ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記080 野郎祭

  
  

投稿日:2020年5月21日


 
 

本編完結までにヒロイン勢は優先キャラクリしていたので、気付けば野郎連中ばかりが残っていた。
結果、今回は最初から最後まで“男”で終わる。
そんな日もある。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

タクガの野郎勢

ゴンの呪いを解くために

 

 
 

ゴンのイベントは「プレイ日記076 『★地獄の穴を塞ぐ★』地獄」の時点で前振りクリア済だったが、結局その後は色々と慌ただしくて触れられなかった。
遅くなったが、改めて進めていこう。

ゴンの呪い付きの原因である“どてちん”の名前と居場所が発覚したので、調査してみることになったランス一行。
目指すは“赤ヘル”の赤壁迷宮だ!
赤ヘルってことは、旧毛利領か。制圧しててラッキー。

 
 
 
 

守れる強さ

 

 
 

 
 

あちこち真っ赤で目に痛い“赤壁迷宮”をモリモリ探索していき、いよいよ“どてちん”が目前に迫る。
さてどんな妖怪なんだろーと思いきや、進もうとした龍馬をゴンが引き止めた。
ゴンの呪い付きを解く……という話題は、基本的に龍馬が主体となって進めてきた事案だ。
ゴン自身は今までほとんど意志を表明してこなかったが、ここに来てようやく、はっきりと「このまま…で…いい」と主張した。

 
 
 
 

 
 

 
 

呪いで体を蝕まれていくゴンを傍で見てきた龍馬は、簡単には引き下がらない。
それでも制止を振り切れず、子供のようにぽろぽろと泣き出してしまった龍馬に、ゴンは「ちちおや」としての言葉と想いを口下手なりに懸命に伝え始めた。
己が苦しむことよりも、大好きな仲間達をその手で守れなくなることの方が嫌だという気持ちを「ちちおや」から告げられてしまえば、龍馬も抵抗できなくなってしまう。最後まで龍馬はゴンの胸の中で泣き続けていたが、彼の判断にそれ以上の文句は言わなかった。

ゴンの強さと優しさ、タクガ勢の絆の深さがしみじみと伝わる良いシーンだ。
一部始終を見守った上で変に介入することもなく、「本当にいいんだな?」と確認しただけで済ませてくれるランスも格好いい。

 
 
 
 

 
 

これにてゴンのキャラクリも無事に終了。
ハッピーエンドと呼んでいいのかはわからないが、少なくともゴンにとっては満足のいく結末だったんだろう。

そして赤壁迷宮踏破記念のアイテムは『うさ仮面うさ』だった。
なんか久々で懐かしいな、うさ仮面うさ。ランス6リプレイでは、異常発生を疑うレベルで拾いまくってたっけ……。
パットンやロッキーに装備させたいところだが(※不可能)、蘭ルート終盤どころか延長戦に突入した現在、今更役立つタイミングはあるんだろうか?

 
 
 
 

龍馬が女になったので

 

 
 

龍馬のキャラクリも出来たし、ゴンのキャラクリも終わった。
ならばついでにコイツもやっとくか!
……という軽い気持ちで、譲の好感度を上げてしまう。
これが過ちであるとは気付かぬまま……。

 
 
 
 

 
 

 
 

理由は色々とあるけれど、収まるべきところに収まった関係だといえなくもない。
ランス的には不満爆発だが、龍馬のドストレートな言い草はある意味では痛快でもあった。
ランスに痛恨の一撃。ついでに「ちっちゃい」呼ばわりされた譲にも痛恨の一撃。
半分男だったようなもんなのに、龍馬は男のデリケートな問題に対する意識が低すぎない?
くそっ……ちくしょうっ……お、憶えてろー!

まぁそんなこんなで譲のキャラクリは無事終了。
彼のキャラクリ時の特殊な仕様として、譲の部隊に龍馬の部隊が編入されてしまう
結果、武将としての龍馬は一覧から消えてしまった。
せっかく育ててきた龍馬を失うのは惜しいが、まぁどうせ延長戦なのでいいかと考えていたけど……。

 
 
 
 

 
 

ゲエェーッ!?
美禰が勧誘できなくなってるゥーッ!!??
 
 
ハッ……そ、そうか!
川之江姉弟は龍馬が仲間に居なければ登用できない……。
譲と結婚したことで龍馬が一覧から消えてしまうと、前提条件未達成扱いになってしまうということ……!

いや~、やっちまった。
龍馬が女になった時点で美禰のキャラクリは諦めていたけど、加入くらいは超終盤ギリギリで達成できると踏んでいたんだけどな。

地味にかなりショック。
島津家のイベントで女性武将が減ったら勧誘しようと、ずっと前から考えていたのに……!
もっと早く、誰かを切る覚悟を決めておくべきだったか。グエ~。

 
 
 
 

想定外の空白

 

 
 

ともかく、武将が一人減ってしまった。
美禰の席を予定していたが、もはやその夢は叶わない。
別に空いたままでもいいが、どうすっかなぁ……と少し悩んだ結果。

 
 
 
 

 
 

浅井朝倉の父娘も、織田家に無事に幸せを掴めたわけだし……。
せっかくなので、あの男を誘ってみることにする。
攻略優先のガチガチプレイ中には誘う機会もそう無いし、ちょうどいいタイミングかもしれない。

 
 
 
 

今更天狗

相変わらず嫁がほしい

 

 
 

 
 

龍馬結婚&美禰勧誘失敗によって、不意に空いた武将枠。
ラストダンジョンも既に解放されている今、新しいサブヒロインキャラを加入させられたとしても、物語を楽しむ時間的余裕はない。

……ってことで、仲間にし易い発禁堕山を加入させることにした。
べ、別にテキトーに決めたわけじゃないぞ? ホントだよ?
今周回は浅井朝倉関連のイベントもがっつり経由しているので、なんだかんだで丁度いいようにも思う。

 
 
 
 

小さな幸せ

 

 
 

「ブスの厄介払いついでだ」くらいのノリで、発禁に超適当に嫁を与えたランス。
その件について、後日発禁が改めて御礼を言いに来た。

勧誘の時は態度もデカく、感じの悪い男だったが、早くも雰囲気がガラッと大きく変わっている。
器量は悪くも心優しい嫁・おゆいは、発禁のねじくれた心を見事に溶かしてしまったらしい。
雪姫の悲劇が繰り返されることはなかったんだな。おゆいと雪姫を比べて云々というわけではないけど、発禁にとっての「運命の女」は他の誰でもなく“おゆい”だったんだろう。

 
 
 
 

 
 

呪い付きゆえに辛い境遇にあり、心が歪んでいってしまったという発禁。
だが、おゆいに出会ったことで、彼は自分の全てを受け入れられるようになったようだ。
恩のある織田のため、何より愛妻おゆいのために、これからも頑張ると発禁は宣言する。
ランス的には大して興味のない話題だろうが、使える駒が頑張る分には問題ない。
何にせよ、よかったやん。


 
 
次回>>「プレイ日記081 運命に抗う女


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP