ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 プレイ日記61 兄妹でそういうのはいけない

  
  

投稿日:2018年5月15日





知っているのか魔法魔物兵!?

粘りに粘り続けてきたトップ画像が、ついにモブ敵兵になる日がやってきた。
だがこれはこれで馬鹿馬鹿しい迷シーンなので、アリだな。


 
 
 
 
 
 
 








ウズメをガツンと叱る(+殴る)ザンスが、とてもザンスらしい。
そんなところもランスっぽい、けれど、ザンスの方がわかりやすくて素直かもしれないな。

ナギ&志津香の「昔から知ってる親戚のお姉ちゃん感」がメッチャ良い。正直ザンスがメチャクチャ羨ましい。
はろはろーされたい……。















そして、エールちゃんVSザンス、ついに勃発。
乳を大いに気にするエールに対し、言ってはいけないこととやってはいけないことを……!

親父にだってまだ触られたことないのに!!
ゆーたろゆーたろ、魔王に言ってやろー!!















エールちゃんはオンナノコなので、こうやって女部屋で姦しく愚痴りあうことが可能なのである。
楽しい! ハーレムだ!! いやエールも女だけれど!!
男女比で言うと結局長田君ハーレム状態だけど!!

男エールではこのあたり、確か男部屋で酒盛り対決をやったことだけは憶えている。
それ以外はどんな感じだったかな。男部屋だから、確かロッキーは居たと思う。

ロッキー(とおそらくドッスワッス)と、リセット志津香ナギ松下姫の選択肢か……。
……後者一択じゃないか??

いや、もちろん3周目は再び男エールに戻るけども。















本日のノルマ、リセット&ナギコンビ。
女部屋ハプニングは大変微笑ましく、リセットもかわいらしく、俺大満足でございました。
兄弟相手だとリセットもわりと素でムキーッて怒ったり子供っぽくなったりする感じ、すごく良いよね。















いけないんだぞ!!!(爆笑)











えっ長田君ってエールちゃんをそんな目で見てたの?
ショックです。長田君のファンやめます。

このあたりの女エール限定イベントは、シナリオが全然違っていてすごく楽しかった。
ザンスは男エール視点では「最初は少し怖い、けれど自分を大切にしてくれる兄貴」って印象だったけれど、こうして女エールにしてみると、随分とイメージが変わってくる。
一人で勝手に照れる長田君、も含めてスゲー面白かった。











ここの、レア宝箱で!
まさかの、マジックゲットだぜ……!!


いや、これはわりと予想外。リアちゃうんかい!
てっきり熟女勢はシナリオで出会った後に解禁、だと思い込んでいたので、わりと驚いた。だが嬉しくもある。

第二部マジックの側面電磁結界スキルは、支援解除手段が少ない序盤にはありがたい。
雷属性ユニット、というだけでも現時点では貴重だ。
ゼスはまだまだ先だが、一緒に頑張っていってもらおう。











さて次の魔王の子に会いに……行く前に、オーブ探しだ。
なんとも茶番感が強い、というか茶番感を隠しすらしていないオーブ集めクエストだが、誰か「怪しい」と思わないものだろうか?
裏事情を知っていそうな各国女王はさておき、パーティ内でも乱義とかミックスあたりは胡散臭いと感じそうなものだが。
そのあたり、描写はあったかな?











スケールの雑魚戦の宝箱から出てきたのは……ッッ!

だ、誰かなーーーー???

ってすっとぼけようとしたが、思いっきり名前が出ている。


パラメーター的にはなかなか雑魚いリスだが、0AP攻撃2種類持ちなので、使えないことはないのがニクイ。
まぁ基本的にはダンス役長田君の方が便利だとは思うけれど、時と場合によってはコンボ役として意外に活躍できることもある。
道中の雑魚戦では、初トドメ役としてもキラリと輝いてみせた。











長田君はハニ子を気にしたりおっぱい至上主義だったりで、嗜好がよくわからんな。
見るのは後者、ヤるのは前者的な……? ああでもハニーは粘土を捏ねるんだっけ?
このあたりは、まぁ真面目に考える方がバカって気もする。















そして問題のシーン。
リーザス最大、最高瞬間風速を誇るであろう山場がやってきた。

ここの長田君の台詞は……ちょっと、感動した。
なんつーか、「漢」だって思ったよ。

ま、直後に裏切るんだけどな。















必死なお姉ちゃん!
恥じる妹!!
皆の視線!!!

くっ……殺せ!!
いっそ殺せ!!!!!












この状況下で解脱しないザンスは普通にスゲーと思うよ……。
でもウズメの「えっち」は最高に良かったのでありがとうと言わせてもらうよ。















トラウマ告白を乗り越えて、ようやく本筋に戻る。
ヨシフの名前、久しぶりに聞いたな。第一部ぶりだ。
さすがにヨシフ本人とリセットの面識はない、よな? 情報だけだよな?
ヨシフは正直、色々な意味で子供の情操教育には相応しくないので、幼いリセット達には見せたくない……。















色々と解決させて、ハッピーエンド。ひゃっほー!
ザンスの良いところも知りつつ、リーザス編は無事に終了した。

最後の選択肢では、分岐ワンチャンを狙って「ゼス」を選んでみたが、結局次ターンは強制JAPANだった。
うーん、さすがにシナリオ分岐が複雑になりすぎるし、無理だったか。
だろうなとは思っていたけれど、少し残念。















最後にチラリと窺える、魔王側の様子。
シルキィ! シルキィだ!!
初めて第二部をプレイした頃は、シルキィルート未経験で、彼女の事を詳しくは知らない状態だった。

魔人姉妹・シルキィ共に元気そうで、改めてホッとしている。
アリオス暗殺も起きなかったようだし、第一部ではどうしても二者択一だったので、残されたもう一人が無事でいるかは心配だった。
シルキィルート攻略で、ハウゼルは火炎書士やサイゼルが救い出した……みたいな感じだろうか?
ともかく、よかったよかった!











魔人リズナは相変わらず美しい……。
リズナの塗り方は第二部方式、だろうか?
髪のハイライトがなんとなく、そんな気がする。















ターン末の友情フェイズは、予定通りザンス・松下姫を進めていった。
サヤインゲン、第一部のフェリス食券でも出てきた。
この世界観の食材って現実とは異なるものが多いけれど、サヤインゲンってどんなものだったかな。


次回>>「プレイ日記62 運命の女カード実績……か……


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP