ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記042(魔王・完) 魔王を倒したが

  
  

投稿日:2020年2月12日


 
 

魔王ルート編、最終回!  
 
途中部分はすっ飛ばしたので、予定通り短編で完結した『魔王ルート挑戦編』。
やりたい放題出来て面白くもあったけど、行きつく先がゲームオーバーだと思うと、なんとなく損した気持ちにもなる。
悔しいので、セーブデータ分岐して正史ルートエンディングもまた観ちゃった……。プレイ時間が更に嵩む嵩む。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

魔軍との決着

決戦の地は南アフリカ

 

 
 

ついに魔軍陣地ラスト、“南アフリカ”
最終戦の面子はこんな感じだった。美樹ちゃんが居なくてラララッキー!
単純な兵力差はなかなかのモノだが、今までのセオリーを守って普通に戦えば、まず間違いなく勝てる相手だ。

最終戦は美樹ちゃん相手に、犠牲覚悟の玉砕作戦をキメる可能性もあるかと思っていたが……その不安が当たらなくて、何にせよ運だけは良かった。
その結果、コツコツと育てられていた謙信&ウルザの出番は無しで終わる。
そういうこともある。今までの戦いで十分頑張ってくれてたし。

 
 
 
 

 
 

 
 

大・勝・利ッッ!!  
 
美樹ちゃん自身は倒せずとも、陣営として勝利してしまえばコッチのモンだ。
実は防衛戦では何度か美樹ちゃんを避けきれず、ぶつかったこともある。
その際は全体防御式神や不死身稲荷がフル活動させられた。
……魔王の速さ、ヤバくね? “速”パラメーターどうなってんの!?
マジで異常だよ……。付き合ってらんねぇよ……。

魔人ザビエルとも合戦でちょくちょく戦う機会はあったのだが、なぜか奴は頻繁に後衛配置されていた。
遠距離攻撃の手段を持っているのかと思いきや、動く気配もなく、そのまま後衛配置で戦闘終了することが度々発生。
……やる気が……ない……?

 
 
 
 

リトルプリンセスもビックリ

 

 
 

 
 

ともかく、勝利は勝利。
魔王をギャフンと言わせることに成功したぞ。
わーい!
ちょっと弱気というか、従来の普通の女の子っぽさが漏れ出たリトルプリンセスはこれはこれで良い。かわいいな。

今更だけど、最新作リトルプリンセスと戦国リトルプリンセスを並べてみよう。
基本的な意匠は変わっていない……かな?
なんとなく「より神々しい」のはランス10バージョン、「ヒロイン度が高い」のは戦国バージョンな気がする。
絵柄の変化や流行の塗り方などもあるのだろうけど、戦国魔王は瞳の赤が“赤でベタ塗り”されている感じが異質さを醸し出していていいなぁ。
最新作の方は、もっと洗練されていて魔王として完成してる雰囲気。要するにどっちもイイネ。

 
 
 
 

終了~

 

 
 

いざお仕置き、と張り切るランスだったけど、魔王カップルはサクッとその場から逃走してしまった。
かなり追いつめた状況から逃がす、というのはなかなか痛い。とはいえ追いつめたように見えるだけで、実際にはマトモに戦ってもまだまだ勝てる相手ではないのかもしれない。

「いずれ、魔物の世界に攻め込んで倒してやる」というランスのセリフはIFやら未来やら色々なエッセンスを含んでいて面白い。
もっとも、この状況自体がIFでありゲームオーバールートなんだが。

 
 
 
 

 
 

 
 

ってことで、これにて終了!
魔王ルートエンド……ではなく、ゲームオーバーです!!
やってらんねぇ~!
やったけど。

 
 
 
 

総括感想+オマケ

 

 
 

予定通り、【魔王ルート】無事にクリアだ。
……クリア? まぁ、クリアってことで良いだろう。
最後まで走り抜けたワケだし。

ボリュームは控えめだけど、専用のシナリオもちょくちょく用意されていて面白かった。
魔王リトルプリンセスの性格等がわかったり、戦国正史ではほぼ言及されずに終わるホーネット派やケイブリス派の動きも少しだけ描かれたりして、色々と想像が広がる。
最後に魔物界に転移したであろう美樹ちゃんは、早速ケイブリスにキレてるのかな。
八つ当たりも兼ねられたら、そのままタヒにかねないかもしれないな、ケイブリス……。成仏しろよ。

 
 
 
 

 
 

オマケとして、最終的な仲間の中から、特に活躍したり育てたりしたユニットについて触れていこうと思う。
片っ端から説明していくとキリがないので、面子は少なめ&短めにいく。



山県昌景  
【戦果アップ2】係。
元々クソ固いので、序盤~中盤までは単騎防衛にも活躍した。


真田透琳  
【戦果ダウン2】係。
合戦戦術も嬉しい。高難易度は戦果勝ちにすぐ頼る俺。


上杉謙信  
【軍神の威光】係。
謙信チャンは居てくれるだけでいいんだヨ(^▽^)


直江愛  
【状態解除】係。
ウルザも真田も忙しいので、状態解除の仕事は愛に一任されてしまった。魔軍相手に愛無しだと、結構キツい。


名取  
【巫女の嵐2】係。
問答無用の割合ダメージは終盤になるほどクソ強。発動が速いのもイイ。


マリア  
人望の杖を持たされ続けた結果、自動増加で部隊人数は1560人になっていた。
寝てるだけで強くなるのが嬉しい。一発がクソ痛いので、終盤の敵相手に無双。


ウルザ  
毎度おなじみ【精密射撃】係。
人面犬を装備させられ、ほぼ毎ターン重労働させられる日々。いつも通りともいえる。


マジック  
ランスの愛を装備して、速を上げたあとは延々「部隊人数追加」していった。
最終的には部隊人数2116人。白色破壊光線で全部ぶっ飛ばす。


お町  
この我が【全体防御式神】担当だと……?
陰陽ユニットが少なかったため、そんなことになった。暇な時はもちろん電撃&大電撃。クソ強。

 
 
 
 

 
 

他にも色々なユニットがそれぞれ超頑張ってくれたけど、キリがないので割愛。
実質JAPAN統一したわけだしな……。猿殺しでもねぇのに。


さて、【魔王ルート】も完走できたので、そろそろ次の準備に取り掛かろう。
今度は蘭ルートだ!
北条んちの幼馴染カップルにちょっかい出してやろーぜ!


 
 
次回>>「プレイ日記43(蘭・始) 新たな目標を定め、再び戦乱の世へ


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP