FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント カルデア・サマーアドベンチャー! プレイ日記05 食べて寝て、また冒険して

  
  

投稿日:2021年9月18日


 
 

嫌いな海を連想させるうえ、女性の姿も強調される水着姿となると、カイニス的には絶許レベルにムカつく状況なのではと勝手に想像していたけど……蓋を開けてみれば、大外れ。
むしろ普段よりも(これでも)穏やかで機嫌が良くて、気配りまで丁寧で、逆にこっちが驚かされた。バレンタインといい幕間といいそこまで大きくデレてこなかったカイニスだから尚更。
だが、嬉しい! カイニスが機嫌よく楽しくカルデアで過ごせているということがようやく実感出来たような気分でもある。
扱い辛くて厄介な通常カイニスの「カイニスらしさ」はこれからも大事にしていってほしいけど、夏の休暇の間くらいは力を抜いて新所長や仲間たちと明るく楽しく過ごしてほしい。
 
 
 

関連記事
FGOイベント サーヴァント・サマーキャンプ! プレイ日記01 静かな湖畔のコテージの影から
FGO第二部 Lostbelt No.6 プレイ日記01 妖精國と予言の歌

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

和風遺跡での探検

今日のカーマ

 

 
 

翌日、新たな秘宝を求めてまたも冒険に赴くカルデア一行。今日は黒髭やマンドリカルド、カイニスたちが留守番組だ。
全員で一度に行動するのはそりゃ大変だろうけど、毎日何かしら理由をつけてグループ分けや別行動を強いられている感じはちょっと不思議でもあるな。サクラ大戦4で戦闘の度に「隊長、メンバーを分ける必要があるみたいです」と言われた時を思い出す気分。分かり辛く共感され辛そうな例え。

出発後しばらくして、シレッとカーマちゃんが混ざってきてるのには笑った。
昨夜は「たまに離れたり傍にいたりするのが作戦云々」みたいこと言ってなかったっけ? 結局ほぼ同行してない?
駄目かもしれない……。この魔王、もう取り返しがつかないかもしれない……!

 
 
 
 

 
 

 
 

カーマちゃんの残念伝説は盛り上がる一方。
わざわざ理由付けをして別再臨段階を一足早くお披露目したのに、周囲に見事に邪魔されまくる……。
この不憫で巧くいかない感じ、たまんねぇな。ロリーマちゃんの水着と浮き輪がやけにウカれたノリなのも合わさって面白すぎ。

幼女バージョン・通常(アサシン時の第二再臨サイズ?)バージョンがこの時点で披露されたと仮定すると、もう一段階大きいバージョンでの水着再臨も用意されていると期待していいのかな。
などと言っているうちにPU2も始まるし、この記事を公開した頃には全て明かされているのだろうが……。

 
 
 
 

女神はいつだって宝石が欲しい

 

 
 

 
 

遺跡の中ではイシュタル&ジェーンと遭遇した。
初日の黒髭みたく財宝の呪いで正気を失っている……わけでもなく、大体いつもの宝石欲しがりムーブ。いつものいつもの! 夏の度に見てるし、夏じゃなくても見てる気がするイシュタル様の定番芸。
主人公の指名手配について言及はしていなかったけど、お宝を巡るライバル関係という意味ではアンメアのポジションに近いのかな。その後のサブイベントでも触れられていたが、カルデア所属で特異点にやってきたサーヴァントたちの多くは宝探しや冒険に魅せられて各々でやりたい放題に過ごしているっぽい。

そういえばジェーンといえば、夏イベント事前ガチャにて水着アンメアと共に☆4PUされていたっけ。
水着鯖はもちろん、ジェーンやパッションリップのような期間限定☆4ってPUの機会が少ないから入手するのも大変だよね~と唐突な雑談。
限定☆4って狙ってる時に限って☆5の方が出てきがち。それはそれで嬉しいけど完全には喜びきれないまま石が失われていく。紅葉……美遊……ヴォッッ(※古傷が開いた効果音)

 
 
 
 

 
 

 
 

