ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記59 シャングリラ終了で友情解禁! 前回の親友以外を優先していこう

  
  

投稿日:2018年5月11日





第二部プレイ日記、えーと5回目?
大体1ターンにつき1.5~2回で完結、というパターンになってきているようだ。
先は長そうだな……。ま、ええやろ!

思いついたことを片っ端から文章にしていると、じわじわと記事が長くなっていく。
とりあえず最近は、「2000文字前後で1記事化」というのをひとつの指針にし始めた。ようやくし始めた。


 
 
 
 
 
 
 








昨日大変だった(意味深)。

「イタズラッ子が立派なレディに」って、まぁ間違ってはいないけれど……そ、それでいいのか?
ロッキーは6でのナギを見て、憶えているはずではあるよな。
まぁロッキーはロッキーだから、こんな感じなのかもしれない。
ヒトによっては大人ナギってだけでトラウマモノになってそうな気もするが、子供ナギと過ごした期間が長かったからかな。

ロッキーとナギの6での様子も、また確認しなければ……。
確認(したい)項目が増えていく一方だ。
項目が憶えきれなくなってきた。















貧乳気にしてキレるエールちゃん萌え。















美少女探偵とナギのやりとり、スゲー好き。
外見こそ年齢差が出来てしまったけれど、幼い頃から一緒に過ごして、仲良くちびっこ友達同士として遊びまくっていた第一部のシーンがたくさん思い出されて……成長したなぁよかったなぁと、目頭が熱くなってしまう。

第二部での「大きくなったなぁと感動ポジ」はロッキーの役割なのだが、実を言えば、私も同じような気分になりがちだ。
ロッキーと同じポジションなんて悔しいッ……!
だが、めっちゃわかるッ……!











「ランスを犯人ってことにしよう!」ってナギが笑顔で言い出した時の、美少女探偵のこの台詞。
何気ないんだけど、すごく嬉しい。

こんな状況になって尚、リセットにとってランスは当たり前のように「お父さん」で、迷うことなくそう口にしてくれる。
そして、気負いもせずに語ってくれて、当然のように庇ってくれたりもする。
そんな感じで、「普通」にランスのことを扱ってくれていることが、私は何よりもありがたいと思う。











探偵ゴッコも無事に終えて、リセットが加入だ!
ユニット的には正直あまり強くはない気もするリセットだが、存在が最高に最強なので、結局最高だ。

1.02アップデートで実装された立ち絵モードのおかげで、レアな表情各種も見放題になった。
テヘペロリセットは至高。じっくりねっぷり眺めまくることが可能で俺歓喜。















第二部で登場する貴重な既存キャラ。
彼女たちの塗り方は、さすがにリセットのように第二部統一化はされていない、かな?

ピグやイージスが平和に穏やかに暮らしている姿が見られて、本当に嬉しい。
テキストのみの登場だが、カロリアも共にいることがわかって、とても安心した。
カラーの隊長としてすべき事もいる場所も定まっていたイージスはともかく、カロリアやピグは、戦後どこでどう過ごすのかは曖昧な部分もあった。
ランス城が……というか、ランスがいなくなってしまったし。ヘルマンやゼスに戻る、というのもアリだったろうけれど、はっきりとは言い切れなかった。

だから、リセットたちと一緒にシャングリラに移住して、仲良く日々を過ごしているのかなぁというのがここでようやく察することができて、ホッとした。
カロリアとも、できれば会いたかったな。大人っぽく成長しているだろうか?
うーん、オトナカロはなかなか想像ができない。相変わらず太陽みたいな笑顔でいてくれたら、嬉しいな。











3ターン終了で、ついに友情フェイズも解禁となった。
1周目では見られなかったイベント、親友を最優先で進めていきたいので、さしあたり長田君・リセット・志津香ナギ姉妹は後回しだ。
男女差分を確認したいという気持ちもあるし、何より彼女たちとのイベントをまた観たいという気持ちも強いが……ここは、しばらくは我慢だ。
既に100万回は言われていることだと思うけれど、食券イベントみたく友情イベントも統合部隊から閲覧させてほしい……。











というわけで、今回はドッスワッス&松下姫の友情イベントを消化することにした。
4ターン以降はザンス、乱義、深根、ダークランス……って男が多いな。1周目で女の子のケツばっかり追いかけていたせいか。
でも男エールで男キャラと親友になるよりは、女エールのほうがしっくり来るし、まーいいか。

スシヌやレリコフも親友コンプはまだだけれど、彼女たちはできれば男エールでクリアしたい。
1周で親友は何人まで掛け持ちできるのだろう?
今のところ特に調べたり数えたりすることもなく、行き当たりばったりで進めている。















ダークランスはナギにとっても「兄ちゃん的」なのか……。
なんかこう、意外なような面白いような嬉しいような、変な感じがする。
ダークランスが兄貴気質ってのもあるかもしれないが、第一部以降にダークランス&ナギのやりとりも色々あったりしたのかな?
本編ストーリー中ではダークランス&リセットくらいしかさすがに無かった気もするけれど、15年間の空白期間を想像すると、なかなか楽しい。


次回>>「プレイ日記60 問題児暫定2位に会いにいく


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス


TOP