「 FGO第二部第五章 」 一覧

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記33(完) 人間の価値

    第五章感想、最終回!     最大最強の異聞帯と呼ばれるだけある、超ボリュームの物語だった……! そもそも前半・後半別れての分割方式ってのが異例中の異例 …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記32 未来を賭けた戦い

    クリプターたちはそれぞれ、最初に受けた印象と実際に会った時の印象は少しずつ異なってきた。 猫を被っていたぐっちゃんパイセンはわかりやすいけど、たとえばペペロンチーノは想像 …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記31 人として人を愛するもの

    いよいよ物語終盤、最終決戦! ……と思いきや、意外とまだまだ先は長い。 戦闘の数自体は少ないのだが、『戦闘なし』でのシナリオパートが長い&多く、決戦の気配に高まりまくってい …

>> 続きを読む



FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記30 『余分なもの』のために生き

    プレイ日記における次回以降、『異聞帯のゼウス』の考え方と描かれ方はガラッと変化した印象がある。表面的な変化は少ないけど、“良い意味での人間味”が薄まったような感じだ。 敵で …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記29 うたかたの夢

    Aチーム、クリプター、大令呪。 少しずつ明らかになってきた部分もあれば、まだまだよくわからないこともある。特にマリスビリーが関わってくるあたりは、未だに謎が多い。 第二部も …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記28 等しく堕ちた末に

    ヘファイストス及びプロメテウス=ヘファイストスは、カルデアの旅路の協力者としても『アフロディーテの夫』や『村正の師』という設定的にも重要で面白いキャラクターだった。 ハゲ弄 …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記27 知恵と炎を与えし神

    オリュンポスでのエウロペは憂い顔がとても多い。 カルデア召喚時のマイルーム等での「おばあちゃま」イメージが強かったので、シナリオ内での立ち位置は結構意外な姿でもあった。 険 …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記26 いないはずのひとたちがいたゆめ

    デメテルとアフロディーテは結局『真体』での戦闘のみで、実装されそうな人間形態での戦闘グラフィックは用意されていなかった。 そのうち実装は……あるのだろうか? オリュンポスシ …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記25 獣に届く矢はあらじ

    『扱うべきテーマ大杉問題』でおなじみ、大西洋異聞帯。 ギリシャの神々に、オリュンポス市民に、キリシュタリアに、生き残りクリプターに、異星の神に、その使徒に、カイニスに、アト …

>> 続きを読む

FGO第二部 Lostbelt No.5 プレイ日記24 フワッフワのパン

    今回のパート、一段落ついた後にとりあえず月姫読本(青)とキャラマテを引っ張り出してきて読み直した。 ふむふむ……。なるほど! わからん! 私の理解力はさておき、読本といい各 …

>> 続きを読む

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP