FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント 輝け! グレイルライブ!! プレイ日記05 歌い踊り舞台が跳ねて

  
  

投稿日:2021年5月7日


 
 

プレイ日記内でも書いたが、『配布鯖の正規加入が早い』のがマジで超~~~~良かった。
どうせイベントは完走するので仮加入でも良いっちゃ良いのだが、育成の度に「仮加入だけどいい?」の確認ウィンドウが出るのがスゲーダルいんだよ。タップが増えるのが嫌すぎて、結局正規加入まで本気育成しづらい。

初心者的にも、イベントを完全制覇できなくても一応貰えるってのはありがたい措置だろう。
できれば今後もこれくらい早めに正規加入してほしいなぁ。
 
 
 

関連記事
FGOイベント アキハバラ・エクスプロージョン! プレイ日記01 願いが叶う街
FGOイベント セイバーウォーズ2~始まりの宇宙へ~ プレイ日記01 コメディ極振りと見せかけて、たぶん伏線まみれ

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

VS『聖マハトマ歌劇團』

マンわか的にはアルエレかな……

 

 
 

 
 

マハ劇の舞台偵察を追え、フツーに楽しんで満喫したカルデアプロダクション一行。
鑑賞後の夢心地はさておき、価値観(推しカプ)の違いによって解散危機に繋がったのは予想外の流れで草。エレジャンだのジャンウシだの、そういう四文字系単語を公式が使うんじゃないよ。

一応それぞれの推しをメモしておこう。いつか役に立つ日が来るかもしれないぜ!
メイヴ→エレジャン派
X・オルタ→エレアル派?
キャット→ジャンウシ派
マシュ→アルウシ派

 
 
 
 

友への歌

 

 
 

解釈の微妙な違いで盛り上がるのは、それだけマハ劇のパフォーマンスが我々の心を掴んだ証拠。
彼女達との戦い方について相談する中で、メイヴや主人公から「アイドルに懸ける願い」について尋ねられて、えっちゃんは深く悩み始める。

再会した時も今も、えっちゃんはアイドル活動に前向きでありつつも“なんとなく”な面も大きい。
アイドルが力の全てとなる特異点で、消費者側や裏方側ではなく表舞台に立つ『アイドル』になった理由についても、「カラオケで歌を褒められたし、やれるかも?」くらいの考えがきっかけに過ぎなかった。

 
 
 
 

 
 

その後、ムゲジョという本物を目の当たりにしたことで挫折を味わったりもしたのに、それでもえっちゃんはアイドル自体を辞めはしなかった。
主人公達と再会するまではファンが誰もいないような状態でありつつ、アイドルを続けていた。
主人公との会話の中で過去を振り返り、理由ときっかけを突き詰め……X・オルタは、今まで無自覚に近かった想いにようやく辿り着く。

 
 
 
 

 
 

 
 

きっかけだった“あの人”。だが今のえっちゃんにとっての歌と願いの行く先もまた、“あの人”だった。
良い話じゃん! ……って思ったらミス・クレーンも同じこと言ってたし凄い顔で号泣してた。彼女はいつも俺達を易々と飛び越えてゆくな。

ミスの奇行はさておき、えっちゃんにとってこの“気付き”はとても重要なターニングポイント。
今までフワフワしていた考えと覚悟がピタッと嵌り、地盤が固まった。これはアイドルとして、もちろんえっちゃん個人としても大きい成長に繋がる大切なものだった。

 
 
 
 

 
 

 
 

リーダーメイヴ、作詞オルタ、作曲キャット! 『AxXxS』の武器がようやく出揃った!!
っつーかキャットって作曲まで出来んのかよ。ペンタブで原稿手伝いもできるし、万能文化猫娘すぎ。

新曲を手に迎えた大舞台、グレイルライブ一回戦。
相手はもちろん『聖マハトマ歌劇團』! いざライブッ!!

 
 
 
 

覚醒えっちゃん

 

 
 

 
 

ジャンヌ(ルーラー)交じりの混成バトルは少し厄介だったが、HP自体が少なかったこともあり難易度はさほど高くはなかった。
無事に勝利! 我らが『AxXxS』は、強敵マハ劇を見事に撃破してみせた。
ライブ終了後は互いに健闘を称え、マハ劇の面々は我々の新たな仲間として吸収合併……は、さすがに今回は無し。何回もやってたら新鮮味も無くなっちゃうしなぁ。

仲間入り展開を強行する必要はないが、エレナたちの出番がこれで終わってしまうのは単純に残念でもある。グループとしてだけでなく、彼女達個々が話をしているところをもっと観ていたかったな。
……とこの時点では思っていたけど、後にサブクエストで『マハ劇番外編』のようなエピソードが用意されていることに遅れて気付いた。
そんなのあったの!? マジかよ! 超嬉しい!!

 
 
 
 

 
 

ちょっと話はズレるけど、この対決の時や霊衣解放の際なんかに牛若丸とメイヴちゃんが絡んでるのにニチャァッ……としてしまった俺オタク。
最近牛若丸とメイヴの“匂わせ”が多くない? いいよいいよ、もっとちょうだい。
反発し合いながら認め合ってもいるオンナたちってサイコーだぜ。

 
 
 
 

 
 

そしてこのタイミングで、配布鯖フォーリナーえっちゃんが正式加入!
メインシナリオ途中での正規加入ってかなり珍しくないか?
でもシナリオ的にはえっちゃんがアイドルとして覚醒したタイミングってことでバッチリだし、ストーリーバトルで前衛編成必須なえっちゃんを遠慮なく育成できるようになったってのも嬉しい。つまりすごく良い措置!

しかもその後のメインシナリオで宝具アップ用のえっちゃん二枚目が早々に貰えたり、再臨素材もわりと早めに貰えたり……びっくりするほど易しいけど、よく考えたら本来配布ってこれくらい簡単に手に入るべきなのかもしれない。
ともかく嬉しい。ありがたい。今後もこれくらい易しめになってくれてもいいんだけどな。
配布鯖って強力だし魅力的だしで大好きなんだけど、完璧な強化状態になる頃にはイベント終盤ってパターンがほとんどで、本領発揮の舞台が復刻時になりやすいのが悩みでもあるし。

 
 
 
 

そうだ海へいこう

甘い予感がする……!

 

 
 

続く二回戦……は、まだ少し先になるらしい。
スケジュールに余裕がある今の内に、強化合宿を行うことになった。

今後はトントンとライブ対決が続くのかと思っていたので、こういう変化が用意されているのはシナリオ的に嬉しいな。舞台がライブハウスやアトリエだけでなく、色々な場所に移るのも新鮮味があって良い。
しかもビーチ! 常夏!
見える……見えました! すなわち水着!!
ちょっと早めの水着イベントで、女性陣とキャッキャウフフ展開……!

 
 
 
 

 
 

 
 

ドンッッ!!!  
 
な、なにーーーっ!?
今まで読んでいた水着イベントは?

 
 
 
 

 
 

俺たちはようやく登り始めたばかりだからな。この果てしなく遠いアイドル坂をよ……!
ご愛読ありがとうございました!
ノッブ先生の次回本能寺にご期待ください!


 
 
次回>>「プレイ日記06 ROCK OVER Honnnoji


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP