FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント カルデア・サマーアドベンチャー! プレイ日記01 右も左も渚の天使

  
  

投稿日:2021年9月10日


 
 

2021夏イベント、ようやく開始ッ!!  
 
気付けば妙に涼しくて寒暖差で風邪っぽくなってきた9月初め現在! ついにFGO夏イベント2021が始まるぞ!!
タイミングとしては例年から大きくズレているけど、まぁ理由と事情は十分に理解できるし素直にありがたい。
おかげでじっくりブリテンの余韻に浸れた……。そして月姫も遊べた。なおワイ個人はまだクリア出来ていないぞ!

ともかく毎年のお楽しみ、面白いしサービスたっぷりの夏の祭りだ。
言うまでもなくアゲていこうぜ!
 
 
 

関連記事
FGOイベント サーヴァント・サマーキャンプ! プレイ日記01 静かな湖畔のコテージの影から
FGO第二部 Lostbelt No.6 プレイ日記01 妖精國と予言の歌

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

レッツゴーカリブー

真夏のコスチュームチェンジ

 

 
 

 
 

此度の舞台はカリブ諸島、おそらく18世紀前半。
毎年似たような季節になると夏に相応しいような場所に特異点が発生するんだから不思議だよネ。何者かの意志を感じずにはいられない。その謎を探るべく、我々は今日も特異点に跳ぶ―――!

しかも今回は久しぶりにゴルドルフ新所長も同行パターンらしい。
いきなり嬉しいサプライズ! 実際に喜びの声を大量に聞いた。ゴッフはスタッフにもプレイヤーにも好かれすぎじゃない?
……だが我々が注目すべきはゴッフのおニュー衣装などではない!

 
 
 
 

 
 

来た! 見た!! 勝った!!!
アナスタシアの水着じゃああああああああああああああい!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

 
 
 
 

今日の奇声及び長文ポエム

 

 
 

ヒーーーーーーーーーーーーッッ!!!!!  
 
いやいや、この表情差分ッ……!
やッ……ヤッバッッくねッ!!??
ヤバい……ヤバいわよ……。早くも語彙が死んじゃった。


ちょっとキモく語らせてもらうとさァ、この笑顔だけで「わかる」んだよね。
このアナスタシアが他の誰でもない、「主人公のサーヴァントであるアナスタシア」だってことがわかっちゃう。
たぶん、カドックにとってのアナスタシアはここまで無邪気な微笑みを浮かべないと思うワケ。ここまで幼く無防備には笑えない。その事実と差はそれはそれで美しいし尊いし、どっちのアナスタシアが良いとか上とか比べる気は皆無だしむしろ万死に値する行為なので俺が処すんだが、ともかくココの“違い”が眩しすぎて切なすぎるんだよ。
「カドックのアナスタシア」が二度と戻ってこない事実が辛くて美しくて愛おしくて、「主人公のアナスタシア」が夏の陽の下で笑ってくれる事実が可愛くて切なくて愛おしくて、ざっくり言うと二人のアナスタシアへの感傷合わさってバイバイバインなんすわ。
天井突破で真夏の天使。あああああ~~~~~……。結局語彙死亡確認。

 
 
 
 

 
 

 
 

更に真夏の天使はもう一人。コルデー!! シャルロット・コルデーッッ!!!
キャラ人気的に来てもおかしくはないとは思ってもいたけど、☆1からの大出世はおそらく初じゃないか? スッゲー驚いたし超嬉しい!!
でも彼女の魅力とヒロインぢからを考えれば、この大抜擢もなんら不思議ではない……! アトランティスで残された傷は今もゴリゴリに活きてますよ!!

それでいて、コルデーはコルデーでアトランティスでの彼女ではなくカルデア所属の「主人公のコルデー」として今は在る。
そのあたりの彼女の独自かつしたたかな思想について軽く触れられたのは……えーと、マンドリカルドの幕間だっけ? わりと最近見たやつ。

「もうひとりの自分」とカルデア所属の自分自身についての捉え方や考え方はサーヴァントによってそれぞれ違うけど、コルデーの考え方もまた独特で、彼女らしいカラッとさ&ドロッと感の中に強さがあって、スゲー良いなぁと思う。
アナスタシアにせよコルデーにせよ、「主人公のサーヴァントである今の自分」をめいっぱい頑張っているのって、過去の彼女らへの感傷で切なくも思えるけどそれも含めてやっぱり好き。イマを輝く女達、最高に眩しいぜ……。
俺の夏、この光景を見ただけで満足完結。ハッピー……エンド……。

 
 
 
 

レイシフトの同行者たち

 

 
 

……ってこの調子で一人一人語ってたら終わらねぇな!?
プロローグパートだけで日記分割とかダメ絶対。夏イベ日記は20回以内に収めないとやーやーなの。

そんなわけで三人目に現れたのは水着なぎこ! 自称バーサーカー!!
元から半分バーサーカーじみたテンションのオンナなので自称クラスはおそらく事実。
だが現時点ではガチャに居ない。PU2と思われる。クッ……早く! 早くPU2を回させてちょうだいな!!
俺がなぎこ好きだと知った上での焦らしか!!??

 
 
 
 

 
 

 
 

そして花のボイラー組からは沖田オルタ参戦ッ!!
水着沖田オルタ……可能性については常々考えてはいたものの、来年以降と読んでいた……! とかガタガタ語りだすとまた長くなるからやめよう。

まさかの水着化セイバー化で全沖田さん二度見のスピード出世を果たした水着オルタだが、今回は更に一体増えて子連れ侍スタイルという超展開。擬人化TSロリか……FGOは未来に生きてんな。
分割の影響からか、沖田オルタが通常時よりちょっと幼い感じになっているのは素直にキます。褐色肌に白ビキニの組み合わせってヤバすぎない? いつものボインではなく、ちょっと胸が縮んで幼い体つきになっているのが逆にクッッッソエロすぎてリンゴに怒られないのが不思議なレベル。

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

更に更に、今回の男性霊衣枠の皆さん。
すまねぇ……じっくり全員に触れてやりたいのは山々だが、マジでそろそろシメに入りたいので纏めさせてもらう!
次回以降にタイミングがあったらまた語ろう! 個人的には黒髭霊衣獲得がMVPニュース。苦節●年、長かったな……!

そしてコルデー抜擢の時から思っていたけど、今回の面子はやけにアトランティスを彷彿させる。
今年の夏について考える2021」で披露した「今年の水着は超人オリオンとアルテミスでは……?」という予想は大外れだったわけだが、ざっくりアトランティス関係者という意味では掠ったと言えなくもないんじゃないかな。駄目か。

 
 
 
 

 
 

 
 

優しすぎるホームズのコメントとか、ダヴィンチちゃんに感じる消える前の炎の輝きとか……そういう不安になるようなことは今は考えたくない!! 今だけは忘れる!! 忘れた!!!

時期としては例年より遅くなったけど、カリブ海域での大冒険は9月だろうと10月だろうとさほど季節外れ感もない。他ソシャゲだと冬に唐突に脱ぐこともあると聞くし!
それに、周年記念行事や超特大シナリオブリテンの余波が薄れた今ならば、心おきなく夏イベントに集中して楽しむことができる。
ダヴィンチちゃんと過ごす夏、全力で満喫していくぞーっ!


 
 
次回>>「プレイ日記02 胸わくわくの謎がギッシリ


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, , ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP