ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記062 ルート確定までもうちょっと

  
  

投稿日:2020年3月23日


 
 

大道寺小松のキャラクリはちょっと手間がかかる。
少なくとも蘭ルートでは不可能なことがわかっていたので、彼女の勧誘は最初から諦めていた。
次かその次の周で、加入&キャラクリに挑戦したい。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

北条早雲の消失

無茶しやがって…

 

 
 

蘭を失い、傷心状態だった早雲。心の傷が落ち着く間もなく“まむし油田”に出現したミナモトとの戦いに赴いた彼は、敵の策略でピンチに陥ってしまう。
部下を逃がして迷宮の入り口を内側から封鎖した早雲は、そのまま生死不明&行方不明となった。
生死不明っつーけど、この状況で何日も過ごすとか無理じゃね……? 生きてる気がしねぇよ。

 
 
 
 

 
 

早雲の生死もミナモトの生死もわからぬままだが、北条家当主不在を続けるわけにもいかない。
国主代理として北条マサコが立ち、彼女の元で北条家は統治されることになった。織田家VS北条家の戦争状態も、もちろんまだ続いている。
……マサコ、せめてもうちょっと若くて可愛いタイプなら良かったのにな。満足度的な意味で。

 
 
 
 

全ては早雲のために

 

 
 

 
 

ま、何にせよ、これで更に一歩前進だ。
捕虜部屋の南条蘭を勧誘しに行こう!

「可愛いから」というだけの理由で勧誘してきたランスに蘭は即反発しようとしたが、結局は早雲を捜すために織田に下ることを決めた。
捕虜の身では早雲の安否を確認することも出来ない。ってことは、行方不明事件もこの時点では知らない……のか? 噂くらいは聞いていたのかな。

 
 
 
 

 
 

 
 

改めてその後、蘭は部下の旧北条勢から、“まむし油田”での事件や蘭行方不明以降の早雲の行動について詳しく聞くことができた。
恋人を失ってからの早雲の激務や事件は、半ば自殺に近い様に見えた……みたいなことを部下は語っていたけど、そのあたりはどうなんだろうな。
無理をしていたのは間違いないだろうけど、そこまで自棄にはならないヤツのような……そんな気もするけど……でもアイツ、意外とバカだしなぁ……。

ともかく、『早雲は“まむし油田”のどこかにいる』という情報は手に入った。
不眠不休でミナモトや鬼と戦い続けているかもしれない早雲を長く放置するわけにもいかないが、次の情報が入るまではまだ待つしかない。
早く北条家を制圧してやらんとな。
……これ、北条家制圧が長引けば長引くほど、早雲の消耗もヤベーよな。メシとかトイレとかどうしてんの? 気合? 陰陽?

 
 
 
 

あっちもこっちも混乱状態

 

 
 

 
 

国主代理が立ったとはいえ、北条家の混乱は続いている。
困った部下が重臣である小松を頼ろうとするが、彼女はすっかりやる気を失ってしまっていた。
蘭行方不明時に早雲にあしらわれたのも相当なショックだったようだが、それに加えて早雲自身も行方不明となれば、いよいよ彼女には頑張る理由が残っていない。

「早雲様がいるから、こんな国でも耐えていけると思ったのになぁー…」と考えているようだし、小松の想いは我々の想像以上に本気だったのかもしれない。小松の言動は悪女染みているけど、少なくとも早雲のことは本気で好きだったんだろうな。
とはいえ、居なくなった相手をいつまでも思い続けるほど関係が深かったわけでもない。そのあたりの切り替えがある程度早そうな感じも小松っぽい。
想い人を失った(と思っている)大道寺小松は、北条家にほぼ見切りをつけて、他国へと目を向けるようになっていた。

 
 
 
 

 
 

 
 

……と、このタイミングで【作戦許可証】発行キターーーーー!!
待ってた待ってた!!
待ってました!!!

超ナイスタイミング。先日登用した川之江譲に、武士用の許可証を持ってもらうことにしよう。
陰陽用は蘭に、忍者用はかなみに……って、北条領土の残りを考えると、そこまで積極的に頑張る必要もないかもしれない。

そういえば忘れそうになるけど、今でも明石家とは交戦継続中だ。
これまでは極まれに攻めてくるのをテキトーにあしらっていたけど、【作戦許可証】を持たせるとなると、うっかり“姫路”に攻め込んでしまうかもしれないな……。
ま、その時はその時でいいか。瓢箪を割らないように、そこだけは注意しよう。

 
 
 
 

ルート確定直前の注意点

女の子にあまり好かれてない現状

 

 
 

 
 

柚美の好感度が『険悪』を脱し、ようやく『普通』に至った。
長かった……! だがここからも長い!
マジで間に合うのか? 島津家開戦に間に合うのか!?
間に合う気、全然しねぇけど!


この時点で『信頼』以下の女子は、謙信・乱丸・柚美・道三・てる・京子・ちぬ・子鹿・愛・ウルザ・かなみ・龍馬・きく・志津香・カスミ・阿樹姫・雪姫・蘭……って、多ッ!?
要するに仲間の女子ほぼ全員だ。
……ヤベー気がしてきたな。

合戦でコツコツ稼ぎ続けているけど、とても全員分は回らない。
かといって好感度アイテムもまるで足りない。

……ここは、大満足ボーナスに頼るべきか?
これだけの大人数を相手にするとなると、大満足ボーナスを用いての『全武将の好感度を+3UP』をそろそろ使っていくべきかもしれない。

 
 
 
 

五つ目の瓢箪(予定)

 

 
 

まずは目の前の北条家制圧を済ませてしまおう。
“上総2000”はサックリ占領し終えたので、残るのは“江戸”のみ。
ただし、江戸で最終決戦を挑むタイミングだけは注意したい。

今回のプレイにおいて、北条家は瓢箪五つ目の家だ。
北条家を五つ目にしつつ『蘭ルート』突入を狙う場合の注意点を改めて並べておこう。

 
●行動回数を三回に増やしておく
●『まむし油田に早雲がいる』と蘭が知るイベントを発生させておく
●北条家最後の領地ひとつだけは残しておく
 
 
〇ターン開始後、一度目の行動で北条家領地制圧(北条家征服)
〇二度目の行動で蘭のイベント実行(CG付)
〇三度目の行動で“まむし油田”のダンジョン攻略
 
 
上記項目に注意しておけば、『五個目の瓢箪が北条家でも、蘭ルートに突入することが可能』になる。
予定通り四個目の瓢箪担当だったら、こんな気を遣う必要もなかったんだけどな……。
やはりすべては今川家が武田家にアッサリ潰されたのが悪い。


 
 
次回>>「プレイ日記063 運命の分岐点


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP