FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント カルデア・サマーアドベンチャー! プレイ日記04 遺跡を舞台に謎解きまくり

  
  

投稿日:2021年9月16日


 
 

イベントシナリオ途中段階でのイメージで言うと、今年の夏イベシナリオは「シンプルな本筋に、賑やかでワヤクチャな枝葉」といった印象がある。
本筋部分はどうしたって完走まで見届けないと判断は難しいけど、さしあたり今のところは後者の「賑やかな枝葉」を楽しみ、満喫しているような感覚だ。
去年に比べるとテンション高めで軽めなノリだが、個人的にはコレはコレで楽しい。ちなワイの中での夏イベ2トップはルルハワとサマキャン。
 
 
 

関連記事
FGOイベント サーヴァント・サマーキャンプ! プレイ日記01 静かな湖畔のコテージの影から
FGO第二部 Lostbelt No.6 プレイ日記01 妖精國と予言の歌

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

遺跡探索で四苦八苦

君にこの謎が解けるか

 

 
 

ベタな遺跡の罠めいたものを乗り越えていくカルデア一行。
仕組みといいイカニモな謎かけといい、あまりシリアスになりきらないというか……何者かに“遊ばれて”いるような感覚すらある。
致死性のヤベー罠もあるんだけど、謎かけの難易度もさほど高くはなくて、せいぜい謎解きゲームや脱出ゲームをしているような気分だ。
この罠や仕掛けを作ったのはそもそも誰なんだろう。
噂のイケメン?

 
 
 
 

 
 

 
 

謎解きギミックにはプレイヤーも参加可能。選択肢で正解を選ぶンだっ! 難易度はナメてんのかってくらい簡単な模様。
それでもあえて失敗パターンを選んでみたくなるコンプ厨ゲーマー脳……。
これがFGOでよかった。月姫リメイクだったらENDで先生直行だったぜ。投擲! 牽引!

わざとミスってみたところ、シルエット状態の追加ヒロインが手助けしてくれる。何度か続ければ呆れてもらえるかと思ったがそんな差分は無いか。
しかし、時間操作めいたトンデモ超技術を使うとは……我々を助けてくれた謎シルエットは、一体何ーマちゃんなんだ……!
昨年キアラが水着化した時点で、そろそろ来てもおかしくないとは思ってました。

 
 
 
 

集団幻覚じゃなかった

 

 
 

 
 

謎を乗り込えて新たな宝もゲットしたところで、仲間二人がシリアスに警告。
いよいよ黒幕と御対面かと腹を括って振り向くと……ゲェーッ!! 量産型コロンブス、完成していたの……!?

黒髭&カイニスが格好いい感じで気付いてくれたのに、出てきたのが量産型コロンブスだったとか、逆に申し訳なくなってくるな……。二人とも、こんなことに巻き込んでゴメン……。
ってか「量産型」って何さ? よくよく考えてみると意味不明すぎて怖すぎるだろ!?

 
 
 
 

格好の付かないラスボス系ヒロイン

 

 
 

絵面はギャグ&ホラーでもわりとガチでピンチな状況を救ってくれたのは、早くも本格登場なカーマちゃん! 数分ぶり!
しばらくはシルエット暗躍を続けるのかと思いきや、出てくるのは想像以上に早かったな。
てっきり昨年のキアラやアビーくらいは引っ張るかと思ってた。そんなにホイホイ出ちゃって、元悪役の格とか魔王の威厳とか気にしなくていいの?

 
 
 
 

 
 

 
 

更に更に超速攻でのギャグ顔堕ちッ……!?
カーマちゃんの威厳はもうボロボロ! ダメだこりゃ!!

カーマは元から面白ポンコツな要素もあるキャラクターだったけど、ベタなコメディ立ち位置での登場は今まで意外と少なかった。
だがまぁ素質は言うまでもなく……依り代があの娘な時点で、どうしたって大物悪役のポジションを維持し続けられるわけもなし……。ここまでベタな雰囲気でギャグ堕ちするとは、予想外だが想像通りでもある。

このあたり、元々の格は近いはずのキアラとの違いや差がわかりやすい。
キアラはなんだかんだでギャグにも善にも堕ちきらないところがキアラらしいし、逆にカーマはなんだかんだでギャグに堕ちやすく悪には堕ちきらない雰囲気がある。キアラはどうあってもラスボス属性、カーマは結局のところはヒロイン属性寄りなんだろうな。ちなみに俺、この二人、どっちも超好き。

 
 
 
 

 
 

 
 

……に、しても、この堕落の魔王……浮かれすぎじゃない?
水着鯖は基本的に通常霊基よりチョロいし愉快な感じになりやすいけど、それにしたってなかなか酷い。言うこと成すこと、ほぼ先が読めてるギャグの前振りにしかなってない。
こんなの……面白すぎるじゃん……。シリアス寄りの通常カーマからすると黒歴史大量生産になってないかと心配してしまう。自分同士で殺し合いとかやめなよ?

とはいえ、カーマちゃんが可愛いのは素直に嬉しい。眼福眼福、ウェッヘッヘ……。
肩の鳥(?)のせいで見え辛いけど、今回の水着カーマは三つ編みスタイルなんだな。ポニーも良いけど三つ編みも良いよね。毎度御馴染、拙者長髪女子髪型変更大好侍。

 
 
 
 

ヤックデカルチャー

どこにでも馴染むパリピギャル

 

 
 

 
 

そんな感じでカーマがヌルッと仲間入り(?)したこのタイミングで、サブシナリオっぽい『ソラからのおくりものwithボンクラ5』が解放された。
毎日の節解放に合わせて一つずつ解禁されていく感じだろうか?
今後どうなっていくのかはわからないが、初期の数日は「各水着女性鯖の水着化までの経緯&特異点での小さな事件」といった感じの内容が続いた。
今回の『ソラ略』は清少納言編。

 
 
 
 

 
 

 
 

主な登場人物はメインヒロインなぎこに加え、アキレウス・黒髭・マンドリカルドの男性霊衣トリオ。
ボンクラ“5”には一人足りないのが気になるけど、とりあえずこの四人が揃っていると楽しい。男三人の相性が良いのはテントだべりタイムの頃からわかっていたけど、そこになぎこが混ざっても違和感ゼロだ。
オタクくんに優しいギャル……というより、男子グループにも平気で混ざっちゃうタイプの陽キャ女子?

 
 
 
 

 
 

ただし、なぎこが混ざっただけで一気に黒髭の負担が増える感じでもあるのが無暗にウケる。
面子にボケが多いせいでツッコミをほぼ一任させられているのかわいそ。
くろひーって意外と常識人ポジだよね。

 
 
 
 

PU2をお楽しみに!

 

 
 

 
 

なぎこの再臨姿の一種が一足先にお披露目されて、なんだかんだで事件解決&イベント終了。
足りない最後のボンクラの正体はヒロインXXだったか……。タイトル伏線回収、熱かったな。

なかなかスットコドッコイな事件ではあったが、バーサーカー清少納言という個人に集中した小話イベントは見応えがあったしファン的にも嬉しいものだった。
他のキャラそれぞれにも用意されているのかな? それともメインシナリオの出番がやや控えめ(当社比)な面子の補完を兼ねているのか。

ともあれ、今年も本筋以外のサブイベントが豊富に用意されていそうなのが嬉しいし今から楽しみ。
「あとで行く」と言っていたノッブの件もあるし、今年もカルデアの色々なメンバーが登場するといいな。
“くだらないことも多いけど賑やかで楽しい夏”こそがFGOの夏イベってイメージ。


 
 
次回>>「プレイ日記05 食べて寝て、また冒険して


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, , ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP