ランス10感想 ランスシリーズ

ランス10 延長戦68 【戦国縛り⑰】妻として母として

  
  

投稿日:2021年3月14日


 
 

おまちかねの『JAPAN内紛』、からの五十六登場!
戦国ランスからリアル●年……再会できるまで長かったなぁ……。
空白期間が長かっただけに、もうちょい補完やサービスが欲しかったようにも思うが、ただでさえボリューム過多で限界突破だったランス10を想うと仕方がなかったんだろうな~とも受け入れられる。
でも第二部立ち絵は……欲しかったッ……!
 
 
 
 
※延長戦記事では第二部の内容に触れることもあるためネタバレ要注意

 
 
 
 

寄り道かつ本命

JAPANに行く理由

 

 
 

【TURN10】作戦フェイズ、やってきました懐かしのJAPAN!
作戦『JAPAN内紛』といえばクリアB以下固定のJAPANルートで必ず通過するクエストだが、城を浮遊させたクリアA予定のルートでも挑戦は可能。多少の条件はあるけど出現自体は容易だ。

ただし、内容的にはほぼ完全な寄り道になる。
シナリオボリュームや設定重要度も、前回ターンで挑戦した『異常事件解決』と同じくらいだろう。
各地の魔人討伐シナリオに比べると圧倒的に尺は短い。……が!

 
 
 
 

 
 

今回ばかりは、これが本命!
なぜなら……五十六が登場するメインシナリオは、ココくらいだからだッ!!

 
 
 
 

 
 

 
 

五十六ルートエピローグで描かれた『10年後』より、少し早くランスと再会できた山本五十六
ルートエピローグでは着物姿で、今現在の千姫のように一線から退いたようにも見えたが……経過年数が変わった影響か、ランス10での五十六はまだ現役戦士な雰囲気だ。

メインストーリーとしてはランスたちと同行するわけでもなく、息子・乱義をランス城に預けて、JAPANを守りつつ戦っている……みたいな感じ?
四大国の各姫君以上に立場的に出番が限られているので、登場する場も各キャラとの交流もどうしても少ないのが残念。五十六食券は貴重な機会だ。
……だが、ランクエ以降の作品でもなんだかんだで登場できなかった五十六が、こうして久々に新規立ち絵付きで堂々と登場してくれたってだけでも喜ぶべきかな。実際、喜んだ。公式HPがドカッと更新されて好きなキャラ(一部シルエット)の新画像がモリモリ見られた時のあのコーフン、やばかった思い出。

 
 
 
 

妖怪たちの依頼

 

 
 

 
 

我々の最大の目的は五十六との再会だったが、クエスト的には『黒部退治』がメイン。
五十六と共にランス一行を迎え入れたのは政宗と嫁たちだ。カード的には既に入手済み、酷使しまくっている彼らだが、物語上はここが再会の場となる。

設定的に、現状ではJAPAN妖怪である彼らはそう簡単にJAPANの地から離れることはできない。
ランクエでノワールも所持していた“オロチの鱗”のようなオロチエネルギーを発する物品を所持していればいいらしいが、それも大人数での移動は簡単ではないのだという。
一方、今回問題になっている黒部は『オロチが大陸にブツかった時、折れた牙』が妖怪になった存在だ。
まさにオロチエネルギーの塊とも言える黒部が仲間に加われば、彼と共に妖怪軍団は大陸に進軍できるようにもなる。


ちなみに“オロチの牙”は、黒部と引き分けルート限定で入手可能なJAPAN所属アイテム。
カードコンプ目指す場合は要チェック対象。

 
 
 
 

前の前の妖怪王の復活

かつての敵の名前が続々と

 

 
 

 
 

遡ること2300年前……魔人ザビエルによってJAPANまで押し返された帝・藤原石丸と、彼に仕えていた妖怪王・黒部。
最終的にザビエルは天志教によって封印されたが、それまでに石丸を殺し、黒部も殺した上で完全に破壊していたのだという。改めて聞くとスゲー戦果だ。

今更だけど、戦国ランスの時代のうちに魔人ザビエルを殺せてて本当によかったよな~。
正史的には美樹ちゃんの手で魔血魂まで消滅済なので、ジークやアベルトのような万が一の復活もありえないのが超安心。
アイツがランス10でも再復活で出張ってくる、なんてことになってたら……絶対にJAPANがエグいことになってたに違いない。
それはそれでシナリオ的には間違いなく面白いだろうけど、ユニークキャラが何人も死にそう。ボリューム増加で制作スタッフも死にそう。

 
 
 
 

 
 

ザビエル復活の危険性はないようだが、『謎の女』は現在進行形で暗躍中らしい。
「色んな妖怪に黒部につくのを勧め」、「ただ皆が困っているのを楽しんでる」ひねくれ者か……一体何傾国なんだ……。

 
 
 
 

JAPANらしい妻で、母親で

 

 
 

 
 

黒部問題や傾国問題、色々あるけど……一番大事なのは言うまでもなく、久々の五十六との逢瀬!
五十六の尽くしっぷりには、久々再会のランスも少し驚く。
思えば妊娠か出産直後にはランスはJAPANを離れていたわけだし、そのギリギリまで魔軍やザビエルと戦争中だった。まともに“夫と妻”のような時間を持てるのは、これが初めてに近いのだろう。

一般的な妻として甲斐甲斐しく振る舞おうとする五十六の姿に対し、「形式にこだわる石頭」とランスは憎まれ口を叩いているが……カワイイもんじゃないか!
自分は女性らしくないかもって悩んでいた時期もあった五十六が、すっかり“妻”と“母”になっちゃったんだもんなぁ。
縛られたくないランスにしてみれば居心地は悪いかもしれないが、久々再会にウキウキだったであろう五十六のためにも、ここは甘んじて受け入れてやろうや。俺、何目線?

 
 
 
 

 
 

 
 

そんな五十六であっても、息子乱義に対しては厳しさもみせる。
魔人戦争の今、息子を遠く離れたランス城に残して関りを断っているのも、ランスのような大陸人目線では少し冷たく見えるほどだ。
これもまた、JAPANらしい母子観なのかもしれない。自分に厳しく息子にも少し厳しいけど、心の奥底には深い愛が詰まっている。

乱義を預けた際のやりとりのようなものが、確か五十六食券でも描かれていたはずだ。
食券か……。今回は食券獲得が難しいうえ、結局はランダムだからな~。見たいけど見られるかはわからない。

 
 
 
 

 
 

 
 

乱義の写真でからかわれた際の五十六のエ□可愛い顔には既視感を覚える。
角度といい目の伏せ方といい、戦国ランスの私服(?)立ち絵と重ねているんだろうな、と今になって気付いた。遅くね?
やはり五十六は良い……。可愛すぎる……。

 
 
 
 

 
 

 
 

そんな可愛い五十六カードを、死国宝箱からゲット!
通常カードではなく、最初に手に入るカードからして『運命の女 山本五十六』表記ってのが珍しい。
今周回ではシィルに続く運命の女カードだ。たぶんこれ以上は増えないだろうな……。

五十六カードは1APの等倍遠距離攻撃に加え、お馴染み必殺技【疾風突破】持ち。
疾風突破の暗殺効果はどこに……!?
あと【山本式弓掃射】もお世話になった記憶があるので、できればスキルとして欲しかった。

10ターンでの加入とは、やや遅くなってしまったけど、こればかりは仕方がない。
まだ遅くない!
五十六、一緒に冒険頑張ろうな!


 
 
次回>>「延長戦69 【戦国縛り⑱】小忙しいターン末


 
 
  
  

-ランス10感想, ランスシリーズ
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP