FGO感想 TYPE-MOON

FGO第二部 Lostbelt No.5.5 プレイ日記03 キャスターだらけの聖杯戦争

  
  

投稿日:2020年12月11日


 
 

頼光や金時だったりメディアリリィだったり、今回登場するキャラクターの多くは第五章後半オリュンポスにて『途中脱落』とされていたサーヴァントが多い。
ここにはきっと何らかの意味があるのだろう。途中脱落した彼らはリンボの手で特異点に引き込まれていたのかもしれない!
な~んて予想をしていたけど、今のところオリュンポスと平安京の繋がりは見えてこない。
……あれ?
 
 
 
 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

頼光四天王

認識の差

 

 
 

 
 

いつ首だの腕だのが吹っ飛んでもおかしくないような空気の中、突然明らかになった認識の差。
やはり綱は、主人公の方こそを“サーヴァント”と誤解していたらしい。
それどころか……「キャスター以外のサーヴァント」の存在に驚いている?
えっ、聖杯戦争に参加しておきながら、クラスの基本情報も知らないのか?
……そんなはずないよなぁ。だとしたらまさか、今回の聖杯戦争はキャスターだらけの大運動会の可能性……?
バ、バランス悪ぅ~!

 
 
 
 

若き快男児

 

 
 

 
 

勘違いを恥じることもなく、最後まで涼しい表情のままで渡辺綱は去っていった。
残念ながら誤解がとけて仲直りって雰囲気ではない。とりあえず即決戦の危険は去ったけど、金時に対して「あかしの紋」云々というのは……やっぱり令呪の話だよなぁ。綱は金時に対してもマスター候補と怪しんでいるってことか。

最後まで表情を崩さなかった綱の側の本音はわからずじまいだが、少なくとも金時の方は兄貴分との対立に多少緊張もしていたらしい。
綱が居なくなった後に、やれやれといった様子で表情を崩すのがユニークだった。こういうところが好感を持てるよなぁ。それ以外にも好感持てるとこしか無いんだけど。

 
 
 
 

 
 

見た目は馴染みのものとは多少違えど、坂田金時という人物の善良さと気持ち良さは疑う余地もない。まさに快男児! アニキ、一生ついていきます!
ただ、生前金時と思われる今の彼は、英霊になった後に比べると多少“迷い”の類が強いようにも見える。やや未熟というか、若いというか。
……今回の物語は、若武者坂田金時がゴールデンな男へと上り詰めていく道筋を描くエピソードになるのだろうか?
王道英雄成長譚、開幕の予感。少年誌で連載しちゃう?

 
 
 
 

天覧聖杯戦争

キャスターだらけの大儀式

 

 
 

 
 

ここで回想兼、金時からの状況説明。
七日ほど前から内裏で密かに始まった儀式……【天覧聖杯戦争】
それを考案したのはキャス狐の怨敵でお馴染み、超ド級有名陰陽師安倍晴明だという。彼からの提案を受けて儀式の決行を命じたのが、顔はたぶん初登場なこの男藤原道長
いや~藤原道長と来たか……。史実でも創作でもどうしたってよく登場する男だが、正義の側として描くかそうでないかは視点によって異なってくる人物でもある。
そして今回、FGOにおいては……顔立ちと言動の雰囲気からして、失礼ながら正義側には見え辛い。
いやいや、見た目で決めつけるのはよくないケドネ?

 
 
 
 

サーヴァントとマスター

 

 
 

『七騎の英霊、七人のマスター』『最後に残ったものは願いを叶えることができる』……など、基本骨子は通常の聖杯戦争に近い。
ただし、聖杯について言及がなかったり、七騎全員がキャスターでクラスが偏りまくっていたり、更になぜか『英霊七騎の命を捧げれば京の守護が万全となり、千年を平安を得る』という唐突な追加報酬まで出てきたり……怪しいことだらけ。
真っ当な亜種聖杯戦争とも思い難い。どう考えても罠か策でしょうね。
千年の平安とか絶対に嘘じゃん。道長かわいそ。ウケる。

 
 
 
 

 
 

そもそもの『安倍晴明の提案』ってのがまず怪しい。本人が言ったわけでもなく、文オンリーとか誤魔化し放題だ。
もしくは、安倍晴明が直接リンボと繋がっているのか……。はたまた、藤原道長の側と繋がっているのか。一番単純に、生前の道満と繋がっているのか?
天覧聖杯戦争のためとはいえ、命までは奪わずともサクサク四天王仲間を倒していった渡辺綱も怪しいと言えなくもない。
パッと並べてみただけでも容疑者多すぎ。

そういう意味では、『間違いなく犯人側ではない』金時と早々に出会えたのは本当に幸運だよな。
最初から最後まで味方だってわかりきってるもん。
……これで万が一金時に裏切られた日には、人間不信で引きこもるしかなくなる。

 
 
 
 

 
 

一通りの話が終わったところで、綱相手には隠していた“金時の秘密”を打ち明けられる。
なんと……!
あ、あなたが私のマスターか……?
絶対に例の構図やってるよコレ。

 
 
 
 

迷子と家出息子

 

 
 

 
 

マスター・サーヴァント関係ではなくとも、金時が我々の味方になってくれたのは間違いない。
こんなにはっきり「約束」してもらえたら、もう確定じゃん。勝利決定、円満解決確定。
みなさんお疲れさまでした! リンボ戦は大変でしたね!!

ところで気になるのは頼光さんの現状。
金時が家出、というのは、まぁたまにはあるのだろうが……頼光さんの側にも、何か異変が起きているのだろうか?
もしかして、頼光さんも容疑者に数えるべきなのか?
あまり気乗りしねぇなぁ。だがとりあえず、第二の現地協力者として即接触というのは難しそうだ、というのは理解&納得。

 
 
 
 

 
 

 
 

頼光さんちを拠点にするというアイデアは潰えたものの、金時が同行してくれるだけで十分幸運だ。
さて仲良く野宿でもすっか~と思っていたら、ふらりと通りかかった牛車から声がかかる。
身分高い貴人に違いない。変な因縁つけられたら困るなぁ……って……ああッ!
み、見覚えのあるポップカラー! やばたにえんのあげみざわ!!
回しても回しても出てきてくれなか(略)俺たちのエモーショナルエンジンフルドライブ……!!

CMでチラッと出てはいたけど、こんなにも早くに登場とか予想外。
テンション上がるぜ。オレ、ナギコ、スキ!!


 
 
次回>>「プレイ日記04 宮中に潜む魔


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, , ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP