ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記60 問題児暫定2位に会いにいく

  
  

投稿日:2018年5月13日





第二部2周目高難易度、今のところはそこまで苦労せずに進められている。
1周目ではゼスやヘルマンあたりから厳しくなってきた憶えがあるので、まだまだ油断はできない……けれど、あの時よりも私だってプレイヤーとして成長したからな(慢心)。

今回は友情やユニットを優先して進めているせいか、勲章の集まりがやや悪いような気もする。
CPでのボーナス分以外は、ほとんど手に入れられていないのでは?
うーん、このあたりが終盤どうなるか。


 
 
 
 
 
 
 








第二部リセットの、あったかくて良い匂いがしそうな感じ、たまらねぇよ……。
ロリコンじゃなくても、こんなの骨抜きになっちまうよ。

美しく成長した姿も見てみてみたかった、とも思うけれど、第二部リセットの魅力は外見と内面のアンバランスさにもあるようにも思う。悩むところだ……。
だけど、それこそ闘神都市受付の時のように、マジックアイテムの力とかで一瞬だけサービスCGがあってくれてもよかった。
スタッフロールにもあるけれど、もっとがっつり! あとゆっくり!











これはもう毎回触れるのがお約束ってことで許してほしいのだけれど、ともかくリセットとナギのコンビが最の高。
見た目こそ年齢差があるし実年齢を考え始めるとナギについてはややこしいけれど、「年齢近い者同士の仲良し女の子たち」として生き生きと育ってくれた二人の姿を見ていると……それだけで、嬉しくて涙ぐんでしまいそうになるんだ。

幼いころからしっかり者だったリセットが、イタズラもする普通の子供として過ごす相手としてナギが居てくれたのが、嬉しい。
元々は悲惨な状況で、まともな幼少期なんて無かったであろうナギが、普通の子供として同年代の友達を作ってくれたのが、嬉しい。











オチ扱いみたいになってしまうけれど、エールに長田君という友達が出来てくれたことも、やっぱり嬉しい。















さて、リーザスにやってきたのはザンスを仲間に加えるためだ。
ザンスの年齢はまだ15歳やそこらだろうが、既に赤の軍を率いて将軍でバイ・ロードも引き継ぎ済……って、相変わらず設定がヤベー。
どこの二次創作だってくらい盛りまくってやがる。だが……キライじゃない。
そもそもザンスだけでなく、ダークランスも乱義もリセットも、様々な方向にチートで盛りまくりなので、なんかもうなんでもいいやって感じになる。

ナギによる、問題児判定は暫定2位。1位は元就だったっけ?
とはいえ元就もザンスも、パッと見た印象は乱暴者の厄介者だが、実際は色々と考えているし根は良い子だ。

ぶっちゃけ、親父が一番の問題児。
下位を大きく引き離してダントツゴール。















リーザス首都に向かう道中で、タイガー将軍と初遭遇した。
うーん、久しぶりに見ると第一印象悪ッ!
無茶苦茶言うし、色々とヤベー匂いがプンプンする。

冷静に対処できるオトナ、と見せかけてメッチャ短気な志津香がかわいい。
半ギレ表情が最高に素敵だ。















リーザスでの運命の選択肢。
もちろん将軍は追いかける。
ハゲに用は無いが、後ろにいた少女に用がある。

記憶喪失ウズメのこのキャラは、何がどうしてこんな感じになったのだろう?
タイガー将軍の教育かな……。
魔王の子だと気付かなかったから、というのもあるだろうが、将軍は将軍なりに、わりとウズメに良くしてくれていたらしい。
その点については、本当に感謝したい。
奴隷にされたり酷い目に遭わされたりすることなく、五体満足で元気いっぱいなウズメをかなみの元に返してやれるのは、将軍のおかげでもあるだろう。











記憶も戻り、無事にウズメゲットだぜ!
第二部の貴重な手裏剣係として、ウズメは個人的には外せない存在。
手裏剣に甘やかされた身としては、無しで生きるなんてもはや出来ないんだ。手裏剣依存症。











姉妹でえっちな会話をして、長女に怒られる。わーいわーい、リセットに怒られたぞー!
しかし……やや悔いも残る。
姉妹ではなく、姉弟でやればよかったッ……。と言ってみたけれど、ウズメとエールの年齢差は実際どうなんだったっけ。ウズメの方が年上、で合ってるよな?

ウズメはパシリ属性もあるし小柄なのもあって、なんとなく妹っぽさを感じてしまう。
主君以外の年上に対しても「ナギちゃん」「スシヌちゃん」呼びなのもあって、年齢の判断が難しいな。
“運命の女実績の順番、子供の順番説”みたいなのもどこかで見かけた気がするけど、どうなんだろう?











雑魚戦の宝箱から出てきたのは……リクチェル! もう出るのか!
無属性というのはやや扱い辛いが、攻撃スキルも持っているので初トドメ係としては十分だ。

所属はその他、ということはウズメやミックスと被りか。
まぁボス戦に登用することはあまり無いだろうし、ぼちぼちローテーションしていこう。















地雷女を仲間に加え、辿り着いたリーザス城。
リアの冷たい目がたまらないぜ。
たまらないので、第一部の同じような表情と並べてみた。
うーん、第二部も良いが、やはり第一部のリアの立ち絵は最高だな……。















「みんな大切にしてあげる」発言、初めて聞いた際は正直本気にはしていなかった。
油断した途端にパクリといかれるに決まっている……とドキドキワクワク、戦々恐々としていたが、第二部最後までクリアした今では、テキトーに言っていたわけでもなかったのかもなぁ、とも思えてきた。

第二部のリアは、やはり昔とは変わっていた。大人になって、普通の母親に近付いていた。
もちろん妙な部分やヤバイ部分もまだまだあるけれど、それでも昔では考えられないくらい普通の考え方もするようになっている、ように見えた。
危険な女王でもあり恐ろしい政治家でもありランスの女でもあるリアが好きだった私にとって、この変化は少し寂しくもある。だが、仕方ない。リアも成長したということだ。

……と、書いている今現在では、まだ第二部リアのカードは未入手だ。
カード詳細で「あれ、嘘ぴょーん☆」って書かれてたりしたらウケる。











などとリアに夢中になっている間に、ザンスが帰ってきた。
ついに……来たか。
第二部、2周目、エールちゃん。
本領発揮する相手のお出ましだ。


次回>>「プレイ日記61 兄妹でそういうのはいけない


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス


TOP