ランスシリーズ ランス・クエスト

ランス・クエスト 延長戦084 見えてきた滞在限界

  
  

投稿日:2021年9月11日


 
 

「ランクエで第二部面子作りてぇ~」と最初に思ったのはランス10クリア時。三年とか四年とか前? 時間経ちすぎててワロタ後にちょっと切なくなった。
それだけ年月が経てばテンションもある程度下がるし、さすがに気持ちも落ち着いてしまう。
「やっぱ即やるべきだったかもな」とか「盛り上がらないかな」とか勝手に一人で思ったりもしていたが……実際に作ってみたところ! フツーに楽しい!!

当時より落ち着いてしまっているのはおそらく間違いないとも思うけど、それでも今でも十分に楽しい。キャラメイクするのも楽しいし、コイツらを連れ歩くのも楽しい。
やっぱり俺……ランスシリーズが好きなんだな……。ものすごく……。
 
 
 

関連記事
ランス・クエスト 延長戦001 オールスターでエピローグ
戦国ランス プレイ日記001 舞台はJAPANへと

 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

迷宮と寄付と漫遊と

寄付の成果

 

 
 

日々を真面目に送っている俺達にALICE様からプレゼント!
ショップに【戦国ランス鎧】入荷だァーッッ!!
 
 
キャラ付けとして【スター】を取得させたザンスにぜひ欲しかった一品。
約束通り、早速ザンスに持たせておこう。出来ればもっと欲しいけど複数個入手って可能だっけ?

いや~、思ったよりは早く手に入れられたような気もする。
ザンス作成前からずっと欲しがっていた装備品ではあるが、寄付数2000回弱で初入手できたのは幸運な方だろう。たぶん。

 
 
 
 

CITY付近をひたすらウロウロ

 

 
 

 
 

『マルグリッド迷宮X層』を1階層クリアしては寄付をし、寄付でボーナスを得て、CITY漫遊を回収して、色々と準備を整えたら再度『マルグリッド迷宮X層』に潜る……を延々と続ける日々。
楽しくはあるけれど、不意に「飽きたな」と感じることもある。さすがにね?
ただなんだかんだで隙間時間にちょこちょこ進められているあたり、まだまだマジ飽きには遠いのだろう。

貯めこみすぎたせいでCITY漫遊回収はかーなーりーの作業になってしまってはいるものの、中には面白いテキストもあるので結局は楽しかったりもする。
パロネタは好き嫌いが別れそうだが、個人的には普通に好き。メンタルがクソガキなんすわ。

 
 
 
 

 
 

 
 

いつかのゼス女子連続攻撃に続き、今回はカーマのCITY漫遊も発生。
立ち絵もなければイベントも少ないカーマだけど、ランスに淡い想いを寄せるマセた女の子としてのキャラ立ちは安定しているし相変わらず。
ミルとは違って本作中の未熟脱却は叶わなかったが、そのビミョーなラインの違いがまたイイ。未熟という文字の「未だ熟さず」という漢字について想いを馳せる休日深夜。我ながらキモさがエグい。

 
 
 
 

 
 

 
 

更にゼス女子はもう一人。
こっちは特殊な方向にブッ飛んでいるが、ランスにすら読み切れないほどトびまくっているせいで一人完結型勘違いコントじみているのがクソ面白い。

エミのようなサブキャラクターだからこそのやりたい放題感っつーか、フリーダムすぎるところが良いなぁ。
ランス10でのサブキャラ系食券を思い出す。彼らもサブだからこそ遊ぶ余地が広くて、そこが面白かった。
あと単純に、「ランスすら引かせる女」ってジャンルはコメディ的に面白すぎてズルいんだよ。飛び道具じゃん。

 
 
 
 

【敵弱すぎ】に追われつつ

新人追加

 

 
 

 
 

時期は色々と前後するのだが、更に追加キャラクターとして深根ナギを作成。
深根は【引きこもり】【ハンデ】【リラックス】を持たせたレベリング要員を兼ねたヒーラー
ナギはTHE王道の攻撃特化ソーサラー。白色も黒色も破壊光線できるつよつよユニットに育てたい。

ナギを作るか、「子供ナギ」として作るか、かなり悩みもしたが……最終的には己の心に従った。
ワイ、ナギ、スキ。
あとは単純に、大人志津香(ランクエ)とナギを並べて使いたかった。

 
 
 
 

 
 

そんなわけで、キャラメイクしたオリジナルユニットは……シィル・長田君&相棒・ザンス・スシヌ・乱義・深根・ナギ、の七人に到達した。
残りは三枠になってしまったわけだが、オリジナルユニット作りもこのあたりで一時停止したいと思う。
ここまではほぼ思考停止でモリモリ作ってしまったけど、さすがに一回止めよう。他のキャラクターも色々と作りたいけど、マジで絞り切れないんだよな……。

しばらくはこの状態、『残り三枠空いてる』ことに甘んじて、まだまだ余裕があるぜ~と安心しておきたい。
余裕に安心して、安心し続けて遊び続けよう。こういうのも一種のラストエリクサー症候群なんでしょうね。

 
 
 
 

難関クエストへGO

 

 
 

チルドレンなオリジナルユニットたちもそれなりにレベルが上がってきた、ここで!
そろそろ『翔竜山登頂』に挑戦してみようと思う。

難易度は62だが、たとえばトマトなんかは既にLV70オーバー。
『マルグリッド迷宮X層』ですら、既に【敵弱すぎ】から逃れられない身だ。
強くなりすぎてしまった、か……。強者になるって意外と虚しいものね。

 
 
 
 

 
 

冗談抜きに、トマト以外の多くのユニットも【敵弱すぎ】不可避になりつつあるのはかなり厄介な問題。
ワールド1に居座るのもそろそろ限界なのかもしれない……。
本当はそろそろワールドを切り替えた方がいいんだろう。
でも! まだCITY漫遊回収が半分も終わっていないんですッ……!

 
 
 
 

山登りの注意点

 

 
 

『翔竜山登頂』は先が長いうえ、複雑なギミックもあるクエスト。
準備を整えて慎重に、【トカゲよけ】代も惜しまずに払う。03でもあったなぁトカゲよけ。

道中には度々ボス戦も発生するし、先に進むごとに一定レベル以下の仲間は使用不可能になっていく。ラスト付近でLV55以下アウトだったかな?
さすがに全員セーフってわけにはいかなかったが、主要面子はLV56を超えている。リラックス要員のメグちゃんや名声要員リアもLV56までキッチリ育ててきた!
よし、登るぜ!!

 
 
 
 

 
 

 
 

……とその前に、もうひとつ大切なイベント。売店近くの自販機から出てきたのは『豚クリア』。
確かコレってランダム&最後に重要になってくるんだよな。忘れずにメモメモ。

しかし『豚クリア』かぁ。
ランスシリーズの食品は独特なネーミングが多いけど、『豚クリア』ってあまり馴染みがない。以前にも登場したことあったっけ?


 
 
次回>>「延長戦085 翔竜山でハイキング


 
 
  
  

-ランスシリーズ, ランス・クエスト
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP