FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント 輝け! グレイルライブ!! プレイ日記03 絶対私ナンバーワン

  
  

投稿日:2021年5月3日


 
 

メインストーリー以外にもサブっぽいシナリオが存在することに、かなり遅れて気が付いた。
毎日のシナリオ追加やフリクエ追加に紛れてて、見落としていた……。それぞれのグループの補完っぽくもなってるオイしいやつじゃん!

まだ全部の回収が終わったわけでもないし、そもそもメインシナリオ自体が途中ではあるけど、今回のテキスト量って意外と多い?
ゴールデンウィークという長期休暇用のイベントとして、たっぷり楽しめるように豊富に用意されているのかもしれない。だったら嬉しいな。
 
 
 

関連記事
FGOイベント アキハバラ・エクスプロージョン! プレイ日記01 願いが叶う街
FGOイベント セイバーウォーズ2~始まりの宇宙へ~ プレイ日記01 コメディ極振りと見せかけて、たぶん伏線まみれ

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

めざせ! アイドル

えっちゃんの近況

 

 
 

女性エネミーがアイドル敵としてどんどん登場してくる流れかも……と思ってはいたけど、予想を上回るイフリータの可愛さに二度見不可避。
かッ……!? か、か、可愛すぎッ!!!
虚数海域イベントでの【花の邪神】に続き、イフリータシリーズの新衣装がこんな場所で披露されることになるとは。正直すごく良い……。イフリータタソ……。

 
 
 
 

 
 

アイドル活動を始めつつ、えっちゃん側の事情についても少しずつ教えてもらう。
その後に語られたこともあわせてザックリまとめると、彼女は『知人(X)との決着の後、星ごとブラックホールに落ちたことで、この特異点に辿り着いたX・オルタ』といった感じ?
逆視点での似たようなエピソードは、以前にXからも聞いた覚えがある。セイバーウォーズ2の頃だったかな。
今回配布で貰えるフォーリナーえっちゃんのマテリアルの内容にはリアリティ番組云々とも書かれていた。……うーん、とりあえずなんとなく受け止めとくか!

ともかく、えっちゃんは元気そうだ。セイバーウォーズ2の時は『亡くなったあの人』のような立ち位置ながらも最後には助けてくれるオイしい役所で、あれはあれで格好良かったけど……やっぱり本人が傍に居てくれるのが一番嬉しい。
今回のイベントはなんとなく、セイバーウォーズ2(のXエピソード)と表裏一体のシナリオになっているような感じでもあるなぁ。

 
 
 
 

 
 

 
 

そもそもえっちゃんがアイドルなどという文化に「ワリとやれるかも?」と思ったきっかけが、Xその人だったらしい。
なるほど、スペースカラオケ! Xとえっちゃんの頻繁なカラオケエピソードは『第1期学園編』の人気ネタだったもんね。知ってる知ってる。
本人の性格としてもノリとしても、アイドル活動というものがそんなに向いているようには見えなかったが、ここもまた彼女の影響から繋がっていたわけか。エモいわね。

そんなえっちゃんの、最初の時点ではフワッとしていた“理由”や、本物のアイドルを目にしてしまったことで生まれた“迷い”のようなものが、今回のメインストーリーの主軸になっていくのかもしれない。
……ならないかもしれない。

 
 
 
 

この地における聖杯戦争

 

 
 

 
 

さて、ともかく次の目標が決まった。
歌番組『グレート・アイドル・ショウ!』で告知されたのは『グレイルライブ』の開催! イベントタイトル回収だ!
聖杯の名を冠する、この特異点での聖杯戦争(※予想)。キャスター縛りの聖杯戦争はちょっと前に参加したけど、今回はアイドル縛りか。枠狭ぇ~!

そのエントリーチケットを手に入れるべく、実力行使で奪い取る計画が笑顔で構築されていく。
よく考えるとヤベー思考だよ。じ、実力といっても暴力じゃなくてライブ対決だし? 法には触れない多分。

 
 
 
 

私が一番女王様

知人がどんどんアイドル化

 

 
 

 
 

レッスンやバトルに忙しい日々を送る中、たまたま公園で出会ったのは人気アイドルユニット『∞QUEEN』
その名はさきほどの番組『グレート・アイドル・ショウ!』でも見かけたな。歌唱シーンは見逃したので構成員は不明だったけど、メイヴ&タマモキャットのデュオユニットだったのか!
わりと珍しい組み合わせのようにも思うが、どっちも自由かつコミュ力に長けているので、組んでも違和感はさほどない。

 
 
 
 

 
 

 
 

アイドル霊衣の二人、改めて見ても超可愛いな……。
衣装自体は既に発表されていたけど、表情差分がつくと可愛さ倍増し。喋り出すと三倍。戦闘グラフィックで動き出すと無限大だぜ。なるほどインフィニットじゃねーの……!

ところで会話の様子からして、メイヴちゃんもキャットも我々と馴染みのある知人(カルデア所属?)の彼女達らしい。
どういう原理でこの世界に? そしてなぜアイドル活動中?
……ま、いっか! あくまでコラボ、細かいことは考えずにフレキシブルに楽しもうぜ!

 
 
 
 

序盤のライバル枠にふさわしい女

 

 
 

今日も今日とて、ある意味では便利で使い勝手のいい『序盤の敵』をやりきってくれるメイヴちゃんサイコー!!
定番の“引き抜き”ムーブだ。アイドル物なら、そりゃ一回はやっとかないとな。
いかにもメイヴならやりそうだし、こういったトラブルを経ても引きずらずに割り切ってくれそうな軽やかさもある。
悪役っぽい言動すら彼女らしく、それでいて嫌味にならないあたりがメイヴちゃんの格好いいところだよ。そしてイイ感じの山場を作ってくれるという意味でも、シナリオ構成上でありがたい人材でもある。

 
 
 
 

 
 

 
 

メイヴちゃんの喜怒哀楽っぷりもキャットの純粋フリーダムっぷりも良かったが、対するミス・クレーンも……そしてミス・クレーンの言動に密かに一喜一憂するえっちゃんもイイッ!!
無表情クール系美少女のようでいて、意外とえっちゃんは表情によく出る。細かい表情の変化っぷりが実に分かりやすく、とても可愛かった。

 
 
 
 

 
 

 
 

格好いい「勧誘お断り」ムーブからの、いつものパターン。
かーらーのー、えっちゃんのスペシャルデレタイム!!

いやいや……ハート飛ばすのは反則っしょ。笑顔差分可愛すぎる。
しかもここが初披露? 使いどころが完璧すぎて殺意すら感じる。
ミス・クレーンは二回死んだ。

 
 
 
 

仲間がいる強さ

 

 
 

 
 

グレイルライブの参加チケットを手に入れるためにも、ムゲジョに挑むっきゃない!
……が、ハードルは高い。
ここでミス・クレーンが『複数人の強さ』を語りだしたのに、プロデューサー兼マスターは「おっとマシュの出番かな?」と立ち上がりかける。
だがそんな流れでもなさそうだったので、一回座った。さすがにまだちょっと早いか。でも霊衣的にも、マシュがアイドル参戦するのはほぼ確定の流れと言っていいだろう!
……ここまで言い切っておいて違ったらどうしよ。


 
 
次回>>「プレイ日記04 笑ってスマートに可愛く


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP