ランスシリーズ ランス・クエスト

ランス・クエスト 延長戦028 幸せだったくのいち

  
  

投稿日:2021年4月27日


 
 

序盤~中盤はスパルタユニットがやや育ち辛い。複数敵をブッ飛ばせるスキルもないし、普通のファイターに比べるとイマイチ強みや良さを感じにくく、近接アタッカーとしても採用しづらい期間が長かった。
でも強力な人型敵が増えてくる後半あたりから【背負い投げ】目当てに出番が増えてきて、更に難易度が上がるにつれて徐々に【弱体パンチ】【装甲破壊パンチ】なども痒い所に手が届く感じで嬉しくなってきた。
良いなぁ、スパルタ……と現在(=日記的には未来)掌クルクル中。
 
 
 

関連記事
ランス・クエスト 延長戦001 オールスターでエピローグ
戦国ランス プレイ日記001 舞台はJAPANへと

 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

それぞれの個別モルルンクエスト

初モルルンが続々と

 

 
 

 
 

モルルン解禁レベルに到達したキャラクターがどんどん増えてきた。
一回目モルルンは育成し直すのに一手間かかるので、様子を見つつちょっとずつ進めていく。
地味に待たせていたが、ようやく勝子&虎子も一気にモルルン!
戦国ランスの上杉制圧時に××済なので失うものもなく無問題(?)。

謙信との再会の時にも、本番こそなかったけどサービス的なCGは用意されていたし、更に今回も新規CGが複数枚か。
こうして改めて数えると……虎勝コンビの扱い、デカいな!
ランクエのサブヒロイン筆頭は虎勝だった?

 
 
 
 

 
 

JAPAN統一を成し遂げた英雄自ら、どちらが上杉家当主の器にふさわしいか調べてみたが……結果! 甲乙つけがたしッ!
さしあたり今回は保留。当主決定はまた今度、ということになった。後日談まで結局お預けになる予感。

二人とも初回モルルンなだけあって超大幅レベルダウンしてしまったが、経験値アップの特性的にも前線復帰は早いだろう。
この調子でモルルン強化をもりもり頑張ってもらおう。当主の座を目指してファイト~!

 
 
 
 

 
 

もいっちょクエストモルルン。
今回の相手はカロリアだ。彼女も初回モルルンにあたるので、クエストクリア後にはレベル1になってしまった。
ガード役のレベルダウンは厄介だが、本作は最強化がびっくりするほどやり易くなってきたので、テキトーなクエストの後衛に入れて数回戦えばそれなり程度には即鍛え直すことができる。

そういえばカロリアはおっぱいスキルでCG差分が存在するんだっけ?
早めに回収しておくんだったかな……すっかり忘れていた。

 
 
 
 

 
 

そして……モルルン待ちだった女はもう一人。
できれば避けたい気分でもあり、なんとなく後回しにしてしまっていたが、いつまでも放置しておくわけにもいかない。
そもそもシナリオを読みたいという気持ちも否定できないし、どうせならちゃんと見届けるべきだろう。
だから! 行くぜッ!!

 
 
 
 

くのいちの最期

 

 
 

クエスト『くのいちの寿命』は鈴女の初モルルンイベントであり、「戦国ランス プレイ日記029 出会えた幸せ」の頃に観た鈴女キャラクリ時のシナリオの“続き”ともいえるような内容。
あの時も、先日の吹夜事件の際にも鈴女は自分の寿命について誤魔化し切ってしまったけど、ついに誤魔化せない瞬間に至ってしまった。

スッゲ~~~~悲しいけど、スッゲ~~~~~~~好きなイベントでもある。
鈴女の言葉のひとつひとつがとても彼女らしいし、対するランスの言動も彼らしい。共に変にシメっぽくなりすぎず、最後まで自分たちのペースを貫き通せるところが、本当に良いコンビだよなぁと思う。

こんな状況で女子をグーで殴れる男なんてそうそう居ないぞ。でもそんなランスだから、一緒にいて楽しいんだろうな。
ってか、そもそも戦国キャラクリの時もグーで殴ってたわ。よくグーで殴る関係。

 
 
 
 

 
 

 
 

猫の最期といえば、あえて主人の前から居なくなってしまう……みたいな話をよく聞くけど、鈴女は最期までランスの傍にいてくれた。
鈴女はマジの猫ではないけど、それはさておき。こんなの、もう『愛』じゃん? いや『恋』か? ともかく鈴女が本気で本当にランスを愛し、ランスと共にいる時間を愛していたんだなぁとこの事実だけでも超わかる。

それでも鈴女は、結局最後までランスに対して愛だの恋だの本気での言葉を告げることはなく、「好きな人の中でのぶっちぎりトップ」とまでしか語らなかった。
どう考えても、どこから見てもゾッコンだろうに……まぁ言うだけヤボだよな。そういう生き方と最期を鈴女が笑顔で選んだのだから、文句は言えん。

でも……やっぱ……クッッッソ悲しいし超~~~~~寂しい………………。
最高に美しく彼女らしい別れ方だったけど、伏線も設定も無理やり放り出してでも、ご都合主義でも奇跡でもいいからもうちょっと一緒に居たかった……。

 
 
 
 

 
 

 
 

なので!
もうちょっと一緒に居るぞ!!

 
 
 
 

 
 

 
 

ちょっとだけの延長戦、ボーナスタイムではあるものの……鈴女ともうちょっと一緒に居られる!
ならそれだけでいい!!
鈴女の想いと覚悟を胸に、長いような短いような時間をめいっぱい楽しもう。思い出もまだまだ作れる!

モルルンのお約束に則って鈴女のレベルは1に逆戻り。
ついでに消去不可能な【霊体】スキルを付与された。物理ダメージが1/3しか喰らわなくなったらしいぞ。スゲーじゃん!
だが同時に回復魔法が効かない体になったのは厄介でもある。回復薬に続いて魔法も駄目となると、長期戦には不向きだなぁ。

レベルダウンでスキルリセットしたことだし、鈴女の育成方針について考え直す良い機会だ。
昔に比べるとカーマやクレインといったレンジャー仲間も充実してきたことを考えると、隠密移動や逃走は彼女たちに任せて、前衛での攻撃or暗殺特化が良いだろうか?

 
 
 
 

魔物を率いる女王

怪しく光る謎アイテム

 

 
 

 
 

モルルンした仲間の再育成も進んだところで、新たなクエスト『魔物女王』を選んでみる。
難易度は39か。結構高いな。
モルルン乱発中なので全体的なレベルは35前後に育ってきてはいるけど、ちょっと背伸び気味ではある。

でもこのクエストも、クリアすれば仲間が増えるから……。
仲間が欲しくて(いつもの理由)……。

 
 
 
 

 
 

 
 

魔物を使役する悪い美女をお仕置きできると聞いてきたのに、現れたのは未熟な女の子。
外見年齢や言動がどうこう以上に、あの日焼け跡がヤバいよ。既に犯罪の匂いしかしない。
ま、待って下さい! まだ何もしてないんです、本当です。


 
 
次回>>「」


 
 
  
  

-ランスシリーズ, ランス・クエスト
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP