ランスシリーズ 戦国ランス感想

戦国ランス プレイ日記146 跳べないさいたま

  
  

投稿日:2020年12月23日


 
 

帝レースの決着まであと一歩のところまで迫ってきたが……ここでちょっと速度を緩め、しばし足踏み。
決着をつけてしまうと寄り道もし辛くなってくるので、余裕があるうちに色々とやりたいことをやっておく。
ちょっとくらい足踏みしても大して困りはしないだろうと油断していたが、意外な方向に影響が出てきてしまった。
 
 
 
 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

帝レースの犠牲者

交戦相手の近況

 

 
 

53ターン、敵フェイズ。
魔軍がついに魂縛りを解放させてしまった。
今後は敵陣営に魂縛り感染者も加わるのか……。面倒くせぇなぁ!

攻撃力自体は大したことない連中だし遠距離攻撃の手段もないので対処はしやすいけど、高難易度で兵力が積み重なった現在、その一撃はまぁまぁ痛い。数値がバカ高くなっていた勝家の兵力が削れる削れる。

しかも魔軍を相手にしている限り、魂縛りはほぼ無限発生みたいなものだ。最後まで逃れられないと思うと単純にキツい。
“南アフリカ”制圧でストップさせられるんだったか?
だがそこまでする意味があるかっつーと……正直ビミョー……。

 
 
 
 

 
 

 
 

独眼流・魔軍と並ぶ、現在の我が家の交戦相手明石家
交戦状態を維持する意味も無くなってきたので、必敗イベントを利用して謙信のポイントを稼がせてもらう。
もちろん不死身稲荷は戦姫から借り済だ。

問題なく得点ゲットできたうえ、明石家もじわじわとシナリオが進行し始めた。
このままストレートに攻略を目指すとしよう。

 
 
 
 

ザビエルもやるときはやる

 

 
 

各国の行動も終わり、これにてターン終了!
……と思ったら、何か見慣れないイベントが発生した。
登場したのは……一騎打ち候補でもあるレース参加者鈴谷無双じゃないか!

ユニーク武将とは違い、鈴谷無双&熊野五郎は『冒頭で発見報告を受ける』のが一騎打ち解禁条件となっている。
発見報告イベント自体がランダムのようだし、さほど期待せずに他候補者との対戦を優先していたのだけど……これが発見イベントなのか?
いや、それにしてもなんだか様子がおかしい。

 
 
 
 

 
 

ゲェーッ!!
鈴谷無双の前に現れたのは、殺意マンマンの魔人ザビエル……!!

状況としては「プレイ日記142 おたふく風邪の脅威」の際のザビエルVSカズヒサイベントに近い。
レース参加者に名を連ねるだけあって、鈴谷無双もなかなかしぶとく抗っていたが……さすがに相手が悪すぎる。カズヒサほど若くもなく、のどかな村での対決というのも状況が良くない。更に運も悪かった。

 
 
 
 

 
 

 
 

惨殺ッ……!
本人語っている通り、いたぶられなかっただけ慈悲深い殺し方と言えるかもしれないが、死は死だ。そしてザビエルの勝利だ。

鈴谷無双に勝利したことで、ザビエルに20点がドドンと加算されてしまった。
やはり一騎打ちの勝利はなかなかデカい。
もちろん死んでしまった相手と再戦できるわけもないので、謙信にとっても貴重な一騎打ち候補が一人減ってしまったことにもなる。
おのれザビエル……。そして哀れ鈴谷無双。見つかったのが織田家だったなら、命まで取られることは無かっただろうに。

 
 
 
 

今は遠き北条家

今更さいたま

 

 
 

鈴谷無双死亡イベントが終わり、次ターン始まって早々に『次は熊野五郎と戦うのはどうか』と愛が勧めてくるイベントが発生した。
さっきの今で、狙ったようなタイミングだな。
鈴谷無双の悲劇を繰り返さないためにも、ザビエルよりも先に挑戦できるならば挑戦しておきたい。

……ただ、厄介なのが熊野五郎の現在地。
“さいたま”在住……?
さいたまって、あのさいたま? 北条領の??

オイオイ、それって北条に喧嘩売って“さいたま”奪うところから始めなきゃダメじゃね??
えっ……超面倒くさくない……!?

 
 
 
 

遠き土地での敗北

 

 
 

とりあえず……せめて明石家との決着がついてから考えよう!
だがプレイヤーが現在最優先で狙っているのは、“モロッコ”の制圧。そのための第一歩として、密かにじりじりと“カイロ”まで攻め進めてきた。
大変だった! でもあとちょっと! ついに隣接まで来たぞ!!

帝レース得点稼ぎの合戦以外、このルートで魔軍と積極的に戦う利点は少ない。
それでも我々は攻め進まねばならなかった。
カイロも戦艦長門も大して必要ではないが、モロッコだけは欲しい。
……女捕虜が居なさ過ぎて代わりに雇った男たちを、性転換させたいんだ!!
俺たちが目指すのは、モロッコの『性転換神殿』!!!
夢をこの手にッ……!!

 
 
 
 

 
 

 
 

そんな感じで我々が九州で遊んでいる間に、なにやら北条家武田家に勝手に負けかけていた。
……えっ、北条家負けたの?
超久々に出てきたと思ったら、何してんだよ早雲。
完敗して滅亡させられたってわけではなさそうだが……。

 
 
 
 

 
 

しかも“さいたま”取られてやがるッ……!?  
 
熊野五郎が住む“さいたま”が!!
武田家に奪われてんじゃねぇか!!!
オイオイオイ、勘弁してくれよ早雲チャンよぉ!!!


エンディングも見えてきた今更武田家と戦うとか、北条以上に嫌すぎる。
熊野五郎はもういいか……。やーめよやめよ。
こういうのは諦めが肝心っすよ。

……ん?
そういえば早雲自体も超久々に見たけど、蘭って今はどうしてるんだ?
ちぬはかな~り前にハジケてしまったけど、蘭の近況も戯骸の出現もしばらく聞かない。
北条関連のシナリオを全く進めていないせいかな。

 
 
 
 

ここに来て増える男

 

 
 

早雲と北条家の情けなさに嘆きつつ終わった55ターン目。
56ターン冒頭にて、性眼が仲間に加わるイベントが発生した。
意外と遅かったな……!
本能寺が発生したのが43ターンあたり。和睦も同ターン近くで行われたはずだが……仲間になるまで10ターン以上かかったのか。

無事に性眼が家臣になった以上、おそらく数ターン後には言裏も冒頭枠で加入してくるはずだ。
これで今周の面子はほぼ出揃ったと言ってもいい。
……しかし、思ったよりも枠が余ってきた。
浅井朝倉家や足利関係者相手にケチりまくって残った武将枠、空いたままでクリアしてしまうのはちょっと勿体ない。
改めて五十六や毛利てるさん、はたまた毛利領で山中子鹿を勧誘するってのも手だが……。

 
 
 
 

 
 

どうせならまだキャラクリしてない奴を優先しよう!
超今更、捕虜小屋から引っ張り出されたのはまさかの原昌示
思えば最初の正史ルート、「プレイ日記006 まずは一国制圧完了」の頃から捕虜生活を送り続け、解放されるでもなく『枠に余裕があって気が向いたら勧誘してキャラクリすっかな(※せずに終わる)』と雑に扱われていた原……。
ついにちょっとだけ輝く時がやってきたのかもしれない!
……大して輝かずに終わるかもしれない。

ま、せっかくだし?
久々に仲良くやろうや。それなりに。


 
 
次回>>「プレイ日記147 モロッコの奇跡と、その代償


 
 
  
  

-ランスシリーズ, 戦国ランス感想
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP