ランスシリーズ ランス・クエスト

ランス・クエスト 延長戦119 仙人斬り

  
  

投稿日:2022年2月27日


 
 

レベル上げがちょっと楽しくなってきてしまって、絶賛攻略停滞中。
ついでに寄付&アイテム掘りも久々に再開した。レア武器も寄付し~ちゃお!
 
 
 

関連記事
ランス・クエスト 延長戦001 オールスターでエピローグ
戦国ランス プレイ日記001 舞台はJAPANへと

 
※シリーズ最新作等のネタバレを含む可能性があります

 
 
 
 

導く者を減らせ

深緑の葬列

 

 
 

クエスト『絶望集団』にて、ワールド2初の“進撃の詰み手”戦が発生。
初回の相手はサルベナオットだ。

ここで見逃せば最終決戦の『バベルの塔』で再戦する羽目になる。
進撃の詰み手オールスター差分は既にワールド1で回収しておいたので、心置きなく全滅させてしまおう。

 
 
 
 

 
 

とはいっても、各クエストで発生する“進撃の詰み手”戦の難易度はそれなりに高い。時間制限が存在するのが何より厄介なので、速攻を心掛けたいところ。
ボス戦だからと単体特化で挑むと周囲の雑魚ガードに足を引っ張られがちなので、対単体と対全体を考慮して……こんな面子で挑んでみた。

 
 
 
 

 
 

結果としては余裕で勝利。
この調子なら、引き続き注意さえしておけば“進撃の詰み手”対決は余裕でクリアできそうかな? 舐めプはやめよう。

実のところ、サルベナオット戦よりもゴールに至るまでの道中のほうがそれなりに苦労した。道筋を完全に忘れていたせいで迷いまくってしまったから……。
加えて、やはり最近は雑魚が全体的に強力だ。汚染人間が頻繁に現れるのも厄介。どうしたって戦闘に時間がかかり、こちらの被害もジリジリと増えていく。

 
 
 
 

仙人過多

エロテク攻略部隊結成

 

 
 

気付けば『素早さ仙人』『エロテク仙人』『恋人仙人』のトリプル仙人がクエスト一覧に並び立っていた。そろそろ狩るか……。
ただし『素早さ仙人』に挑む気は一切ないッ! 名声値のためであってもコスパが悪すぎ。難易度高すぎ。
なんと言われようとも! 二度とやらん!!!

なので今回は『エロテク仙人』および『恋人仙人』に挑んでいこう。
まずは『エロテク仙人』から。

 
 
 
 

 
 

 
 

『エロテク仙人』に必要なのはランスに好意を持った三人の女子(リズナ含む)と、ランス自身のスキル【SE×技術】
このクエストのためだけに取得して鍛えておきました。クエスト終了後はスキル戻ししま~す!

そして連れ込む三人の女子については、リズナ以外は謙信リアをチョイス。
山となる第二の試練をリアでクリアすることを想定している。

 
 
 
 

 
 

 
 

ちなみにワールド1では、リズナ・リア・マジックの三人を連れ込んだ。「延長戦051 一国買えるレベルの逸材」の頃の記憶だ。
結果、並び方の問題だったのかはわからないが、リアではなくマジックのほうが第二の試練を担当させられていた。

今回はそのリベンジ。今度こそリアの第二試練差分文章を読むぞ!
アンド名声要員としての採用。
エロテクもあるし名声も得られるなんて、やっぱりリア様がナンバーワン!

 
 
 
 

ワールド3ではマリアに頼もうかな

 

 
 

いざ挑戦。
最初の試練は謙信でのクリアを想定していたが、こちらの目論見通り謙信が選出された。
一つ目のキスの試練はキャラクターによる違いはほぼなく、名前表示と立ち絵だけがそのキャラになっている……といった感じ。
差分としての新鮮さはさほどなく、ちと残念。

 
 
 
 

 
 

 
 

そして続く第二の試練にて、やはり予定通りリアが選出された。
ワールド1で目にしたマジックとのやりとりとは異なり、リアは即オーケーして試験に挑んでくれるのが彼女らしくて面白い。
試験に挑む際のランス&リアの、「リア」「はーい」の短いやりとりの頼もしさが半端なくて草。歴戦の勇士の風格じゃん。

 
 
 
 

 
 

リア編では珍しくリアの胸のサイズについて言及された。
へ~、リアのボリュームは小さい判定なんだな。
わかりやすく貧乳寄りではないのでイジられる機会もないし、あまり考えたことがなかったけど、確かにデカいわけではないか。

試験自体は、もちろん余裕で大勝利。
自称正妻の貫録を見せつけてくれた。
まぁそんなリアでも最終試験に勝利することまでは出来ないのだが……。

 
 
 
 

 
 

 
 

なので今回も最終兵器リズナ登板。
本人は恥ずかしさでうーうー唸っていたが、そんな様も可愛かったので結局は大勝利だ。
リズナはすごい、リズナは偉い!

 
 
 
 

片手縛りの試練

 

 
 

 
 

続けて『恋人仙人』もクリアしてしまおう。
『恋人仙人』の厄介なところは、“手を繋ぐ”試練であることから、固定ユニットであるランス&志津香が弱めの単体攻撃以外使用不可能になる点。

先ほど取得した【SE×技術】を消去するのにどうせ『スキル戻し』するのだし、ここはクエストクリア用にガチガチにスキル編成を変えてしまおう。
どうせ使えない【ランスアタック】や【白色破壊光線】は外して……代わりに【武器攻撃4】【ライト】なんかの回数を覚えさせて増やして……よし、行くか!

 
 
 
 

 
 

準備万端で挑んだつもりだったが、始まってから気付く。
志津香の【ライト】はセーフだったが、ランスの【武器攻撃3】や【武器攻撃4】は使用不可能なんじゃん……!
えっ、じゃあランスは【武器攻撃1】以外は使えないってコト?
スキル回数が限られすぎじゃん!?
マジかよ。キッツ~。


 
 
次回>>「延長戦120 逃げパしか勝たん


 
 
  
  

-ランスシリーズ, ランス・クエスト
-,

  関連トピックス

Author:SION
ゲームが好きだけど、特に巧くはない。
ネタバレ含めたゲーム感想、攻略記事を書きます。
楽しく前向き冷静にを心掛けていますが、たまにポエムを放ちます。
Amazonアソシエイト・プログラム参加者です。

連絡先
メールフォーム
monokurotosyo☆gmail.com
(☆を@に変更してください)

引越前ブログ:モノクロ図書館


TOP