汎人類史イシュタル&サヴァユニジェーンが“イシュタル違いでも名コンビ”な息の合いっぷりを見せつけてくる一方で、イシュタル&カーマによる“無関係なはずなのに引っかかる”ライバルもどきな関係性も見所だった。
彼女たちの絡みって地味にレア? 依り代が依り代なので、前にもあったような気がしないでもないが、ハッキリとした覚えがない。
カーマ状態なので黒めの発言が多いけど、それも結局のところは強い姉さんへの憧れと甘え嫉妬が混ざり合った複雑な感情故なんでしょうねぇ……と急に語りだす姉妹評論家の俺氏。遠坂姉妹よ、いつまでもどの時空でもイチャイチャしな。

 
 
 
 

ステくんと琥珀の謎

 

 
 

 
 

カルデア所属のリアル卑弥呼を差し置いてのヒミコ様とか、多くのツッコミ所を乗り越えて……聖杯の欠片は無事にゲット!
さておき気になるのは、ステくんが奇妙な執着を見せたマジカルアンバー。ひょっとしてステくん、琥珀さん派? たぶんバレバレだと思うけど、実は俺もそうなんだ。シエル先輩も好きです。

現時点では「ステくんが気に入った琥珀の欠片」以上の情報はないが、きっと後々になんらかの意味を持つアイテムでもあるんだろう。
ステくんのことといい、ちょっと前にダヴィンチちゃんがみていた夢といい、今回の節冒頭にあった“少年少女の会話(仮)”といい、謎は減るどころか増える一方だなぁ。なんとなく予想ができないわけでもないが、推理するにはまだ材料が物足りない。

……そういえば、そもそも今回のイベントのサブタイトルが「夢追う少年と夢見る少女」だっけ。
夢見る少女がダヴィンチちゃんを指していると仮定すると、夢追う少年は……やっぱりアイツなのだろうか?

 
 
 
 

臨時保安要員と護衛対象

海嫌いが水着に着替えた原因

 

 
 

三つ目の冒険を乗り越えたところで、またもサブイベント『臨時保安要員の夏』出現。もちろん主役はカイニスだ。
和風遺跡での冒険には同行せずにキャンプで留守番していたカイニスの様子及び、カイニスが水着に着替えた経緯について語られた。

水着霊基の原因となったクソケルトゴリラ女……? くっ、一体何者なんだ!
ゴリラ呼ばわりされるケルト女性に心当たりが無さ過ぎて予想もできないッッ!!

 
 
 
 

保安要員の血の気が多すぎる

 

 
 

 
 

カイニスが水着になった理由や経緯はストレート。
水着姿の英霊や霊基に最初は批判的だったのもカイニスらしく、納得感があった。

その一方、いきなり出てきて「おまえも覚悟しておくんだな」的なことだけ言って消える巌窟王が意味不明すぎてクソ面白い。
なんだアイツ……。神出鬼没でミステリアスなのは良いけど、ミステリアスが過ぎて不審者じみてない? カイニスが「言うだけ言って消えんなバカ!」と口悪く怒っていたが、まさにそれなとしか言いようがない。カイニスは何も間違ってないよ。
カルデアの廊下を水着姿の女性陣がウロウロするのはわりと受け入れやすいんだけど、同じく水着姿の巌窟王が突然現れると、失礼ながら違和感が凄すぎてギャグにしか見えねぇなぁ……。

 
 
 
 

 
 

水着になんてなりたくもなかったのに、着替えを強要されたカイニス。
更にその直後、心を落ち着ける時間もなく、気になるアイツと即エンカウント!
しかもアイツってば「もしや、私のためなのか?」なんて自意識過剰に勘違いしちゃってる。
バ、バカッ! そんなわけないでしょッ……!

 
 
 
 

 
 

 
 

なんつって浮かれたモノローグを勝手に想像してイジって笑っていたが、その後にゴルドルフ新所長指示でのVS金時&伊吹童子戦が発生して色々な意味で驚いた。
マスタースキルは使用不可能だし、新所長指示といっても『マスターアイコンが新所長になってる』以外の効果はないフレーバー程度の要素でしかないのだが、カイニス自身の能力が高いとはいえ金時&伊吹童子相手に凌ぎきるとか普通に凄すぎる戦果じゃん。

……ひょっとして、カイニスにとってのFateはゴルドルフ新所長なんじゃないか?
ああでも第一のFateは言うまでもなくキリシュタリアだろうし、そう考えると……カイニス主人公の二番目の運命、すなわちUBWがゴルドルフルートってコト? ……何言ってんの??


 
 
次回>>「プレイ日記06 夢を追う少年との遭遇


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, , ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP