FGO感想 TYPE-MOON

FGOイベント ハロウィン・ライジング! プレイ日記06 魔法の時間の終わり

  
  

投稿日:2021年11月4日


 
 

高速周回の御供としてWコヤンスカヤも定番になり、いよいよフレ枠争いが激しくなってきた昨今。
少し前にサポート編成を複数設定できるようになったので多少は争いも緩和されたものの、今回のようにイベント礼装・ガチャ礼装の種類が多いと一覧が大混雑してしまうという新たな悩みも生まれた。絞り込んでもなお多い。
「〇〇礼装をつけたコヤンスカヤが欲しい!」って時に、アサシン枠とオール枠を見比べるのが面倒くさい……とか言っちゃうのはさすがにワガママすぎる自覚はあるけど本音でもある。サーヴァント名で固定検索とか出来るようになったら良いんだけどなぁ。
仕様改善すれどもすれども人の欲は尽きず、新たな要望は生まれていくばかり。
 
 
 

関連記事
FGO雑記 ハロエリちゃんとの思ひ出
FGO雑記 ブレエリちゃんとの思ひ出
FGO雑記 メカエリチャンとの思ひ出

 
※本記事では1.5部サーヴァントの真名を表記しています

 
 
 
 

王子様は誰?

頼れる仲間はだいたい洗脳されてる

 

 
 

 
 

態勢を立て直すべく森の小屋の仲間たちと合流しようと思っていたら、肝心の彼らはなんか軽いノリで洗脳されてた……。
綱の台詞がストレートすぎてシュール。今回の渡辺綱、天然面白成分といえるようなものが普段より強調されているなぁ。周囲に身内がいないから気が緩んでいるのかもしれない。

しかし“洗脳”とは穏やかじゃない話。
モレーが味方になった今、はぐれサーヴァントである彼らを強引に“洗脳”できる存在といえば……元主人公の例の怪物? そこまでの思考能力があるんだろうか?
もしくはモレーや怪物の影に隠れた、更なる黒幕が存在する! ……なんて可能性は、尺を考えるにもう無いのかな。
森の生き物が魔獣やクリーチャーに代わってしまったように、世界そのものが異常に狂う方向に改変されていった影響を彼らも受けたってことなのかもしれない。

 
 
 
 

最後の登場人物

 

 
 

洗脳された綱たちとの衝突は避けられないようだが、できれば救いたいとも思う。
そんな我々の心に応えたように助言をくれたのは、再び登場の『???』。前回は慌ただしい状況だったせいでマトモな会話の余地もなかったけど、今回こそは簡単には逃がさないぞ!
その正体、明かしてもらおうか!

 
 
 
 

 
 

 
 

えっ……王子様ッ!?
ウッソ、マジかよ!!??

エ、エリちゃんの王子様は俺たち主人公じゃなかったのか……?
あんな「王子様でござい」と言わんばかりの新マスター礼装すら着てきたのに、今更違ったとかダサすぎで草。でもモレーだって俺たちのことを王子様みたく言ってたよな?
どうなってんだよモレーと振り返ってみたら、こっちはこっちで素で驚いてた。
なんかもう……もう……だめだこりゃ……! やってらんねー! 帰って寝ようぜ!!

 
 
 
 

 
 

不貞腐れるのも程々にして……『本物の王子様(仮)』の登場には驚かされたし、その正体がいまだに不明なのも気にはなる。
エリちゃんの反応が意外と芳しくないあたりも、王子様の正体か裏事情にまだ何か秘密が隠されているとみた。
主人公にカボチャの体を与えて助けてくれた恩人でもあるし、今回もアドバイスをくれた以上は真の黒幕ってパターンは無いようにも思うが、どっちに転ぶかはまだ判断しかねる。

……モレーにしろ『王子様(仮)』のことにしろ、更に言えば『元主人公の怪物』のことにしろ、既に元黒幕なモレーの口からある程度の真相は明かされてはいるものの、正直に言えば個人的には未だにあまりしっくりこない。
納得できない、理解できないってわけではないけど……うん、やっぱり“しっくりこない”って印象だ。いくつかの材料や理屈がスッ飛ばされているのがトリックなのか素なのか、それとも私個人の理解不足なのかわからないけど、あまりうまく感情移入しきれていないのがちょっと申し訳ない……。

 
 
 
 

メルヘンをブチ壊せ

エリちゃん世界を救う

 

 
 

 
 

何にせよ決戦の時は今度こそ近い。
今のシンデレラエリちゃんの『歌』には間違いなく力があり、洗脳だって溶けちゃうし世界だって救えちゃう。
根拠? 理屈? ハロウィンでエリちゃんってことだよ!!!

実際に呪われた7人も森の光景も戻せてしまえたのだから誰にも文句は言えないぜ。
このまま7人のイケメンを引き連れて、チェイテシンデレラ城にカムバック・エリザベート作戦決行だ!
そこのけそこのけプリンセスが通るぞ!!

 
 
 
 

 
 

ってことで戻ってきたチェイテシンデレラ城。
ウワァーッ!? ちょっと見ない間に、なんか更に悪化してるゥーッ!?
ラブホを通り越してトリップ系ホラーハウス!! ナイトメア!!

 
 
 
 

 
 

見比べるために変質前のチェイテシンデレラ城を引っ張ってきた。
こうして並べて見てみると、変質前はラブホ呼ばわりが申し訳なくなるくらいにまだ“マトモ”寄りだ。
何もかも可哀そうなチェイテ城……。公開凌辱じゃん。

 
 
 
 

キーワードは『メルヘン』

 

 
 

 
 

変質した城内にて、改めて対峙した『元主人公の怪物』こと『暗黒の仔山羊』。立ち絵の時点では真っ黒なシルエットだったが、戦闘に突入すると白ベースのビジュアルに変化した。
カルデア制服の主人公を彷彿とさせるカラーリング&デザインはなかなか興味深い。悪趣味かつオシャレで良いね。異形化も悪魔化も一定の需要はあるし、中二の心もちょっと擽る。

エネミーとしての『暗黒の仔山羊』はデーモン系の素材を流用されているようにも見えるが、主人公と山羊をモチーフにしたデザインは初登場だろう。デザインも状況も独特すぎて今後に使いまわせるのか怪しい。
「デーモン系エネミーか~」ってことでなんとなく普通に受け入れてしまったけど、主人公が変身した(?)姿がコレなのだと思うと、サーヴァントで直接殴って良いものなのか悩むな……。

 
 
 
 

 
 

殴っていいか悩んだものの実際はこの『暗黒の仔山羊』、特殊バフ『エバー・アフター』のせいか、メッチャクチャ硬い!
状態変化詳細に記載された『〔メルヘンライク〕状態の敵からの攻撃のダメージに対する耐性を得る』あたりが原因だと思うけど、その〔メルヘンライク〕状態ってのがそもそもよくわからん。

エリちゃん判定の〔童話特性〕とは別物っぽいし……としばらく素で悩んでいたけど、後になって気付いた。
自動的に付与され続けていた回復UPバフの名前が〔メルヘンライク〕だったんじゃん! 効果は知ってたけど名前は今知った。
開幕自動付与がNGとか対処のしようがないやつですね。ハイハイ負け負け!

 
 
 
 

 
 

 
 

ここでモレーから重要な追加情報。敵は「メルヘン以外のジャンル」が弱点である可能性が高いらしい!
とはいえモレー自身が推測・妄想と言っているあたり、根拠がやや怪しい感じなのがかなり不安でもある。
しかし今はそれに乗っかるしかないだろう。ともかくメルヘンはそろそろ終了、シンデレラタイムがお開きとなると……エリちゃんには悲しいお知らせをするしかない。
次回、2021年ハロウィン感想最終回!


 
 
次回>>「プレイ日記07(完) KISS&世界滅亡


 
 
  
  

-FGO感想, TYPE-MOON
-, , ,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP