ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記056 毛利大戦争、終結の時

  
  

投稿日:2020年3月10日


 
 

長かった~~~~!  
 
日記中では省略しまくっているけど、マジで毎ターン毎ターン毛利家が攻め込んできては防衛戦でヒィヒィ凌ぐ……というのを延々と続けていたので、精神的にもなかなか辛かった。
やっと終わる! 超~嬉しい!
これでようやく、各ヒロインとのイチャイチャに集中できる(はず)……!
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

今度こそ最終決戦

『初期戦果』におんぶにだっこ

 

 
 

 
 

“赤ヘル”にて、いよいよ毛利家との最終決戦!
相変わらず戦場補正がキツいので、事前に合戦準備。そして『初期戦果』を覚えさせた乱丸にも来てもらった。
『初期戦果』を憶えて以降、乱丸の活躍っぷりが地味に凄い……。
勝家を失って傷心のところ、酷使しまくっている。すまんなぁ。

しかも親父殿との決戦にてるきくを連れていくという畜生っぷり。
本人たちは相変わらず、「てる! 行くぞぉ!」だの「親父、勝負ー!」だのハイテンションで楽しそうだった。ヨカッタネ。

 
 
 
 

決着

 

 
 

合戦の後には、元就との個人戦も起きた。そんなんあったっけ……すっかり忘れてた。
幸い、そこまで苦労することなく勝利できる。
政宗や犬飼のようなギミックがなくて良かった。仲間が居るっていいもんですね。

ともかく、勝利&勝利!
これで毛利家との長い戦いにも、ようやく終止符を打つことができた……!
感無量……!
結局何ターンくらいかかったんだ? ……20ターンくらい?
マジでいつまでも終わらない感じがして、辛かった……。タクガと並行攻略せざるを得ないので、なおさら長くなってしまった。

 
 
 
 

 
 

勝敗が決しても、最後まで元就は暴れ続けて壮絶な死を遂げる……なんてこともなく。
「小僧。お前はおもしろい」と、元就はランスのことをすっかり気に入ってしまった。

誘うまでもなく自ら部下になってやると言い、仕舞いには「捕虜として、牢屋で待つ。必ず、来るようにの」と言い出して、勝手に捕虜小屋へと向かっていってしまった。
ランスの意志は無視。話なんて一切聞いてない。けど、即強引加入ではなく捕虜小屋を経由してくれるあたりには優しさを感じなくもない。
ありがとな……。実際、今すぐ加入されてたら、コストと武将人数に更に余裕が無くなっていただろう。

ちょっとだけ恩を感じたので(?)、そのうち余裕が出てきたら勧誘に行こうかな。
三姉妹は最優先とはいえ、正直元就の加入&キャラクリは重要視していなかったのだけど……ここまで頑張ったんだし、せっかくだから狙ってみるか。
必ず来いって言ってたしなぁ。でもたぶん、すぐに勧誘は無理だろう。枠とコストがキツいし、捕虜部屋での勧誘待は他にも何人もいる。

 
 
 
 

勝利の宴

間に合わない不幸

 

 
 

そして不幸なデコ眼鏡がココにもう一人。
プレイ日記051 出雲!出雲!出雲!!」の時、毛利と戦う織田家に加勢すれば尼子家再興ワンチャンだと思い立った山中子鹿。その思い付きを実現すべく、最終決戦の地に飛び込んできたが、既に戦いは終わった後だった。
勝利を祝い、どんちゃん騒ぎをしているランスや龍馬たちを目にして、彼女はすぐに現状を理解する。
境遇も不幸なのに、タイミングも不幸だ……。まぁ、変に介入して流れ弾を喰らうよりは幸運、か?

 
 
 
 

 
 

 
 

酔った勢いで××したが、朝になったら忘れていた。
CGの背景もグニョ~っと歪んでいるけど、この子鹿の姿は……朦朧としたランスが認識している体型、になっているのか? バストサイズがあきらかに異なるように見える。

通常時の子鹿は、ランスからすれば「ガキ」でしかない。2年くらいしたら&気が向いたら抱いてやる、という言い草はスゲー雑。香姫との扱いの差が激しくな~い?
尼子家再興もテキトーに口約束していたらしいが、もちろんランスは憶えていなかった。
無茶苦茶されたあげく、放り出される形になった子鹿。彼女にとってもランスにとってもいつも通りの流れ過ぎて違和感がないけど、よく考えたらなかなか酷い話ではあった。

この場ではヤリ逃げ、というよりヤリ捨てられて終わりになったが、その後旧毛利領にて『山中子鹿士官』イベントが発生するようになっていた。
よしよし、こっちも国力に余裕が出来たら勧誘しよう……と当時は思っていたけど、実は山中子鹿の初期コストは驚異の『0』だったらしい。安すぎる女。

 
 
 
 

ちぬ勧誘

 

 
 

仲間にしたいユニットも溜まってきたけど、まずは彼女から。
“赤ヘル”占領で増えた国力を、小早川ちぬに捧げるッ……!

捕虜になっても相変わらずのノリで、気楽に過ごしている様子の彼女。
それでも「ここ飽きたから出たいの」という気持ちはあるらしく、素直に部下に加わってくれた。
ちぬといえば固有スキル『毒殺』が超強力……だけど、難易度がそこまで高くない今回はあまり活かせないかな。
技数も多いし内政値も優秀なので、何にせよ様々な場面で活躍してくれることだろう。
蘭ルート万歳! 蘭はまだほぼ登場してねぇけど!

 
 
 
 

陶器上洛……?

 

 
 

 
 

一方その頃。
先日なぜか活動開始していた今川家が、いつも通り上洛ゴッコを始めていた。
家康に見逃されて三河を通ったまでは良かったけど、なぜかそこから武田領近くに寄ってしまったらしく、馬場にパッカンパッカンと叩き割られてしまう。
大量に割られた今川ハニーは、そのままひんひんと敗退していったらしい。
上洛失敗? 今回は織田領は通らなかったのか、選択肢すら出なかったな。

 
 
 
 

 
 

って、今川家潰されてるじゃん!?
えええ~~~……!
マジかよ! 聞いてねぇよ!
 
 
毛利家との戦が終わったら徳川今川ラインから北条に攻め込むつもりだったのに、武田が挟まってしまったじゃないか。
うーんうーん、こいつは困ったな。
蘭ルート(笑)なんて言ってたけど、マジで蘭ルート突入への道が危うくなってきた。

武田と交戦する……よりは、上杉側から攻め進めていって、“さいたま”の方からの北条隣接を狙った方がいいか?
そうなると北条の瓢箪が五つ目になってしまうので、正史or蘭を選択する猶予がほぼ無くなってしまうけど、不可能ではなかった……はず。

せっかく毛利という難関をひとつ超えたのに、新しい問題がこんなに早くに出てきてしまうなんてなぁ。
のんびりさせてくれよ~~~~!
戦&戦で、キャライベントとか全然進められてないんだよ~~~~!!


 
 
次回>>「」


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP