軽が欲しい……。メッチャ良くなくてもいいから、それなりに良い足軽が欲しい。
じゃないと、そろそろ勝家が過労死しかねない。

 
 
 
 

巫女機関の使命とは

 

 
 

先日、織田武将に登用された名取。
捕虜部屋では初手ピリッとした対応だったので、てっきり好感度は『険悪』スタートかと思ったが、実際は『普通』スタートだった。
巫女機関を半壊させられたのに、器がデカい。
結果的には巫女機関自体の持続には成功したので、許してくれたのだろうか?

無料で春を売り続ける巫女機関の意味や目的について、現時点のランスはまだ何も知らない。
重い使命があると語った名取は「聞かれますか?」とランスに尋ねたが、対するこの男の反応は「なんか真面目な話そうだからいいや。パス」だった。
この空気でその切り返しを平然とこなすとか、やはりランスは底知れぬ男。スゲーよ。

 
 
 
 

巫女と巫女のファーストインプレッション

 

 
 

関連する風華のイベントも少し進んだ。
風華は過去の記憶を失っているが、以前のランスとの××の際に、そういった行為に抵抗はないし求められたら応えるといった話をしていた。
その考え方は巫女機関の方針に近い。
だが彼女自身に尋ねても、やはりまだ思い出せないと話した。

 
 
 
 

 
 

更に続きのイベントで、風華と名取が直接対面。
ランスは単に「同じ巫女さんだから仲良くするように」と引き合わせたらしく、風華の方は特別な反応は見せなかった。

しかし、名取の方は、表情に出さずとも心の中で(あの子に似ている…)と何かを感じ取っている。
いかにも『何か知っている』感のモノローグだったが、最後まで語ることもなく、イベントはここまでで終わってしまった。
気になる展開……! 続きは好感度を稼いだ後でッ!

……といっても、彼女たちのイベントも最後まで走り切るのは難しそうだ。
一周目でオロチって倒せるのか?
フツーに無理な気がする……。そもそも挑戦したくもない……。めんどい(本音)。

 
 
 
 

たぬき出陣

謙信サマサマ

 

 
 

 
 

敵フェイズにて、徳川家が三河領地の奪還ではなく尾張へと攻め込んできた。
『攻め込んできた』といえば……上杉謙信!
謙信サマーッ! カッコイイーッッ!!

自フェイズで主力は使用済みになっていたが、謙信が手伝ってくれるなら頑張る価値はある。
残り面子で防衛戦に挑んでみると、勝利した上に複数の武将の捕獲に成功した。
た……丹羽が久しぶりに働いてくれたぞー!
落ち武者狩りヒャッホー!!

 
 
 
 

 
 

捕獲成功したのは人間鍋欲求狸。
こえぇ~。思想と嗜好が人外でこえぇ。
捕虜部屋で捕虜とか食うなよ?
気付いたら捕虜が減ってるパターンとかやめてくれよ。

たぬー戦力を削ぐことにも繋がったし、丹羽は良い仕事をしてくれた。
……しかし、武士かぁ。
どうせなら忍者か足軽のたぬーが良かったな~などとワガママを言ってみる。


 
 
次回>>「プレイ日記013 一族の生き残りな女性がふたり2


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP