ランス10感想 ランスシリーズ

結果発表が楽しみだね(追記版)

  
  

投稿日:2018年5月14日

ランス10女子人気投票が間もなく結果発表を迎えるらしい。
どんな結果になるかはわからないけれど、ワクワクだね。ドキドキだよ。

私も投票はしたけれど、本音としては「全員に一票!!!!」って感じでもあるので、順位自体にワクワク・ハラハラってのはそんなに無いかもしれない。
今後の展開に反映されるのかどうかはわからないが、シリーズラストを飾る作品のお祭りのひとつとして、純粋に楽しみにしている。


……そして「楽しみ」が過ぎて、過去のシリーズ人気投票結果を遡って楽しんだりもしている。
えっ、やるよな?
俺、メッチャやるんだ。月姫人気投票とかも年に一回は読み直したりするし……。
人気投票結果とかユーザーの熱いコメントとか感想とか、そういうのを読むのがメッチャすこ。


なので、今日は

「ランス10をプレイした今読み直す、ランスクエスト人気投票第5弾“2人で1票!会話、掛け合いの見たいキャラペア!”」

というテーマでぶつぶつガタガタ言ってみる。



(※5月14日追記加筆済)


 
 
 
 
 
 
 
アリスソフトブログで発表されていた順位を元に、「ランス10でこういうのあったよな~」とかダラダラ喋っていくという今回の記事。

あくまでもランクエ発売時の過去のランキングについて、私個人が勝手に語っているだけだ。
最新のランキングとは全く関係のない内容だと、ご了承いただきたい。


無駄に長い、かつネタバレを含めているのでご注意を。







30位 イージス & パステル







カラーのメインキャラコンビ。
2ターンのカラーの村イベント最後のレア宝箱として、二者択一を迫られたユニットたちでもある。
高難易度なら二人とも選択できるのだが……0APッ……!
パステルがんばれ! K1二位!

コンビのやりとりとしては、今思いつくのは第二部での「えぐい呪いをかけるのじゃー!」って騒ぐのを宥めているシーンだろうか。
あとはCITY決戦にて、パステルの悪い癖を気遣っているイージスの姿なんかも見られた。イージスの食券でも、ランスを含めた三人のやりとりが面白い。

癇癪を起していないパステルとイージスのやりとりは、それなりに穏やかで冷静なものだ。パステルがイージスを信頼し、イージスはパステルを大切にしているのがよくわかる。
女子同士でキャッキャするようなスイーツ空気はないが、まー既にお互いに大人だからな。ランス絡み等でグダっとする感じも味がある。







29位 ランス & リック







リーザス解放での結婚関連のイベントは、ランスがリックを認めていることがよくわかる興味深い内容だった。
今更引っ込みがつかなかったり、明らかにわざと負けたようでもあったり、ランスも大人になったなぁと感心してしまう。
ひと昔前のランスだったら、薄々自覚したうえでも、拗ねて不貞腐れて暴れていた可能性だってあった気がする。

一方でリックからランスへの尊敬の念などは、リック食券で多く描かれていた。
大体リックが空回っているのだが、それが彼ららしい。







28位 メリム & ルーベラン







3ターンラスト、ってのは早ぇよ……!
彼女たちのために、2・3ターンのうちにヘルマン行が必須になっている現状。いや行くよ! 二枚抜きするよ!!
ユニットとしてもわりと特徴的で使いやすい彼女たちは、序盤で入手可能なこともあって色々なシーンで世話になった。これからも世話になる。

私は4未プレイなので、彼女たちのエピソードはまだ詳しくはしらない。
04まだかな。早くやりてぇな。楽しみダナー!!!







27位 謙信 & 志津香



10で……あ、あったっけ……?
私が憶えていない、という可能性も大きい。あったら申し訳ない。

謙信は加入確定ルートがあるせいで、逆にメインシナリオで登場し辛くなってしまったようにも思う。
海からラストとか大侵攻とか、終盤にはそれなりに出番もあったのだが、10全体を見ると少し残念だった。







26位 アールコート & ランス







CITY決戦もアールコート食券も、どっちもメッチャクチャ良かった……!
ランクエ時の彼女はまだまだ頼りなく見える部分もあったけれど、短い期間で本当に成長したと思う。
ランス10、メインヒロインとまでは言わないが立派なサブヒロインの一人だった。
少なくとも私の中ではアールコートはヒロインだった。

才能だけ見ればアールコートは天才型なのだろうが、精神面を鍛えたのは他ならぬ本人の努力の結果だ。
その努力のきっかけがランスだったり、「ランスが見てくれるだけで強くなれる」って微笑んだりするアールコートが眩しすぎてかわいすぎる。







25位 クルックー & ランス







ランス10第二部は、この二人が出会ったからこその物語だった。
クルックーがランスにとっての「運命の女」なのか否かはあちこちで議論の真っ最中だし、公式でも明言はされないまま終わるかもしれない。
だがそれはさておいても、「ランスが」「クルックーにとって」「運命の相手」だっていうのは間違いがないと思う。
ランスに会えたことでクルックーは様々なことを学んだ。成長し、あの結末に至った。マジ、デスティニー。

ってシリアスに語るばかりもつまらないので、もっとシンプルに萌え語りでもしようか。
護衛イベントでのクルックー、かわいさまみれ。
全裸イベントや食券イベントといい、クルックーのランスに対するデレは非常にわかり辛い……ようでいて、プレイヤーから見るとわかりやすい。
それにランスがあまり気付けず、クルックーも意外と照れて隠しているような感じが、スッゲーかわいいと思う。
俺、実はクルックーのことも大好き。







24位 虎子 & リア



……さすがに無かったよな?
無かったよな!?







23位 モダン & ランス



「娘の旦那に惹かれちゃうイケナイお母さん」属性って、良いよな。

実際はパステルがアレなので、ドロドロしないあたりがモダンらしいというかランスらしいというか。安心感がある。
ビビッドやフルと同じく、幽霊であるために触れられない切なさみたいなものも味わい深い。
その結果、「娘の身体を使って、密かに惹かれる娘の旦那と××!!」みたいなそれどこのergかAVかって内容をノリノリエロコメで終わらせちゃうあたりがさすがの一言。







22位 サテラ & リズナ







〇年越しの伏線キターーーー!!!

って実際のところどうなのかはわからんが、ともかくなんか胸熱。
ああでもランクエ後日談の時点で魔人フラグは立っていたから、ある程度は決まっていたのかな?

さておき、サテラ&リズナのコンビは第二部でいきなりといえばいきなりの登場だったが、すごく面白くてかわいらしいコンビとして私も大好きだ。
先輩ぶっちゃうポンコツンデレサテラと、それにわりと素直に従っちゃう純粋リズナの凸凹コンビが、それぞれのエロ体質が組み合わさって無茶苦茶のグダグダになっちゃうであろうことが……想像でき過ぎて、もはや応援するしかない。頑張れ二人とも。死ぬなよサテラ。
彼女たち二人のドタバタ日常は、もっと見てみたかったな。







21位 イージス & リセット



この二人のやりとり、というと、第二部シャングリラでの別れ際が印象的だろうか。
お互いに理解しあって、通じ合っているイージス&リセットはオトナだ。イージス&パステルよりもオトナかもしれない。だが、どっちも違ってどっちも良い。







20位 アームズ & 謙信



第二部でどこかであったりするのだろうか……?
ちょっと思い出せないし、思いつかない。申し訳ない。







19位 サチコ & ランス







サチコ食券1枚目が全ての答え。

ランクエの時よりも、ずっと馴染んだし面白みも増したような気がするコンビだと個人的には思っている。
各食券はもちろんだが、サチコ→ランスの恋愛感情もなければ悪感情もない、どこまでもフラットで庶民的な捉え方や感想がともかくツボだ。
対ランスに限らず、色々なキャラとのやりとりをフラットにこなしてしまうサチコはある意味では大物。リセットとはやや違うベクトルで、コミュ力がスゲー。
その一方で「アム様ばんざーい!」と簡単に堕ちたりと、10のサチコは本当に各所で大活躍だったなぁ。







18位 志津香 & マリア







志津香マリアの親友コンビのやりとりは、歴代シリーズに比べると10では控えめだったようにも思う。
今まで十分描かれてきたし、他のキャラに場を譲った形になったのかもしれない……けれど、もうちょっと見たかった気がするな。

その分、海エンド終盤で再会できた志津香&ナギを抱きしめて「もう離さない!」なんて満面笑顔のマリアのシーンは、個人的にはすごく良かった。
妹デレする志津香にツッコミを入れるのもマリアだし、機械に夢中なマリアをフォローするのは志津香だし、描かれ方は控えめであっても、彼女たち二人が深い絆で結ばれているのはしっかりと伝わってきた。







17位 ランス & リズナ







リズナは人気キャラながらも、本人が一歩引く性格をしているからか、活躍する機会が最近では少なかったようにも思う。
その点、10では……ゼス魔人討伐2にまつわるアレコレを、出番があったと捉えるかあんなやり方なら無い方がよかったと捉えるかは、プレイヤーそれぞれだとは思う。

個人的には、「あれ」自体は本当に辛かったし、嫌だった。ショックだった。リズナがあまりにもかわいそうで、犠牲になった他のキャラクター全員がかわいそうだった。
だけど、それはそれとして、最後のリズナの結末は、私は良かったと思っている。
辛いことがあったし、苦しいこと悲しいこと、考えていたらキリが無いけれど……最後にリズナが笑顔でランスの傍にいられて、健康な体でサテラと共に彼を追いかけていくことができて、それが私はとても嬉しかった。

ランスのことを大好きなリズナが、これからも元気に笑って過ごしてくれたら、嬉しい。
そんなリズナを、ランスがランスなりに大切にしてくれているのが、嬉しい。







16位 パステル & リセット







言わずと知れた凸凹母娘。
俺、この二人、大好き。

危険に陥った時などに、パステルが「リセット~」って泣きながら呼ぶのが好きだ。
その一方で、リセットを守るためには本気で頑張ろうとするところも好きだ。

母のそんな姿を見て、にっこり微笑んで「おかあさん」って手を繋ごうとするリセットも好きだ。
パステルの悪口を言ったランスに、初めて本気で怒って喧嘩をするリセットが好きだ。

カラーの長として教育ママぶりつつ、実はランスレベルの親バカなパステルが好きだ。
おとうさんとおかあさん、二人とも大好きなリセットが好きだ。
母子、マジ、尊い。







15位 謙信 & リック



第二部例のシーンは、チルディショックとブリティシュショックで初見時はかなり脳をやられてしまった……。
改めてCGをじっくり見ると、やはり謙信も美しい。そしてリックはツッコミ所も多いけれど、片腕片足を失ってしまったという事実に、息を呑んでしまう。

それでもきっとリックはランスを恨んでなどいないだろうし、彼が戻ってきたなら、喜んでくれるのだろう。
謙信ももちろん、今でもランスを愛し、帰還に喜んでくれただろうと思う。







14位 鈴女 & ランス



ランス10では、どうあってももう見られない組み合わせ……。
……だが、ある意味で、「成った」ともいえるだろう。
コナンズネクストヒント、“第二部”。

鈴女とランスのぐだぐだっとしたボケツッコミも、また見たかったな。
そうだ、戦国ランスやろう。







13位 アームズ & ランス







第二部でアームズがここまで活躍するキャラになるなんて、想像もしていなかった。
ランスとアームズの関係は結局付かず離れず、食券や全裸でもわかりやすい男女の色っぽさは無くて、これはこれで良い雰囲気だった。
「ランスと子供を作っておけばよかったな」、みたいな台詞が、アームズらしくて良い。女々しくもなく、さっぱりとした後悔の念が彼女らしい。







12位 志津香 & リセット



志津香リセット二人だけのやりとり、となるとちょっとすぐには思い出せないかもしれないな……。
第二部での保護者コンビとしての活動が多かったように思う。
ナギがリセットの親友なだけあって、そちらにやや出番は奪われてしまったのかもしれない。
でも、一歩引いた状態でリセットや子供たちを眺める志津香が志津香らしくて、好きだ。







11位 香姫 & リセット



リセットは食券等にてナギ共々ちびっこ組として、香姫に面倒を見られていたのが微笑ましかった。
第二部でも「香ちゃん」呼びの貴重な相手として、姉妹のように笑い合っているのがかわいい。

香姫は本当の意味で「肉親ではないけれど姉」立ち位置のキャラとして、もっと第二部での出番が欲しかったようにも思う。
保護者ポジは五十六で、香ちゃんは一緒に冒険へ、とか……。
乱義も香姫もってのは立場的に難しいだろうが、そういうのも見てみたかった。







10位 イージス & ランス



イージスの記憶関連のオチが、こういう形になったのは予想外だった。
「嘘が嫌い」と言っていた頃は、下手すればバッドエンドパターンかと冷や冷やしていたが、穏やかに終わって一安心。

イージスも成長した……というより、ランスの人となりを理解して、好きになったから、かな。
意外と恋人ごっこに積極的だったり、たまに自らも乗ってくれるイージスは、やっぱりなんだかんだでランスに惹かれていたのだろう。
自分にとっての信念や役目よりも優先させる感情では無くとも、大切な相手だったのだと思う。
全てを終えた後も、きっと彼女は安心したように笑ってくれるのだろう。







9位 かなみ & ランス



ヒロインとしての出番は、9で大体済ませてしまった……ッ!
だが、それでも! かなみは、かわいい!!

やすい恋人枠としてある意味大活躍ではあったが、××やCGについては、まぁ今回のかなみは少し残念だった。しかし9で大活躍だった以上、10では他のヒロインに……というのも、仕方がないとも言えるだろう。
追加イベントとか、全然あってくれてもいいんだぜ。







8位 ウルザ & ランス







ランス10におけるサブヒロイン筆頭はウルザ。異論は認める。

正直、出番はそこまで期待はしていなかったので、想像以上にがっつりたっぷり登場してランスたちと絡んでくれて、それだけで俺は大喜びしながらランス10を神ゲーと崇め奉るのだった。

文武両道優等生なウルザが、お姉さんぶりながらランスを巧く操作するのがイイ。かと思えば、いざとなったら結局ランスの方が上手だったりするのも、イイ。
他の女性キャラとはまた少し違う距離感と絡み方ができるのが、ランス&ウルザコンビのポイントだ。

できればもっと平和な状況下で、のんびりデートやお茶する一場面……なんてのも欲しかったが、まぁ贅沢言いすぎかな。
私服を見られただけで、俺歓喜。立ち絵があれば俺タップダンスだった。







7位 パステル & ランス







ランスが大嫌いなパステルと、パステルを舐め腐っているランスという図がともかく面白すぎる。
ランクエでも愉快なコンビではあったが、10で更にパワーアップしたような気もした。
性格の悪い部分ではわりと似た者同士だったり、リセットに対する親バカ度もどっこいどっこいだったり、他の運命の女&ランスペアとは異なる独自の絡み方が多いのがパステルのセールスポイント。ただし本人は全力で嫌がる。

9でのパステルの雰囲気からして、もう冷静状態なのだろうかと個人的にはややガッカリしかけていたので、10でも全力で馬鹿馬鹿しいパステル&ランスのやりとりがたくさん見られて、本当に良かった。
リセットを交えても相変わらずだったり、時と場合によってはピタッと喧嘩をやめて「出来るオトナ」ぶったり、いちいち面白い家族だった。







6位 シィル & ランス







01や03もあったけれど、「最新のシィルとランス」が見られただけで、私は本当に嬉しかった。
ただそれだけで、10に対しては満足していた。言ってしまえば、発売前に既にある程度は満足していたわけだ。

しかし実際は、私が想像していたよりも遙かに深い物語が描かれることになった。
「シィルが復活しただけで幸せ」とかのたまっていた俺が、“それ”を喰らった時……どうなったか?

控えめに言うと、三回くらいタヒんだ。
眩しすぎて、視力が下がった。







5位 アールコート & チルディ



この二人「だけ」のやりとりというと、10では無かった、かな……?
アールコートはランス城常駐、チルディは親衛隊としてリーザス常駐だったため、顔を合わせる場面がそもそも少なかったようにも思う。

クリームはヘルマン組と、ウルザはゼス組とのシーンも多かったが、アールコートはわりと軍師組やランス達メインキャラとの絡みが多かったかもしれない。
リーザス解放に、手動・自動共に関わってこなかったような気もする……。忘れているだけだったら申し訳ない。
リーザスは有能なキャラが多く、人材が多すぎるが故に、描き切れない部分も多くなってしまったのかもしれない。そういう意味では、ちょっと残念だったかもしれないな。







4位 勝子 & 虎子



「虎勝割り込み」に救われたプレイヤーは、相当多かったと思うのだが、どうか。
周回重ねてくるとあまり頼らなくなってくるかもしれないが、1周目・2周目あたりでは非常に使いやすいユニットとして安定感があったと思う。特に弱体光の虎子が便利。

本編でも食券でも全裸でさえも、相変わらず喧々轟々、楽しそうに喧嘩している様が印象的な二人だった。もうちょい他と絡めよって気もするが、仕方ないか。
魔物界大侵攻時に、マジノラインでサイアス横目に「イケメンいるよ、キャッキャ」ってしている様が、今時女子っぽくてかわいかった。







3位 ランス & 志津香







9を経たからかもしれないが、本作での志津香はランスへの当たりが少し柔らかかったように思う。
ランスはランスで、子供である志津香に手を出せない諦めもあったりして、わりとずっと穏やかな空気があった。
面白いし微笑ましい、けれど、なんというか……寂しい。
なんかまるで、本当に終わってしまうみたいじゃないか……。

ベスト3(とランス&シィル)については、丁寧に語ろうとしても「尊い」「俺死んだ」くらいしか、正直まだ言えない。
この感動を表す語彙が、私には無い……。

ともかく、志津香に関しては、「本当にラスト間近の」「嬉しそうなランスを見て微笑んでの」「“馬鹿ね”」で、血を吐いてヌヌハラはタヒぬ。







2位 ランス & サテラ







今思えば、ランクエマグナムがサテラにとってのターニングポイントになったのかな。
あの時のアレコレきっかけでサテラがランスを気にするようになって……つーか、実際のところ惚れていたのだろうし。

人間相手では決して素直になれない(けどバレバレ)サテラが、色々あってああいう形に収まったのは、私にはしっくり来た。
物語を完結させる道中での悪役として、シナリオ的に貧乏くじを引かされた面もあったとは思うけれど、それはそれで立派な裏ヒロインで、魅力的なキャラクターだったと私は思った。

そのうえで、やっぱり私は人間ランスと魔人(?)サテラが、ツンツンワイワイデレデレしている様が、見ていて一番楽しいと思う。
これからも、末永く追いかけっこしていってほしい。







1位 ランス & リセット







ランス10全てをひっくるめたメインヒロインを選ぶなら、それはリセットだと個人的には思う。
リセットがいたから、ランスはあの再会を成し遂げた。第二部主人公は、楽しさと愛を学んだ。もちろん全てを解決したわけではないけれど、決して欠けてはいけない存在だったのが、リセットだった。

そして、そんな立ち位置以上に、私は「リセットがずっとランスのことが大好きだった」というのが、一番嬉しかった。
最初から最後まで、どんなことがあっても、ずっとずっとリセットはお父さんが大好きで、家族が大好きだった。
そしてランスも、リセットのことが大切だった。なかなか認めないし隠すだろうけれど、リセット以外の子供たちのことも、きっと好きだった。
そんな大きな愛が、奇跡を起こしたんだよ……。
そう、ランス10は、愛の物語……。
フォーエバーラブ……。








……と、まーそんな感じでベスト30、強引に語りながら無理やり駆け抜けてみた。
思い付き企画で、実質一日で書き上げた記事だが、正直しんどかった。一回挫けたしな。

楽しくもあったけど、メッチャクチャ疲れた。
今度同じような記事を書く際は、絶対に日数を置くからな……。


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス


 comment
  • 匿名 より: 2018/05/15(火) 3:02 PM
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    1人に対してのみ投票可能だったので、その結果は
    「1番好きとした投票者が多かった順」になりますね。

    シュルツ方式やボルダ得点のような、
    「好きな順番」を集計する選好投票を使った場合の
    結果も気になりますね。
  • SION より: 2018/05/15(火) 8:10 PM
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 1人に対してのみ投票可能だったので、その結果は
    > 「1番好きとした投票者が多かった順」になりますね。
    >
    > シュルツ方式やボルダ得点のような、
    > 「好きな順番」を集計する選好投票を使った場合の
    > 結果も気になりますね。

    ランス10の女キャラはどの娘も本当に魅力的なので、「俺のトップは〇〇! だけど××もすごく良かった!」なんてユーザーも多かったはず。
    そんな中で、「1人1票」というのは辛かったですね……!

    せめて3票、もしくはベスト3選んでの加点方式だったらありがたかったんですが、集計も大変だと思うので、仕方ないかなと納得もしています。

    なんにせよ、結果は純粋に楽しみ!
    あと、男キャラ部門とかエロス部門とかも、開催されたら嬉しいですね。

Message

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP