ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記043(蘭・始) 新たな目標を定め、再び戦乱の世へ

  
  

投稿日:2020年2月13日


 
 

蘭ルート攻略開始!  
 
正史が終わり、オマケ編の魔王ルートも終わったので、ようやく本腰入れて各ヒロインルートに取り掛かることができるようになった。

順番としては、蘭→五十六→謙信→オマケ編猿殺し、のつもりでいる。
ヒロインルートを楽しみつつ、色々なユニットを仲間にしたりキャラクリしてみたり、その時々に合わせて様々な楽しみ方をしていきたいところ。
とはいえ、予定は予定。魔王ルートみたく何か“やりたいこと”が出来たら、寄り道しまくるかもしれない。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

イメトレ

難易度やクリアボーナスの使い方

 

 
 

一周目の正史ルートを攻略する際は、『データリセット、知識もほぼ自前のみ』で進めていった。
その後、魔王ルートへの挑戦や趣味の猿殺しプレイ(ポイント狙い)などもあって、かなり知識と記憶が補完された。

なので今回は、攻略面での情報集めは完全解禁。
その代わりというわけではないが、クリアボーナスは縛っていこうと思う。
次周以降はまたルールを変えるかもしれないので、さしあたり『今回のルール』だ。


 
●難易度は『★』
●使えるボーナスは『前周で正式な手順で仲間にできたユニット追加のみ。すなわち上杉系』
 
 
……という感じで試しに行ってみよう。
国力追加やアイテム追加ボーナスは、悩んだけど今回は不使用で進めてみる。
でも志津香には会いたいので『追加キャラ』だけはセーフにしちゃうぞ。ガバガバ。

 
 
 
 

目的を定めておこう

 

 
 

前回は『正史ルートでクリアする』ことだけが目的だった。
久々のデータリセット一周目であることから、他に何が出来るのかがわかっていなかったしイメージもできなかった……というのが理由でもある。
そのあたり、今回はちょっと状況が違うので、最初からいくつかの目的は定めておこうと思う。

今回進めるのは【蘭ルート】だ。
蘭ルートとなると、アイツやコイツが生き残ったり仲間に出来たりするルートでもある(※猿殺し除く)。
ならばどうせなら、ソコを目指したい。すなわち、今回の第二の目的は『小早川ちぬのキャラクリ』だ!!
それに合わせて、小目標も定めてみた。


<大目標>
●【蘭ルート】のクリア
●小早川ちぬのキャラクリ
 
 
<小目標>
●毛利勢を正規の手順で仲間にする
●毛利三姉妹の×Pイベントをみる
 
 

こんな感じでいってみよう。
……もうコレ、蘭ルートっつーより毛利ルートじゃね?

 
 
 
 

実践

元気そうな元祖織田兄妹

 

 
 

 
 

イメトレも無事終えて、初期設定も完了!
早速ゲーム・スタートだ!!

久々に元気そうな通常信長と香姫のやりとりを見たり、同じく元気そうなシィルの姿を眺めると胸がキュンとなるのは正史クリア直後によくある症状。
信長はどうあってもゴニョゴニョ……だろうけど、シィルは蘭ルートだと最後まで一緒にいるんだっけ?
正史ルートが特殊なだけで、それ以外は全部元気なままに終わるんだっけ?
そのあたりの記憶も危うい……。
私、物覚え悪すぎ……?

 
 
 
 

 
 

さて、マップ画面になるとこんな状況。
始めたばかりなのに、早くも真っ赤になって敵対関係にある国がひとつある。
な、何もしていないのに、なぜなんだー(※棒)。

デフォルト国力に対するコストは……おっと、いきなりカツカツだ。
初期ボーナスで『国力+』を選んでいたらもうちょい余裕はあるはずだが、まぁデフォでもコストオーバーにならなかっただけマシと思うべきか。
上杉系の二人だけの追加なので、ギリギリ収まったという感じ。

 
 
 
 

 
 

ってことで、予定通り謙信&愛が初期から居てくれる。
ヒャッホー! サイコー! 心強~い!!

一周目では愛の方はキャラクリできずに終わってしまったので、今回はワンチャン狙いたいな。
……となると、謙信のキャラクリも必須になるんだっけ?
何にせよ過労死レベルで働いてもらうことになるだろうし、好感度は上がりやすいだろう。たぶん。

謙信&愛は通常にプレイしていても仲間にしやすいユニットなので、初期ボーナスで『上杉系を仲間に』を選ぶメリットはあまりない。
コストも3×2と、序盤には決して軽くはない数値だ。順当にプレイを進めていき、正規手段で仲間にした方がむしろ難易度的には楽になると言えるかもしれない。


だが今回は、『上杉系を仲間に』以外のボーナスをほぼ縛った状態でのスタートだ。
彼女たちは戦力として、スッッッッゲー重要。
バリッバリに頼りにするし、活躍しまくってもらうことになる。
【軍神の威光】持ちだし戦力としても強い上杉謙信は、我が軍最強レベルの武士として。
合戦戦術と状態解除を扱う直江愛は、我が軍最強レベルの軍師として。
その存在に、何度も救われることになっていく。
ありがてぇ……! ありがてぇ……!!


 
 
次回>>「プレイ日記044 人望などいらぬ


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP