イブニクル

イブニクル プレイ日記13 サービスシーン多めな三章

  
  

投稿日:2020年6月5日


 
 

三章全体ではまだまだ序盤だと思うけど、早々にサービスシーン乱舞。
二章ではもっと少なくなかったっけ?
何もかもカラーのおかげかな。みんなでカラーの方々に御礼を言おうな。
 
 
 
 
※アリスソフト作品のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

この世界におけるカラー

カラーとの××はセーフ(重要)

 

 
 

パンチョを追いかけて、首都の隣街ビルフォンテにやってきた。……ビオ●ンテ?
街に入って、早速目に留まったのが王都では見かけなかった“カラー”の姿。
前回、トワの紙芝居の中でも存在は言及されていたけど、てっきりカラーの森深くに入らなければ出会えないものだと思っていたが……。
この世界でのカラーは意外と社交的?
森に引きこもってるって感じではなく、××確保のためにわざわざ休憩所まで街中に出店しているようだ。不貞を許されないこの世界において、風俗店を経営できるのは“非人間”判定されるカラーくらいなのかもしれない。

さしあたり、エル・キホーテ市民とカラーたちの関係はウィンウィンっぽい雰囲気。
カラーのお姉ちゃんも無理やりヤラされてる感じではないし、男たちは男たちで楽しんでいる。イイハナシダナー。
パステルあたりが見たら血管ブチ切れながら泡噴きそう。

 
 
 
 

美女確保罪でパンチョを逮捕せよ

 

 
 

 
 

捜していたパンチョの姿も無事発見。美人なカラーと歓談中だ。
贔屓の店のお気に入り嬢あたりかと思ったが……なんと、二人は恋人同士だという。
マジで!? マジかよ!? ずっり~~~~!!

クリスタルが赤く(重要)穏やかそうで美しいカラー・ロレンソさん。どこか儚い雰囲気もあり、そこはかとないエ□スを匂わせつつも清楚さも兼ね備え、美人揃いなカラーの中でも超上玉だ。うーん、95点ッ!!
こんな美人が、パンチョと恋人……? 裏に何かあるのでは?

……と、最初は少なからず怪しみもしたのだが、彼らのやりとりの雰囲気はガチで奥手な恋人同士でしかない。
マジか。マジなのか。

 
 
 
 

 
 

ロレンソさんと別れた後、ぼんやりしていたパンチョに早速話しかける。
改めて国王に直訴する相談を……の前に、女性陣はパンチョ&ロレンソの恋バナに興味津々。
彼らの馴れ初めや現状についてキャッキャッと盛り上がり、ああだこうだと意見やアドバイスを飛び交わす。
恋人としてはなかなか時間を取れず進展しきらないパンチョ&ロレンソカップルだが、彼らが協力して積極的に動いたことで、エル・キホーテ国民とカラーとの関係改善にも繋がっているらしい。
異種族間の架け橋的なカップルでもあるワケか。これまた良い話だ。良い話だけど、彼らの関係に何らかの問題が生じた場合……という不安も抱かずにはいられないな。

 
 
 
 

ヒャクエンカンパニーのちょっと怪しい社長

 

 
 

 
 

さておき、今はカラー云々ではなく、エル・キホーテと蛇紋の関わりの有無について追及すること。
国王に改めて詳しく話を聞くため、口利きをしてくれそうな人物……ヒャクエンカンパニーの社長を訪ねることになった。
パンチョに「金の亡者」呼ばわりされるあたり不穏感じだが、トワに出資してくれているヒャクエンカンパニートップなら、きっと悪い人じゃないはず(※安易)。

早速カンパニー本社に向かい、社長ロシナンテと初対面した。口調といい雰囲気といい、いかにもなタイプの商人だ。
全体的に紫色なカラーリングは、ロシュフォールを思い出さずにはいられないが……いやまぁ、色彩だけで疑うのはさすがに無茶苦茶すぎるよな。うん。

 
 
 
 

 
 

と思ったらやっぱりそうじゃねぇか!!  
 
蛇紋は紫がテーマカラーなのか? 名前も「ロ」始まり縛りとかあるのか?
世界的大企業のトップが蛇紋幹部ってのは、エデンでのロシュフォールに負けずとも劣らぬレベルでヤベェよ。蛇紋って、既に世界の半分くらいは掌握済なんじゃねぇの。

見るからに怪しい男ではあったが、この段階でロシナンテが真っ黒だと明かされるのは意外でもある。
今回はランスロット編以上に敵バレが早いのな。ロシナンテの方が黒となると、ベン国王はやっぱり悪人ではないのか……?

 
 
 
 

カラーの森

里の見学料と入場料

 

 
 

 
 

プレイヤー目線ではロシナンテの正体がバラされても、主人公たちはまだ知らない。
国王の口利きを頼むため、条件として出された『プラスチック原料についてのカラーとの交渉』のため、カラーの森を訪ねることになった。
見学料や入場料を求められた結果、ここで予想外のCGイベント乱舞。
なんだなんだ、今回はご褒美回だったのか?
まぁカラーの森に入るためなんだから、仕方がないよね。

 
 
 
 

 
 

 
 

辿り着いたカラーの里。背景CGは見覚えがあるな。ランスシリーズのと同じヤツかな?
過去記事の画像を捜してみたが、炎上前のスクショは上記のヤツくらいしか見つけられなかった。
炎上後の里が好きすぎる儂。泣いてるパステルがオモロカワイイから仕方ないんだよ。

 
 
 
 

再会と初対面

 

 
 

閑話休題。
ビルフォンテで見かけたロレンソさんと、直接話をするのはこれが初めて。
そんな彼女の隣には、「友達の家にいる」と手紙を残して失踪していたキャスリンの姿があった。
久しぶりじゃないか、将来の嫁(※決めつけ)!
そのおぼこいコメントを聞くのも久々だな。性に開放的な嫁が多いので新鮮な感想。

 
 
 
 

 
 

女王様の方から興味を示されたらしく、すんなりと面会も成立する。
この世界での現在のカラー女王メルテルは、妖艶な雰囲気の爆●美女だ。目線の流し方も舌の動きもいちいちエロい。

出会って早々、「……の眷属か」と何やら伏線っぽいことをささやかれた。
おっと、やっぱりそういう系?
キャメロットで特殊スキルが貰える時点でそうだろうな~とは思ったいたけど、やっぱ主人公には何かしら特殊な設定があるんだろうな。
未だ謎めいた双子の姉ちゃんたちといい、そのあたりが明かされるのは何時になるのやら。


 
 
次回>>「プレイ日記14 ほこらの中の宝物


 
 
  
  

-イブニクル
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP